石川次郎の現在、自宅がオフィス。息子はイタリアンシェフで娘は?妻とは若くして結婚

日本のメンズ雑誌の地位確立に多大な貢献を果たした石川次郎(いしかわじろう)さん。

近年の社会情勢にも影響され、2022年現在は自宅にオフィスとしているそうです。

息子は編集の道には進まずにイタリアンシェフとして活躍。

気になる娘と妻の情報についても見ていきたいと思います。

石川次郎のプロフィール
本名:石川次郎

生年月日:1941年7月5日

出身地:東京都

最終学歴:早稲田大学卒業

石川次郎は現在、自宅をオフィスにしていた

長年、メンズ向け雑誌の編集者として活躍を続ける石川次郎さん。

テレビ番組の司会に企画制作、商業施設のプロデュースなどその活動は多岐に渡ります。

1993年には雑誌プロダクション「JI inc.」を設立。

全国でも有数の高級住宅地である代官山に構えた事務所の広さは160㎡。

これだけで雑誌編集者としてどれほど成功しているかが分かりますよね。


ただ、この事務所は既に引き払ってしまっています。

そして杉並区にある自宅が事務所も兼ねるようになりました。

「事務所を引き払い自宅をオフィスに」と聞くとネガティブな印象を持つ人もいるでしょう。

確かに仕事が上手くいっていないからオフィスを引き払ったと思えますよね。

ですが石川次郎さんが自宅を事務所にしたのは経営不振が原因ではありません。

自宅を事務所にした理由の1つが年齢。

2022年で81歳と高齢のため以前から仕事を縮小する事を考えていたようです。

そして新型コロナの影響による海外取材の延期、中止に加えて急速に広まったテレワーク。

こうした社会情勢の変化もあって自宅をオフィスとする事を即断したんだとか。

懸念していたスタッフや仕事仲間もオフィスの移転には好意的。

そのおかげで何の問題もなく仕事を続ける事が出来ているようです。

自宅をオフィスにした事で通勤時間がゼロに。

自分の時間が増えた事で新たなアイデアが浮かんでくるようになったそうです。

自分のペースで仕事をできる環境を整えた石川次郎さん。

まだまだ出版業界で存在感を発揮し続ける事でしょう。

息子はイタリアンシェフとして活躍

石川次郎さんの息子の名前は石川淳太さん。

高校卒業後に本場のイタリアンを学ぶため単身でイタリアへ。

フィレンツェにある大衆料理店の皿洗いから始め、半年後には仕込みを任されるように。

そして努力と才能が認められると1年も経たずに料理を作るようになったそうです。

その後、ローマ、マントヴァでの修行を経て帰国。

1998年に28歳という若さで赤坂アークヒルズにある「トラットリア・バルダルノ」の総料理長に就任。

10年に渡って総料理長を務めた後に独立。

南青山に「トラットリア・ブーカ・ジュンタ」をオープンしオーナーシェフとなりました。

2017年の新国立競技場整備により自由が丘に移転。

2022年現在も自由が丘で「トラットリア・ブーカ・ジュンタ」を経営しています。

石川淳太さんのイタリアンを愛する著名人は数知れず。

福山雅治さんや植松晃士さん、高田延彦さんも贔屓にしているそうです。

靴職人でタレントとしても活動する花田優一さんも常連客の一人。

そのため石川淳太さんが河野恵子さんの新恋人と噂された事もありました。

もちろん石川次郎さんも同店を訪れる事があるようです。

もし、親の力を借りればもっと楽な道を歩む事も出来たでしょう。

ですが楽な道を選んでいたら今の地位を築けてはいなかったかもしれません。

厳しいと分かっていても自ら道を切り拓いた石川淳太さん。

きっとこの開拓心も父親譲りなのでしょうね。

石川次郎の娘の情報は?

息子の他、娘がいる事が分かっている石川次郎さん。

過去のインタビューでは娘のボーイフレンドも「POPEYE」を面白がってくれたと語っています。

ですが、石川次郎さんが娘自身について語る事は殆どありません。

そのため詳細は全くの不明。

名前はおろか年齢すらも分かりませんでした。

情報が出てこないという事から完全に一般人。

きっと一般企業に就職され、既に結婚もしている事でしょう。

親が有名だとチヤホヤされようと芸能界に進むケースが少なくありません。

ですが、石川次郎さんの子供達は地に足のついた人生を送っているようです。

例え親が有名人であっても子供は無関係。

きっと幼少期から子供達に口酸っぱく言い聞かせていたのでしょう。

石川次郎の妻はどんな人?

石川次郎さんが結婚したのは23歳の時。

つまり大学を卒業した年に結婚した事になります。

きっと妻とは学生の頃から交際をしていたのでしょうね。

結婚当時、勤務していたのは出版業界ではなく旅行代理店。

大学を卒業した1964年は日本人の海外渡航が自由化された年。

そのため石川次郎さんも海外への憧れが強かったんだとか。

「旅行代理店なら海外に行けるはず」と旅行代理店への就職を決めたそうです。

ですが、添乗員の仕事をやらされた時に「向いていない」と退職を決意。

退職したのは就職してからわずか2年後のこと。

そして次に就職したのが出版業界でした。

当時の旅行代理店は間違いなく花形の職業の1つだったはず。

普通ならば妻が退職を猛反対しても不思議ではありませんよね。

しかも当時は今ほど転職が一般的では無かった時代。

入った会社で務めあげる人が殆どだったはず。

それでも退職している事から恐らく妻はそれほど強く反対しなかったのでしょう。


だからこそ石川次郎さんは出版業界に入る事ができ、今の地位を築く事が出来ました。

そう考えると今の石川次郎さんがいるのは妻のおかげ。

そう言っても決して過言ではないかもしれません。

斎藤陽子の現在。今もアナウンサー?結婚するも旦那と離婚?スピリチュアルは別人!

山本晋也の現在は病気?トゥナイトで人気の過去!元貴乃花親方&相撲との関係とは

コメント