片山由美子の現在。夫と兵庫での生活。ジャイアントロボ女優の経歴まとめ

特撮ドラマ『ジャイアントロボ』の西野隊員役で知られる片山由美子(かたやま ゆみこ)さん。

女優引退後は兵庫県に移り住み、バラエティ番組やラジオ番組で活動を続けていました。

片山さんの2021年現在、また兵庫県での夫との生活について確認しましょう。

併せて『ジャイアントロボ』での活動の詳細、女優としての経歴を見ていきます。

片山由美子のプロフィール

本名:片山由美子

生年月日:1949年12月18日

身長:不明

出身地:東京都

最終学歴:高校卒

片山由美子、現在は兵庫県で夫と生活。ラジオパーソナリティ活動

片山さんは映画『新幹線大爆破』(75年)を最後に東映から退社し、フリーの女優としてドラマや舞台で活動しました。

1986年に結婚すると、一般男性と結婚し、芸能界から引退します。


2021年現在は、結婚と共に移り住んだ兵庫県に暮らしているそうです。

2000年のトークショー「プレイガール伝説」で表舞台に復帰後は、トークイベントやSNSでファンとの交流を楽しんできました。

2013年に『爆報! THE フライデー』に、ドラマ『プレイガール』での共演者・桑原幸子さんと出演。

プレイガールのメンバーとは今も仲良く交流を続けつつ、時おりはメディア出演していることがわかりましたね。

2012年からは尼崎市のコミュニティ放送「エフエムあまがさき」でラジオパーソナリティを担当。

「イチロー先生と片山由美子の子どもの世界」に、2019年まで7年間出演を続けました。

夫との間にもうけた2児も成人し、立派に生活しているのでしょう。

片山さんは家庭と仕事を無理なく両立させ、楽しい生活を送ってきたようですね。

ジャイアントロボの西野美津子隊員

1967年から1年間放送された特撮ドラマ『ジャイアントロボ』。

金子光伸さん演じる主人公・大作少年がロボを操縦する姿に、夢中になった人は多いでしょう。

片山さんは同作に17歳で出演し、西野美津子隊員を演じていましたね。

同時期に撮影されていた『キャプテンウルトラ』には、彼女の先輩・城野ゆきさんが出演していました。

片山さんは城野さんの洒落たショートカットを真似して、西野隊員を演じたそうです。

撮影時に印象的だったのは、ロボの大きな手のひらに乗り、空を飛ぶシーンだったとのこと。

初めての特撮ドラマだからこそ、リアリズムの映画では体験できない刺激的な撮影を楽しんだようですね。

今なお根強い人気を誇る西野隊員。

美貌とチャーミングさを兼ね備えた特撮ヒロインとして、今後も末永く愛され続けるのでしょう。

女優としての経歴まとめ。子役から東映ニューフェイスへ

片山さんは京都府に生まれ、4歳で東京に移り住みました。

13歳のときに「東映児童演劇研修所」に5期生として入団し、子役となります。

NHKの人形劇『ひょっこりひょうたん島』の主題歌では、前川陽子さんのバックコーラスを務めた経験もあるそうです。

17歳で東映大泉撮影所での『ジャイアントロボ』に参加しました。

高校を卒業すると、1968年の東映ニューフェイスに合格し、東映に正式入社。

宮内洋さんやひろみどりさんたちと共に、12期として活動しました。


多くの人にとって片山さんは、『ジャイアントロボ』の西野隊員のイメージが強いでしょう。

しかし東映入社後は子役時代と打って変わり、芸域の幅を広げ始めます。

デビュー当初は可憐なヒロイン役を得意としたものの、やがて美貌の悪女役にも果敢に挑戦し始めました。

映画『徳川いれずみ師 責め地獄』(69年)や『女囚701号/さそり』(72年)などで活躍。

ドラマ『プレイガール』では自身の名前にちなんだ役名の「片岡由美子」として出演しました。

片岡由美子は、『ジャイアントロボ』の西野隊員とは別人のような色気が漂っており、驚いた人も多いでしょう。

引退後の2017年、『プレイガール』の共演仲間だった八並映子さんが亡くなると、ブログで哀悼の意を表しました。

2人は番組終了後も交流を続け、片山さんの結婚後も3年に1度は会うほどの仲良しだったそうです。

『プレイガール』は片山さんにとって、生涯の仲間と出会えた思い出深い作品なのでしょう。


共演者たちの楽しさが視聴者にも伝わってくるような、魅力に満ちたドラマといえますね。

片山さんは今後も『ジャイアントロボ』や『プレイガール』の思い出を味わうために、ファンたちとの交流を楽しむのでしょう。

ひし美ゆり子は中村倫也好みの美女。今は店が閉店。調布の台北飯店は元夫が営業

宮園純子の現在。結婚した夫は梶健司。水戸黄門と若い頃、改名の噂とは

コメント