雨宮塔子の私服ファッションとスカート。財布はスリ対策、時計とピアス好き

フリーアナウンサーの雨宮塔子さんは、パリ在住だったこともありオシャレだと評判です。

そこで、私服ファッションや小物・アクセサリーについてチェックしていきましょう。

雨宮塔子のプロフィール

本名:雨宮塔子(あめみやとうこ)

生年月日:1970年(昭和45年)12月28日

身長:162cm

出身地:東京都杉並区

最終学歴:成城大学文芸学部英文学科卒業

所属事務所:プントリネア

雨宮塔子の私服ファッション

長年住んでいるパリが非常に似合う、オシャレな雨宮塔子さん。

美人でスタイルも良いので、憧れる人も多いでしょう。

雨宮塔子さんのパリでの日常ファッションは「パンツスタイル」が多いのだとか。


そして、シンプルなのですが素材や形・全体のバランスにも細かく気を配っているそうです。

ジーンズを履いていることが多いのですが、色々考えて着ているためか上品な服装に見えます。

店で購入するときに気をつけているのが、試着時に後ろ姿を確認すること。

前から見た姿だけでなく、全方向から見ても自分に似合うものを購入するのだそうです。

雨宮塔子さんはこのような考えをフランスで学んで覚えたといいます。

色は黒かモノトーンを選ぶことが多いようです。

日本人なので髪色は黒なので、全身「黒」にならないようにアクセントを付けることも忘れないとのこと。

また、黒のジャケットを普段よく好んで着ている雨宮塔子さん。

その際はカッチリし過ぎないよう、どこかくずした着方になるように心がけているといいます。

靴も、その日の気分やTPOに応じたものを選ぶようにしているそうです。

雨宮塔子はスカートよりパンツ姿が多い

パンツ姿が多いという雨宮塔子さんの、Instagram(インスタグラム)を覗いてみましょう。

おっしゃる通り、ジーンズなどのパンツ姿が圧倒的に多いようです。

一方でごく稀に、スカートを履いている姿もあります。

いくつになっても細い体型を維持している雨宮塔子さんは、何を着てもとてもよく似合います。

タイトなスカートを履いても、とてもカッコ良く見えてモデルのようです。

2021年9月の投稿では、おしゃれなパリのカフェの前で撮った一枚が。

パンツ姿も素敵でしたが、他のオシャレなスカートも着こなしているところを見たくなりますね。

雨宮塔子は仏在住で財布のスリ対策もバッチリ

日本は非常に治安の良い国です。

他の国と比較して、スリやひったくりに遭うケースはかなり低いと言われています。

雨宮塔子さんはフランスで生活して約20年。

やはり先進国のフランスでも、日本と比較すると治安は良くありません。

雨宮塔子さんはスリがいたら勘で分かるようになったといい、未遂で終わっているのだそうです。

しかしフランスでも親切な人はいるのです。

過去に雨宮塔子さんは、財布をうっかり落としてしまったことがあったのだとか。

財布の中には、身分証やカードなども入っていたそうです。

大抵はそんな財布を落としたら、自分の元に戻ってくることはないでしょう。

しかし幸運にも、工事現場で働いていた作業員が拾ってくれました。


そして、身分証を見て電話をかけてきてくれたのだそうです。

手元に戻った時、とても嬉しかったことでしょう。

雨宮塔子さんはそれを「パリの奇跡」と呼んでいます。

雨宮塔子の時計やピアス

雨宮塔子さんはアクセサリにもこだわりがあるとか。

ここでは、時計やピアスに限定して見ていきましょう。

雨宮塔子は時計が大好き

雑誌「Precious(プレシャス)」では、2018年に新作時計から賞を授与する「プレシャス・ウォッチ・アワード2018」を開催。

この審査員に雨宮塔子さんも選ばれました。

雨宮塔子さんは腕時計が元々大好きなのだそうです。

日本でアナウンサーとして働いていた頃も私物の腕時計を身につけていたことが結構あったとか。

高価なものを買うときに、ジュエリーよりも時計を好んでいたそうです。

ちなみに雨宮塔子さんが一番よく使っているのは、エルメスとジャガー・ルクルトがコラボしたアンティークの腕時計。

黒いストラップのものを買ったら、とても気に入って色違いで白い方も購入したとか。

2008年ごろパリの時計専門店で見かけて、その美しさに引き寄せられたのだそうです。

いかにも「エルメス」という感じのしない、さりげない雰囲気が好きだといいます。

気になる値段は約20万円と、気軽に買える値段ではありません。

長く、大切に使い続けていきたい腕時計ですね。

雨宮塔子のピアス

雨宮塔子さんは、ネックレスや指輪をあまり付けないのだそうです。

その代わり、ブレスレットやピアスが好きでたくさん持っているとのこと。


普段はシンプルでカジュアルな格好をしているので、その分ピアスを付けて大人っぽさをプラスしたいといいます。

よく身につけているのは、「フープピアス」。

小さいフープから腕が入りそうなほど大きなフープまで、持っているようです。

雨宮塔子の離婚理由とは。元夫・青木定治はパティシエ。実家の事件と父について

桑子真帆の愛車とファッション。腕時計はカジュアル、結婚指輪はカルティエ

中村江里子のファッションまとめ。ブランドはレリアン?エルメスを愛用?

コメント