高杉真宙は引退せず。退社・独立して個人事務所を設立。マネージャーや社長との関係とは

小学生の頃にスカウトされたことがきっかけで、俳優としての活動をスタートさせた高杉真宙(たかすぎ まひろ)さん。

2013年の特撮ドラマ『仮面ライダー鎧武(がいむ)』への出演で知名度を上げ、『超・少年探偵団NEO -Beginning-』、『前田建設ファンタジー営業部』などの映画では主演を務めました。

今回は、そんな高杉さんの事務所退社騒動に迫っていきます。

前事務所のマネージャーや社長との関係も、一緒に見ていきましょう。

高杉真宙のプロフィール

愛称:まっひー、まっぴー

本名:不明

生年月日:1996年7月4日

身長:170cm

出身地:福岡県

最終学歴:高校卒(学校名は不明)

所属事務所:POSTERS

高杉真宙の退社報告は独立と個人事務所のためで引退はデマ

2022年からは『ぐるぐるナインティナイン』の新レギュラーになり、ますます活動の幅を広げている高杉さん。

ですが、一時期は活動の継続を心配する声も上がっていました。

その理由は、所属事務所である「スウィートパワー」を2021年に辞めてしまったから。


突然の発表に驚いたファンは、「このまま芸能界引退?」と不安になった人も多かったようです。

さて、弊社所属タレントの高杉真宙が契約満了を迎えた本日2021年4月11日をもちまして
退所いたしましたことをご報告申し上げます。

ネット上の憶測には、出演する予定だったドラマを降板したことも影響していると思われます。

来春放送の朝ドラ『おかえりモネ』の主要キャストとして、高杉さんの出演が決まっていました。ところが、急遽、高杉さん本人の強い意向で降板。

確かに、決まっていた役を自ら降りるというのは、よほどのことがないとしない選択でしょう。

それほどまでに大きな理由を想像した結果、引退の可能性にたどり着いてしまったのは、無理もないことかもしれません。

ですが、2022年現在、引退説は間違いだったことが判明しています。

高杉さんの退所理由は、独立して個人事務所を設立するためでした。

個人事務所で一からスタート

退所の際に公表された高杉さんの希望は「裸一貫で再スタートしたい」というもの。

これは、個人事務所でがんばることを指していたようです。

2022年現在の所属事務所である「POSTERS」は、2021年4月12日に高杉さんが立ち上げた新事務所。

ここから新たなスタートを切ることが発表され、多くのファンが注目しました。

どこかの事務所に所属していれば、いろいろと楽に活動できる部分も多いはず。

そうした環境をあえて捨て去り、自分で事務所を作るというのは、簡単なことではなかったでしょう。


ですが、高杉さんとしては、以前の事務所では難しかった仕事なども考えているのかもしれません。

今後はどんな活躍を見せてくれるのか、とても楽しみです。

仕事が減らないすごさ

高杉さんは、新事務所で活動を始めてからも次々に新たな仕事を発表しており、精力的に活動中です。

映画『異動辞令は音楽隊!』、舞台『ライフ・イン・ザ・シアター』など、注目の出演作が複数あります。

そうした状況を知り、驚いている芸能関係者も多いようです。

なんでも、力のある事務所を離れると、仕事が減ってしまうパターンが多いのだとか。

しばらくは活動休止状態になることもあるため、普通に活動を続けているのは珍しいようです。

地道に活動して知名度を上げてきた高杉さんだからこそ、いったん仕切り直してもうまく継続できるのかもしれません。

マネージャーの溺愛説はデマ?

ネット上では、高杉さんに入れ込みすぎた前事務所のマネージャーが、社長とけんかになり辞めたとの噂があります。

Aさんは退社後、高杉と離れたショックからか激ヤセし、変わり果てた姿になったという。

そのマネージャーは女性で、イケメンの高杉さんを溺愛しており、他のタレントには見向きもしなかったのだとか。

ですが、この溺愛説には証拠がありません。

正体不明の自称芸能関係者が語っているだけなので、あまり信用できないでしょう。

問題のマネージャーとは、「POSTERS」また一緒にやっていくとの噂もあるようですが、そちらも確かな情報はありません。

2022年現在のマネージャーがどんな人なのかは不明ですが、いろいろな写真を投稿してくれるため、好意的な印象を抱いているファンも多いようです。

高杉さんの仕事が途切れないのは、有能なマネージャーの支えがあるからなのかもしれません。

社長との確執はない可能性が高い

『おかえりモネ』の降板については、高杉さんが頑固に拒否したため、事務所と揉めたという話もあるようです。

高杉さんは退所を申し出る際、『アイドル的な役者と僕は違います。これからは役者の道を極めたい』と強く訴えたそうです

社長との確執なども噂になったようですが、こちらも証拠のない話であり、信憑性は低いでしょう。

真相は不明ですが、高杉さんが名前を変えていないことを理由に、トラブルを否定する人もいるのだとか。

つまり、『高杉真宙』から“改名しなければならないほどの大きな確執はなかったから”同じ芸名で活動できていることを意味しています。

高杉さんの芸名は前事務所でつけてもらったため、本当に関係が悪くなっていれば変えているはずだというのです。


芸名の話も本当かどうかわかりませんが、スウィートパワーと対立した証拠がないことは確かです。

となると、社長との関係悪化はなく、円満退社した可能性が高いのではないでしょうか。

高杉真宙の髪型。センター分けがかっこいい。金髪や茶髪の評判、パーマも似合う

コメント