武田鉄矢の衝撃的な現在とは。やせた原因は糖尿病や心臓病か。うつ病だった過去について

ドラマシリーズ「3年B組金八先生」(TBS)や「101回目のプロポーズ」(フジテレビ)という代表作を持ち、俳優として成功を収めてきた武田鉄矢(たけだ てつや)さん。

独特の語り口もあってか、ものまねをされることも多い人物ですよね。

そんな彼は、長年あまり容姿が変わらない印象がありましたが、2022年現在はかなりやせたのではないかと言われています。

かつては糖尿病や心臓病を患っていたという話もあり、病気なのではないかと心配になってしまいますね。

うつ病だったこともあるようなので、彼の現在と健康面について調査してみました。

武田鉄矢のプロフィール

本名:武田 鉄矢(たけだ てつや)

生年月日:1949年(昭和24年)4月11日

身長:165cm

出身地:福岡県福岡市博多区

最終学歴:福岡教育大学(名誉学士)

所属事務所:ネクストワン

武田鉄矢は2022年現在仕事が上り調子に!?

武田さんといえば俳優として数々の代表作を持っており、テレビの世界ではドラマだけではなくコメンテーターやパネラーとしても活躍していました。

しかし、年齢もあってか、近年では俳優やタレントとしての活動をセーブしている印象がありました。

そんな彼ですが、2022年になってからはテレビ出演やドラマ・映画などの撮影が増えている印象があります。


最近では、2022年8月11日に公開された映画「TANG タング」への出演が有名ですが、それにともなって番宣のためか多くのバラエティ番組に出演しています。

8日深夜放送『このランキング異議アリ!』(TBS系)に昨今はコメンテーターとしても活躍する俳優・武田鉄矢が登場。

しばらくこういったバラエティ番組などで彼の元気な姿を見ていなかっただけに、少し安心した方もいるのではないでしょうか。

芸人と絡む姿を見ていると、まだまだ頭の回転も早くコメントも鋭いので、これからまた彼の需要が高まるっていくかもしれません。

映画「TANG タング」自体はあまり興行収入が振るっていないのは気になりますが、武田さんの演技について高評価をしている方も多い印象があります。

この映画はどちらかというと子供が居る家族向けの内容で、そういった意味では同時期に公開された映画「ONE PIECE FILM RED」の割りを食った形でしょうか。

2022年8月時点では、まだ多くの映画館で公開予定ですので、気になった方は観にいってみましょう。

他にも少し変わり種の作品として『WOWOWオリジナルドラマ 異世界居酒屋「のぶ」Season2~魔女と大司教編~』に出演した姿も印象的でした。

食の吟遊詩人として大きな影響力をもつクローヴィンケル役は、武田鉄矢が演じる。

ファンタジー風のキャラクターを演じる彼の姿は、とても新鮮なものがありました。

こちらの作品について、2022年8月現在では「WOWOWオンデマンド」で見ることができるようです。

この歳になって新境地を開拓している感がありますね。

武田鉄矢がやせた!糖尿病や心臓病の影響!?

武田さんは元々そこまで太っている印象はありませんでしたが、最近はやせたと噂になっています。


健康的にやせたのなら問題ありませんが、彼ぐらいの年齢だと急にやせ始めたら心配になってしまいますよね。

そこで、どういう理由でやせたのか調査してみました。

やせた原因①糖尿病!?

武田さんは長年に渡り「武田鉄矢・今朝の三枚おろし」(文化放送)というラジオ番組のパーソナリティを務めています。

彼は2006年に放送されたその番組の中で、自身が糖尿病を患った経験を語っていたそうです。


それによると、おしっこをした時に泡風呂のように泡が消えない、擦り傷が治りにくいなど具体的な症状が出るまで進行していたようです。

武田さんの場合は、症状を自覚してから検査を受け、月一回の血液検査を続けて4ヵ月後に正常値に戻ったそうです。

その時期に出演していたドラマでは、糖尿病であったことが演技に反映されていたようですね。

幸いにも血糖値のコントロールはできたようですし、以降重症化したという話もありませんので、糖尿病が進行して激ヤセしたという可能性は低いのではないでしょうか。

やせた原因②心臓病の手術!?

武田さんは生まれつき心臓の弁に異常があったようです。

病名は「大動脈弁狭窄きょうさく症」。

幼い頃から息切れすることが多かったりと自覚症状はあったようですが、長年それを知らずに生きてきて、中年になり人間ドックを受診した際に発覚したようです。

しかし、その頃は人気ドラマ「3年B組金八先生」(TBS)に出演中であり、手術することはできなかったそうです。

61歳になった時に、ようやく手術に踏み切ることになり、心臓に人工弁を入れました。

しかし、プライベートでは61歳の時に心臓の手術を受けて人工弁を入れた。

心臓の手術は一般的には術前は食生活をコントロールし、術後は通常の食事を摂れるようになるまでに時間がかかり、食生活も気を使うよう指導されます。

なので、この手術をきっかけに体重が落ち、その後も体重を増加させないような健康的な生活をするようになった可能性は十分考えられますね。

武田鉄矢は長年に渡ってうつ病だった!

武田さんは40代の頃から20年ほどうつ病に苦しんだそうです。

俳優で歌手の武田鉄矢(65)が7日、フジテレビ系「ノンストップ!」の取材に対して、40代から20年にも及んだうつ病の苦しさを明かした。

何をしていても力が湧いてこない状態になり、全体的に考え方がネガティブになっていたそうです。

家族や所属していたフォークグループ海援隊(かいえんたい)のメンバーにも相談をしていなかったようで、ずっと一人で抱えていたんですね。


それに加えて、心臓の手術など老いへの恐怖が重なってしまい、どん底に追い込まれてしまったそうです。

そんな時に彼は合気道と出会い、なんとか現状を変えようと道場に通うようになったそうです。

そこで鬱ウツとした気持ちも吹き飛ばしたいし、「よし、道場へ行ってみるか」という気になりましてね。

そこで主に精神的な面で様々なことを学び取り、うつを克服したといいます。

武田さんはうつ病に対して深く考察をしているようで、自身のラジオでその知識を披露してくれています。

必ずしもうつ病になる方全員に彼の理論が当てはまるわけではないでしょうが、彼のうつ病に対するアプローチは参考になるのではないでしょうか。

名作と言われるドラマの数々に出演してきた武田さん。

表には見せていませんでしたが、実は様々な苦労をされてきたようです。


しかし、それらを乗り越え、2022年現在はとても元気で前向きに生きている様子がうかがえます。

彼の経験は、中年以降の人なら誰しもが起こり得ることです。

まだ自分は健康だと思っている方も、健康に悩んでいる方も、彼に学ぶことは多いのではないでしょうか。

関連記事
武田鉄矢、若い頃はロン毛だった。カツラが人気!筋肉が凄い&合気道の流派は天道流

武田鉄矢は教員免許を持っていない。学歴は高校卒業、福岡教育大学で名誉学士取得について

武田鉄矢の母親は実家のタバコ商店を経営&テレビにも出演!兄弟や家族について

武田鉄矢の性格はいい?悪いと評判&一般人が嫌い?サイン拒否の理由と名言

コメント