山本耕一の現在。子供は山本耕史?結婚した妻・小林千登勢との共演

ワイドショー番組「アフタヌーンショー」のリポーターとしてお茶の間で知られていた山本耕一(やまもと こういち)さん。

川崎敬三さんに向けた「そうなんですよ、川崎さん」という言葉が有名でしたね。

俳優業や司会業などマルチに活躍していましたが、最近は姿を見かけません。

今回は山本さんの現在、子供が俳優の山本耕史さんという情報、結婚した妻の故・小林千登勢さんについて見ていきます。

山本耕一のプロフィール

本名:山本耕一

生年月日:1935年3月2日

出身地:東京都目黒区

最終学歴:早稲田大学第一文学部

山本耕一は現在、一人娘の家族と同居

山本さんは2021年で86歳を迎えました。

1960年に舞台『ドン・カルロス』への出演で俳優デビューしたのち、『ザ・ガードマン』をはじめとしたドラマで活躍。

俳優から司会までこなすマルチタレントでしたが、2004年以降は表舞台から姿を消してしまいます。

2003年に最愛の妻で女優の小林千登勢さんに先立たれ、あまりのショックで引きこもりがちになったのです。

引きこもり生活は10年にも及び、体重は10キロ減りました。


二度と再起できないと思われていた状況の中、久しぶりに亡き妻の姿が映ったホームビデオを見たそうです。

それまでは妻の死がつらすぎて、どうしてもビデオを見ることができませんでしたが、思い切って見てみたとのこと。

すると生前の小林さんが、笑顔で励ましてくれているように感じたといいます。

闘病中も笑顔を絶やさなかった明るい妻のことを思い出し、元気が出てきたのです。

「妻が今の自分を見たら悲しむだろう」と考え、再び前を向こうと決意したのでしょう。

2021年現在は、一人娘の家族と共にマンションで暮らしているそうです。

妻は失ったものの、残された家族の愛情に包まれて生活できているようですね。

山本耕一の子供は女優の山本麻利央

山本さんを支えてきた一人娘は、女優の山本麻利央さんです。

今はほとんど活動していないようですが、結婚して夫と共に幸せに暮らしている様子です。

2015年には、引きこもり生活から脱した父と共に、NHK番組「ひるまえほっと」に出演しました。

昔のお宝映像を紹介するコーナーで、2人が37年前に親子出演した番組の映像が流れます。

紹介されたのは、全盛期の山本さんと幼い麻利央さんが出演した、「お笑いオンステージ」の映像でした。

三波伸介さんによる司会と似顔絵作成が名物だった人気番組ですね。

山本親子は仲良し父娘として「減点ファミリー」のコーナーに登場。

幼い頃の麻利央さんは、三波さんから「パパが大好きなら結婚すれば」と言われていました。

すると「ママがいるからダメ」と返答。

麻利央さんは本当に父のことを愛しており、幼少期は「結婚したい」とさえ考えていたようですね。

そして37年後、再びNHKのスタジオにやって来た2人は、家で大切に保管していたビデオ映像を懐かしく鑑賞。

山本さんは「今になって、映像を残しておいて良かったと思いました」と語りました。

麻利央さんの結婚式でも流れたという同映像。

父と娘の強いきずなの証として、いつまでも大切に残して欲しいですね。

山本耕一と山本耕史は無関係

山本さんが、「俳優の山本耕史さんと関係がある」と考えた人は多いようですね。

名前が一文字違いですから、親子か親戚だと考えるのは当然です。

ただ2人は他人同士で、まったく関係はありません。

2人を親子と考えた人たちの間で、「耕史さんの母が小林千登勢さん」という噂も同時に流れたようです。


しかし耕史さんの母は山本加寿子さんで、息子のマネージャーも務める女性です。

山本さんと小林さん夫婦は、一切関係がないことがわかりましたね。

山本耕一の結婚した妻は小林千登勢

山本さんと小林さんが結婚したのは1965年です。

いずれもNHKのドラマに多く出演していたため、仕事を通して出会ったのでしょう。

おしどり夫婦として結婚後もバラエティ番組で共演していた2人。

2人とも俳優として演技ができるだけでなく、普段の気さくな人柄がバラエティ番組でも愛されていました。

いかにも明るく人当たりの良さそうな夫婦の雰囲気は、本当に魅力的でしたよね。

しかし小林さんは多発性骨髄腫により66歳で亡くなります。


仲睦まじかったからこそ、山本さんのショックは大きく、立ち直るのに時間がかかったのでしょう。

亡き妻の思い出を胸に、残りの人生を愛する娘と幸せに送って欲しいものですね。

小林千登勢の死因。娘・山本麻利央と夫・山本耕一の現在

土居まさるの死因はがん。息子は?ゴキブリ事件は嘘、テレビジョッキーの白いギター

川崎敬三の息子と孫。晩年と死因、アフタヌーンショー打ち切り後はホテル支配人

コメント