オダギリジョーの自宅は多摩川沿いの世田谷区。年収や愛車・腕時計も調査

様々な役をこなし、一味違う演技で出演が途切れることのないオダギリジョーさん。

近年では監督を務めたりと、更に磨きがかかった演技を見せてくれています。

今回はオダギリさんの自宅、年収、愛車や腕時計についてお伝えしていきます。

オダギリジョーのプロフィール

愛称:オダジョー、ジョー

本名:小田切譲(オダギリジョー)

生年月日:1976年(昭和51年)2月16日 

出身地:岡山県津山市

身長:176㎝

最終学歴:カリフォルニア州立大学フレズノ校中退

所属事務所:メタバース プロダクション

オダギリジョーの自宅は多摩川に近い世田谷区の高級マンション

オダギリさんの自宅は「多摩川にほど近い都内の高級マンション」であることがわかっています。

詳しい自宅住所はもちろん公表されていません。


セキュリティはかなりしっかりしている高級マンションマンションなのでしょうね。

なぜ自宅が分かったのかというと、オダギリさんの次男の葬儀が自宅であったからです。

次男は2015年4月に絞扼性イレウスによりわずか1歳9日で急逝しました。

多摩川にほど近い都内の高級マンションに一台のワゴン車が止まった。車を降りた初老の女性は、両手いっぱいに白い菊の花を抱え、うつむきながらマンションへ入って行く。その後も喪服姿の弔問客や葬儀業者の慌ただしい出入りが続いた。同マンションに住むオダギリジョー(39才)と香椎由宇(28才)夫妻の次男・Aちゃん(享年1)の通夜が、自宅の一室でひっそりと営まれていた。

悲しいこの報道から自宅が判明。

都内で多摩川が流れる地域、そして高級マンションがある場所はおそらく世田谷区。

オダギリさんの自宅は「多摩川沿いの世田谷区」「高級マンション」ということがわかりました。

オダギリさんと妻である香椎由宇さんとの間には2022年現在2人の子供がいます。

長男は2011年2月、3男は2016年8月に誕生。

香椎さんは生まれたばかりの長男を連れ、沖縄で暮らしていたことがあったそうです。

別居かと騒動になりましたが、沖縄に住んだのは2011年の東日本大震災の放射能漏れを気に掛けてのこと。

当時オダギリさんは日中韓の合作映画「マイウェイ12000キロの真実」の撮影中で日本にいることが少なかったといいます。

そこで香椎さんは震災の2ヶ月後には沖縄にマンションを買い、長男と住んでいたそうです。


すぐにマンションを買えるあたりはやっぱり違いますね。

おそらく香椎さんと長男は次男の出産の時には東京に戻っていたのでしょう。

次男が亡くなった2015年には世田谷区の自宅に住んでいました。

オダギリさん一家は、次男の思い出が詰まった東京世田谷区の自宅で今でも暮らしているようです。

オダギリジョーの年収は億越え?年収を推測

オダギリさんの2021年の年収は『9,400万円!』と推測されます。

主な収入源はドラマや映画、CMなどの出演料。

出演料に関しては以下の情報があります。

映画のギャラは大作という条件がそろえば、主演俳優のギャラは1000万円、2番手でも500万~700万円。連ドラの主演俳優のギャラは、「かつては1話300万円でしたが、現在は100万~200万円が相場になっています」。CMのギャラはベテラン俳優や大物芸人で6000万~7000万円。阿部寛、織田裕二など主演級の俳優で3000万~4000万円。

しかしこれは、所属事務所に入る出演料で、所属事務所と当人に入る比率はわかりませんでした。

仮に5割として、オダギリさん側に入る金額として見ていきます。

映画出演の年収

オダギリさんの2021年の出演映画は「花束みたいな恋をした」「茜色に焼かれる」「名も無い日」「アジアの天使」の4作品。

1本を300万円とすると、4本で『1,200万円』になります。

ドラマ出演の年収

オダギリさんの2021年のドラマ出演または撮影されたのは少なくとも下記の22回。

「豆田とわ子と三人の元夫」4回

「オリバーな犬、(Gosh!!)このヤロウ」3回

「カムカムエヴリバディ」15回(朝ドラは1週分(5話)で1回とする)

1回100万円とすると、22回で『2,200万円』と推測されます。

CM出演の年収

オダギリさん2021年のCM出演はリクルート、青山商事、新日本製薬、ウィンチケットの4社。

1社を1,500万円とすると4社で『6,000万円』

そしてすべての出演料を合わせると、年収は『9,400万円』となります。

オダギリさんは他にもたまに番組出演をしたり、監督の仕事もしていますので、年収が1億円超えることも十分あり得ることです。

ひっきりなしにオファーが届き、人気と実力を兼ね備えているからでしょうね。

オダギリジョーの愛車や腕時計を調査

ファンの方にとって同じものを身に着けたいと思うのは当然のことです。

しかしオダギリさんがプライベートで使用している愛車や腕時計を特定することは出来ませんでした。

そこで映画やドラマなどで使用され、話題になった愛車や腕時計を紹介していきます。

オダギリジョーの愛車

オダギリさんが映画「揺れる」で乗っていた愛車は『フォード ファルコン』

1964年式のステーションワゴンです。

レトロでかっこよく、オダギリさんにピッタリはまりますね。

ちなみに、63年式で440万円で売られているのを見つけましたよ。

「メゾン・ド・ヒミコ」で乗っていた愛車は『アウトビアンキ・Å112』

イタリアの車で、コンパクト。

可愛らしく、個性的な車でこれもオダギリさんに似合っていますね。

オダギリジョーの腕時計

オダギリさんがドラマ「時効警察」で愛用していた腕時計は『カシオ データバンク 』

レトロなデザインですが、オダギリさんが着用したことでかなり売れたそうです。

ドラマ「アリスの棘」て着用していた腕時計は『オメガ シーマスターアクアテラ』

スタイリッシュで都会的なデザインです。

オダギリさんは普段は腕時計はあまりつけないようですが、まるで自分の物のように似合います。

個性的なものからシンプルなデザインのものまで何でも似合ってしまいますね。


関連記事
オダギリジョー、若い頃からかっこいい!老けない理由&魅力的な筋肉について

オダギリジョーはハーフ&クォーターでもない。父親や母親は一般人、兄弟や家族について

オダギリジョーに重病の噂。過去に心臓の病気で入院。2022年現在の体調について

オダギリジョーの性格はいい?悪い?変人だけど紳士の評判

オダギリジョーの実家・岡山と生い立ち。英語力の向上、学歴はアメリカの大学中退

コメント