勝谷誠彦の死因は酒。マネージャーが紳助に殴られた件&スッキリ降板の理由

勝谷 誠彦(かつや まさひこ)さんは歯切れの良いコメントで視聴者から人気がありました。

残念ながら病気で命を落としてしまいましたが、その原因は飲酒だったと言われています。

今回は勝谷誠彦さんの死因やマネージャーの騒動、スッキリ降板などを見て行きましょう。

勝谷誠彦は大好きな酒で命を落とした

まずは勝谷誠彦さんの死因やアルコール依存症について見て行きましょう。

テレビやラジオでは常に明るく元気を見せていた勝谷誠彦さんですが、亡くなる3年以上前から飲酒の頻度が多くなったことで体調を崩しがちになっていたそうです。


飲酒歴については冗談っぽく「中学の頃から飲んでた!」と笑わせていましたが、少なくとも成人してからは休肝日(飲まない日)が無いほどの酒豪と言われていました。

また、飲む量はお酒を嗜(たしな)むレベルを大きく超えるものとなり、2017年に出馬して話題になった兵庫県知事選挙で落選してからは飲酒量も右肩上がりで増加。

その頃からお酒を飲むと認知症のような症状も見られるようになってしまい、2018年8月21日には腹痛を起こして集中治療室に入院するほど病状は悪化していたそうです。

都内の病院で「重症アルコール性肝炎」と「劇症肝炎」という診断を受け、肝臓について国内トップクラスといわれる慶應病院に転院して断酒と療養生活に入りました。

症状は肝臓が通常の5倍以上に腫れたり、腎臓も半分以上が機能しないなど深刻な物でしたが、幸いにもガンなどの合併症が無かったこともあって10月9日に退院をしています。

しかし、退院後も再び飲酒を始めたことで体調を崩して10月下旬に慶應病院へ再入院。

治療の甲斐もあって容体や肝臓の状態も大きく改善しましたが、外出した時に購入したお酒を病室で飲んでいたことが発覚して実家の病院に戻ることになりました。

家族や友人たちがアルコール依存症の治療も考えていたタイミングで容体が急変し、11月28日に尼崎市にある実家の病院で「急性肝不全」のため57歳という若さで死去。

生前から番組などで交流があった評論家の宮崎哲弥さんは「自死に近い死だったと思います」と述べるほどで、勝谷誠彦さんにとってお酒は癒しであり凶器だったことが伺えます。

離婚や両親との死別、選挙の落選など精神的にダメージを受けることが多かったことで酒量が増えてしまい、次第に自分自身をコントロールできなくなったのでしょう。

あまり良い表現ではありませんが、ある意味で死によって救われたと言えるのかも知れません。

勝谷誠彦のマネージャーが島田紳助に叩かれた理由

次は騒動になった勝谷誠彦さんのマネージャーと島田紳助さんの揉め事を見て行きます。

暴行事案が発生したのは2004年10月25日のことで、朝日放送「クイズ!紳助くん」の収録前に勝谷誠彦さんの女性マネージャーを楽屋に連れ込んで叩くなどの暴行をしました。

もちろん理由もなく暴行を働いた訳ではなく、紳助さんが心の底から尊敬する吉本興業の社長や先輩芸人を女性マネージャーが呼び捨てにしているのを聞いてしまったのです。

あまりにひどい口の利き方に堪忍袋の緒が切れてしまい、思わず手が出る結果となりました。

暴行の内容は紳助さんが女性マネージャーの髪をわしづかみして壁に4~5回叩きつけ、平手で頭を叩いたり怒鳴りながら顔にツバを吐き捨てるといった状況が判明しています。

女性マネージャーは10月28日付で傷害容疑で告訴し、一方の紳助さんは記者会見を開いて謝罪。

その後は傷害罪の疑いで検察によって略式起訴され、大阪簡易裁判所で「罰金30万円」の略式命令が下ったことで刑事事件としての流れは一応の決着を見ました。

紳助さんは2005年1月2日に生放送された「行列のできる法律相談所」で復帰を果たした一方、女性マネージャーは2006年6月限りで休職期間満了となって退職扱いになっています。

ただ、この件について勝谷誠彦さんはいつものような切れ味鋭いコメントを出していません。

実は騒動があった当時、勝谷誠彦さんは別のスタジオで生放送に出演しており、女性マネージャーの言動など一連のやりとりを見ていないので仕方が無いかも知れません。


もっとも、女性マネージャーはタレントや番組スタッフからの評判が悪かったらしく、相手が大物の紳助さんだったので表立って擁護できなかった可能性もあります。

色々と見方はあるでしょうが、まさに「口は禍の元」を体現するようなエピソードでした。

勝谷誠彦がスッキリを降板した理由

ここでは勝谷誠彦さんが「スッキリ!」を降板した経緯などをチェックして行きます。

勝谷誠彦さんは長らく月曜日のコメンテーターとして同番組に貢献してきましたが、2015年3月末に行われる番組改編のタイミングに合わせて降板することになりました。

もちろんメディアでの仕事が長いので降板自体に対する怒りは特に無かったのですが、番組スタッフが自分に直接言わずにマネジメント会社を挟んだことが逆鱗に触れたそうです。

激怒した勝谷誠彦さんは”すぐにでも降板してやる”と暴れたものの、マネージャーなどの懸命な説得もあって3月末までの任期を全うして番組を卒業していました。

卒業と言えば聞こえが良いですが、自ら降板を申し出てないので実質的には”クビ”と言えます。

番組側は「通常の出演者の交代」と他意が無いことをアピールしていますが、勝谷誠彦さんと同じタイミングでテリー伊藤さんも卒業しているので経費削減とも言われていました。


また、ふたりとも過激な発言でたびたび炎上した経緯もあることから、番組側も若返りや経費削減に加えて”炎上しそうなコメンテーター”を事前に外したのかも知れません。

改変を経た番組は無難なメンバーによる穏やかなテイストに衣替えをしましたが、勝谷誠彦さんにしてみれば何ともスッキリしない降板になったのは間違いないでしょう。

勝谷誠彦、内縁の妻は甲賀瑞穂。元妻の森谷明子と子供。弟や家族との関係

宮崎哲弥の評判、辛坊治郎との確執。結婚した妻は?大阪在住の噂と経歴まとめ

須田慎一郎、妻が有名人の噂と結婚。家族は秘密主義、吉本の大物芸人に殴られた過去

三宅久之の死因。田嶋陽子とは仲良し&息子が市議会議員に。安倍晋三や田原総一朗との関係

コメント