桑田真澄、次男マットの母親が美人。病気の噂&整形前もイケメンだった

読売ジャイアンツのエースとして、数々の受賞歴を持つ桑田真澄(くわた ますみ)さん。

彼には二人の息子がいますが、次男のマットさんはテレビ出演するなど、芸能界で活躍しています。

彼のその彫りの深い端正な顔立ちを見ると、母親は外国人でありハーフなのかなと思う人もいるでしょう。

一時は精神的な病気なのかという噂や、整形しているのではと言われたこともあります。

そんな彼に関する、気になる点を色々調べてみましたのでお伝えいたします。

桑田真澄のプロフィール

本名:桑田 真澄

生年月日:1968年(昭和43年)4月1日

身長:174cm

出身地:大阪府八尾市

最終学歴:PL学園高等学校

所属球団:読売ジャイアンツ

桑田真澄の息子であり、次男であるマットの母親は外国人ではなかった!

マットさんの顔立ちを見ると、一見ハーフに見えてしまうかもしれませんが、彼の母親は日本人です。

彼の母親は、桑田真紀(くわた まき)さんといいます。

彼女はマットさんのマネージャーを務めており、彼のインスタグラムに画像が投稿されています。

横顔だけですが、とてもお綺麗ですね。

見て分かるとおり外国人ではありませんので、マットさんのハーフのような顔立ちは、彼自身の個性なのでしょう。

彼女は子供を育てるうえで、自分のやり方や考えを押し付けるのではなく、子供自信のやりたいことに興味をもち会話を続けてそうです。

子供の自己肯定感を育む桑田家の子育て

そういった接し方が、マットさんの自己肯定感を高め、一部の人から変に思われても自らの道を貫く姿勢に繋がっているのでしょう。

マットは美容にとても気を使っている


顔立ちといえば生まれつきのものと考えがちですが、マットさんは美容にとても気を使っており、それもあの端正な顔立ちにつながっています。

彼は週に1日「美容DAY」という日を設けて、様々な美容関連の施設に通っているそうです。

「美容のためにしていること」が話題に。意見を求められたMattは、マッサージ、針治療に通っていると話した。

さらに、自身の美容だけではなく、EMROSÉ(エムロゼ)というトータルビューティブランドもプロデュースしています。

Mattが企画から完全プロデュースしたトータルビューティブランド〈EMROSÉ(エムロゼ)〉から、高配合*²のナイアシンアミド、アルブチン、カンゾウ根エキス(いずれも整肌成分)で肌の土台*³にアプローチする「ブルーブライトセラム」を2022年5月20日(金)に発売

このような一連の活動を見ると、彼の美容に対するとても高い意識が伝わってきますね。

マットは精神的な病気ではない

一時期マットさんがSNSなどに投稿している画像を見て、精神的な病気ではないかといった噂が立ちました。

確かに、画像が大きく加工されており、少し不自然かもしれません。

おそらくこういった一連の画像を見た一部の人が、異常に美意識が高いと感じ、それは精神的な病気から来ているのではないかと噂したのでしょう。

しかし、マットさん自身は画像の加工を肯定的に捉えており、今では「マット化」という一つのジャンルを築くにいたっています。

僕はむしろ、そういった声をプラスに感じていました。

彼にとってこういった加工は、ある意味ではアートの一部であり、絵画で自画像を描くような感覚に近いものがあったのかもしれません。

自己表現の形は様々なものがあり、マットさんは一分野におけるパイオニアであるとも言えるでしょう。

マットの顔が変化している?整形前と言われてしまう昔の姿

マットさんは、そのある意味で人間離れした端正な顔立ちと、画像加工も相まって整形しているのではないかと言われることがあります。

しかし彼は、2019年5月30日に放送された「ダウンタウンDX」(読売テレビ)で整形疑惑を完全に否定しています。

この番組では、整形ではなくエステに通い、美容を追求する姿も見せていました。

努力と、メイクであの顔が創り上げられたということでしょうか。

これだけ自分自身に投資しているからこそ、劇的に変化したと言われるほどの顔になることができたのかもしれませんね。

マットは昔の姿もイケメン

では、整形疑惑が出てしまうマットさんの昔の姿とは、どのようなものなのでしょうか。

Twitterに投稿されている画像を見ると、確かにテレビで見る姿とは、かなり違うように見えるかもしれません。

父である真澄さんの面影を感じる、爽やかなスポーツマンといった感じでしょうか。

しかし、女性のすっぴん姿とメイク後の姿が違うように、この程度なら整形と騒ぎ立てるほどのものではないでしょう。

今の顔の面影も十分に残していていますし、美意識や顔の形も、年齢を経るにつれて変化していくと言われています。

一生同じ顔のままでいる人なんて、見たことがありませんよね。

人によってはむしろ、こちらの姿の方がイケメンだと感じる人もいるのではないでしょうか。

今回は桑田さんの次男である、マットさんに焦点を合わせてみましたが、いかがでしたでしょうか。


色々と騒がれることもある彼ですが、父親とは違う道ですが、しっかりとした考え方とブレない芯を持った人物であることが分かりました。

今後も親子での共演など、桑田ファミリーの活躍に期待していきましょう。

桑田真澄の長男は俳優?過去の事件はデマ、現在は野球からゴルファーへ

桑田真澄の妻はロシア人や中国人ではなく日本人。結婚前の職業はCA、現在も離婚せず

桑田真澄の自宅は新百合ヶ丘周辺の豪邸。年収やコーチ年俸、過去の借金は約30億円

桑田真澄、父親は実家で焼死。母親の励ましとゴルファーの弟。姉夫婦の借金を肩代わり

コメント