久保純子の娘について。長女と次女の学校はNY。モンテッソーリ教育法とは

NHKのアナウンサーながら「クボジュン」の愛称で、アイドル的存在で人気抜群だった久保純子(くぼじゅんこ)さん。

子育ても落ち着いた50歳の時からアメリカで幼稚園の先生をしています。

今回は、久保さんの娘の詳細や学校について、学んだ教育法についてもお伝えしていきます。

久保純子のプロフィール

愛称:クボジュン、ジュンジュン

本名:清重純子(きよしげじゅんこ)

生年月日:1972年(昭和47年)1月24日 

出身地:東京都

身長:158㎝

最終学歴:慶應義塾大学文学部英米文学科卒業

所属事務所:K7(ケーセブン)

久保純子の娘の詳細。年齢や名前、顔画像

久保さんは2000年1月に結婚して、2人の娘を出産しています。

夫は清重和弘さんといい、電通の社員。

2016年秋から夫の転勤により家族4人で渡米して、2022年現在もアメリカ・ニューヨーク在住です。

長女と次女の年齢や名前、顔画像などを見ていきます。

長女は20歳

久保さんは、2002年1月7日に長女の七菜(なな)さんを出産。

NHKのアナウンサーとして活躍していた頃のことです。


夜泣きが酷くなかなか寝てくれなかったものの、今では寝ることが大好きなんだとか。

その長女も2022年に20歳を迎え、久保さんは誕生日に一緒にランチを食べたそうです。

そしてインスタに長女の小さい頃と成長した画像を入れて投稿しています。

可愛らしくて、靴が脱げちゃったのでしょうね。

長女の身長は158㎝の久保さんより少し低いように思われます。

2022年7月には夏休みを利用して娘2人と一緒に一時帰国。

日本で成人式の写真を撮っています。

20歳となり一区切り、久保さんはとても感慨深いことでしょうね。

次女は14歳

次女は2008年7月24日に誕生。

名前は公表されていませんでした。

久保さんは2004年3月31日にNHKを円満退社、フリーアナウンサーとしてバリバリ活動していた頃のことです。


ギリギリまで仕事を続け、出産予定日より20日ほど早く出産したといいます。

しかも30分で産まれたスピード安産だったそうです。

次女の誕生から1ヶ月後の8月23日には、TBS系「ブロードキャスター」で復帰を果たしています。

それから14年が経ち、久保さんは次女が中学を卒業したとインスタに投稿。

口元がそっくり、と話題になっています。

日本では両親と娘2人、親子三世代で食事をしたことも投稿しています。

バックを持ってあげたり支えてあげたり、思いやりを持ったやさしい娘さんたちですね。

久保純子の長女と次女の学校はNY

2022年で長女は20歳、次女は14歳になりました。

NYの学校は小学校が5年、中学が3年、高校が4年という制度のようです。

長女は大学生

長女は大学生ですが、学校名は公表されておらずわかりませんでした。


NYに来た当初は高校入学直前で、今は大学生。

自宅を離れ、2020年秋からは大学の学生寮で生活しているようです。

アメリカで大学進学の際は、課外活動の充実など、これまでの学生生活を問われるのだそう。

長女は高校生の時に、サマーキャンプでファッションのプログラムに参加。

デザインから製造まですべてを手掛けて、実際に洋服を作っています。

久保さんは長女の描いた絵を投稿。

ファッションが好きで絵を描いたりもするようですから、美術系の大学に進んでいるのかもしれませんね。

次女は高校生に

次女の方も学校名はやはり公表されていませんでした。

小学3年生でNYに来た次女も中学を卒業して、2022年9月からは高校生になります。

今では英語ばかりを使っているため、日本語を忘れがちになるそうです。

日本人学校ではなく、現地の中学を卒業したのでしょう。


NYでは子供がどこに行くにも親や守護者の帯同が必要なんだそうです。

久保さんは次女の学校やお稽古事などにもすべて付き添ったといいます。

そのこともあって、学校や教育現場をじっくり見れたんだそうです。

日本とは違い治安の問題もあるのでしょう。

小学校では早めに着いた時は、親子で図書館で本を見てたりもするのだそうです。

次女は学校に早く行き、授業前の読書時間が好きだったといいます。

そのため今でも本が大好きで、本屋さんが心のオアシスというほどなんだとか。

久保さんに似て賢く、英語はもちろん流暢で、幅広い知識を持った娘さん達なのでしょうね。

久保純子はモンテッソーリ教育の幼稚園の先生

50歳になったことを機にして、幼稚園の先生になった久保さん。

これは長い間温めてきた、夢への第一歩なんだそうです。

いずれは日本で、モンテッソーリ教育法を取り入れた幼稚園を作りたいといいます。

モンテッソーリ教育をわかりやすく説明すると以下のようです。

大人がやってあげる、教えてあげる、指示する、といったことは行わず、子ども自身が考えたり実践することを尊重する考え方です。嫌なことを無理やりやらせるよりも、好きなことを見つけたり、その力を伸ばすことを重要視するのが特徴です。

史上最年少でプロ棋士になった藤井総太さんも受けていた教育法でもあります。

久保さんは学生時代に英語の教員免許も取得していて、元々子供の教育に関心が強かったそうです。

そしてモンテッソーリ教育を知り、昔からの思いと、これから進む道が合致したといいます。

2011年にも夫の転勤に伴い、家族でカリフォルニアに1年半滞在していました。


その時に久保さんはアメリカの専門学校に通い、その後日本で教育実習をしています。

2年かけてモンテッソーリ教師の国際資格をとったそうです。

そして娘たちも手を離れつつある50歳で幼稚園の先生に。

自転車で30分かけて幼稚園に通っているそうです。

久保さんの夢は日本でモンテッソーリ教育の幼稚園を作ること。

その夢が叶うのはもうすぐかもしれませんね。

関連記事
久保純子の夫・清重和弘は電通部長。仕事でNY勤務。2人の出会いについて

久保純子、父と母はアナウンサー&実家は英語教室。若い頃や早稲田との関係について

久保純子、現在の住まいはニューヨーク。保育士を始めた理由&フランスとの関りとは

コメント