西田有志の車はアウディとカマロ。私服やブレスレットが話題、イタリア移籍後の年収は?

西田 有志(にしだ ゆうじ)さんはバレー界でも屈指の車好きとして知られているそうですが、想いの強さ以上に乗っている愛車の車種やランクが凄いことでも話題になっていました。

私服のオシャレさやブレスレットも話題になるなどコート外でも注目を集めているそうなので、今回は西田さんの車やファッション、イタリア移籍後の年収について見ていきましょう。

西田有志のプロフィール

本名:西田 有志 (にしだ ゆうじ)

身長:186cm

出身地:三重県いなべ市

生年月日:2000年1月30日

ポジション:オポジット

所属チーム(選手歴):ジェイテクトSTINGS / ビーボ・バレンティア(イタリア)

西田有志の愛車はアウディとカマロ

まずは車好きの間でも話題になっている西田有志さんの愛車について見ていきます。

西田さんにとって車はつらく厳しい競技を続けて行くためのモチベーションの一つとして挙げており、他の選手に比べてもかなり突出したお金を注ぎ込んでいると話題になっていました。


早速調べると、高校を卒業して実業団の「ジェイテクトSTINGS」に加入した年の暮れにドイツが誇る高級車メーカー「アウディ」の車を購入(車種不明)しています。

車種が分からないので金額は分かりませんが、古くない型であれば中古でも200万円以上はする代物なので当時18歳だった西田さんにとっては奮発した買い物だったに違いありません。

アウディは西田さんのYouTubeチャンネルにも登場しており、ドライブトーク動画の中でチラッと映るホーンボタンには特徴的なロゴを確認することが出来ます。

高卒1年目にアウディを買っただけでも驚きますが、早くも2年目にはアメリカの高級自動車メーカー「シボレー」の”カマロ”を2台目の車として購入していました。

カマロのグレードは明らかになっていないので金額の算出は難しいですが、新車であれば5~700万円は下らないので2台合わせれば1,000万円近くを車に費やしたことになるでしょう。

一連の行動は車好きということに加え、バレーボール選手も高級車が買えるぐらいの稼ぎがあるという「夢」を子供たちに実例として見せた節が伺えます。

野球やサッカーに比べるとバレーボールは収入が少ないというイメージを持たれがちですが、活躍次第で西田さんのように外車を”ポンッ”と買うことが出来るのは朗報と言えますね。

西田有志は私服もオシャレ

この項目では西田有志さんの私服についてリサーチしていきましょう。

バレーボール選手はユニフォームやジャージのイメージが強いですが、西田さんは私服にも気を遣っていることから”オシャレ”との声が上がっています。

自身のYouTubeで山崎育三郎さんとコラボをした際には負けず劣らずの姿で登場し、バレーボール界のオシャレ番長にふさわしい戦い(?)ぶりを見せていました。

他にも2019年にファッションブランド「アーヴェヴェ (a.v.v)」とコラボをしており、公開された動画でコート内の姿とのギャップを披露しています。

西田さんはデニムに無地のTシャツの組み合わせが特にお気に入りのスタイルで、他にも丈の長い服やロングコートが好きと明かすなどこだわりを見せていました。

あまり私服までクローズアップされることはないですが、ツイッターやインスタグラムで情報を発信できる時代になったことはお互いに良い環境と言えるでしょうね。

アドエルムとのコラボでブレスレットを発売

こちらの項目では西田有志さんとブレスレットの関係について見ていきましょう。

西田さんはファッションブランド「アドエルム (AddElm)」とスポンサー契約を結んでおり、2022年3月にはコラボ限定のブレスレットを発売しています。

ブレスレットにはサポーターズクラブのロゴを入れたり、イタリア語の”フォルツァ ラガッツィ (みんなおいでよ)”を刻むなどこだわりの品になっていました。

バレーボール選手は競技の内容から試合中に指輪は着けられませんが、ブレスレットはセーフなので可能な限りオシャレを楽しみたいという意志も感じられます。

商品自体も税込みで3,850円とお求めやすい価格になっているので、異国で戦う西田さんの応援や寄り添うという意味を込めて購入するのも良いかもしれませんね。

イタリアへ移籍した西田有志の年収は?

最後にイタリアに移籍した西田有志の年収について考察していきましょう。

2021年8月にはイタリアのセリエA「ビーボ バレンティア」への移籍を発表していますが、気になる契約金や年俸など詳細な金額は明らかにされていませんでした。

ただ、先輩の石川祐希さんの年俸が約3,000万円と言われているので、1年目という点を考慮すると西田さんの年俸は1,000万円前後である可能性が高いでしょう。

とは言ってもプロ選手の収入割合を見ると年俸よりもスポンサー契約が大きく、西田さんもインスタグラムでスポンサー企業をハッシュタグで列挙していました。

紹介されている企業は古巣の「ジェイテクト」を含めて8社に上り、中には世界的企業の「アシックス」やマットレスで有名な西川など有名企業が確認できます。

1社300万円としても8社で2,400万円、500万円なら4,000万円近くになるので、スポンサー企業からのサポートはチームから貰っている年俸の3~4倍になるでしょう。


また、個人でもサポーターズクラブの運営(月680円)やオリジナルグッズの販売もしている点を踏まえると、イタリアへ移籍した2022年現在の年収は5,000万円を超えるかもしれません。

もっとも、すべての金額は推測なので事実ではありませんが、仮に近い金額だとすれば「夢の1億円プレーヤー」になる日もそう遠くないでしょうね。

西田有志がドンキーコングに似てる&面白いと評判の性格。母、兄弟はどんな人?

西田有志の最高到達点とジャンプ力。垂直跳びの練習や筋肉がすごい!愛用バレーシューズはアシックス

清水邦広の年収は?自宅は香里園から引越し&愛車はジープ。筋肉が凄いと話題

大塚達宣、高校は洛南&中学も頭がいい学校?早稲田に進学した理由は教員免許のため

コメント