平泉成、妻との馴れ初めはひと目ぼれ。息子と娘は芸能関係者&自宅は神奈川の栗平

1965年から俳優業をスタートさせ、2022年現在も変わらず活動を続けている平泉成(ひらいずみ せい)さん。

長い活動歴の中では、家族についてもたびたび話題になっています。

今回は、平泉さんの奥さんについて調べてみました。

芸能界で働いていた息子や娘、自宅の情報なども、一緒に見ていきましょう。

平泉成のプロフィール

愛称:平泉さん

本名:平泉征七郎(ひらいずみ せいしちろう)

生年月日:1944年6月2日

身長:174cm

出身地:愛知県額田郡宮崎村(現:岡崎市)

最終学歴:愛知県立岡崎商業高等学校

所属事務所:グリーンランド

平泉成の妻との馴れ初めはひと目ぼれ

平泉さんの奥さんは一般人であり、詳細なプロフィールなどは明かされていません。

ですが、名前は「里香」であることが判明しています。

これは、ときどきテレビ番組に出演しているからでしょう。

番組を見て、顔を覚えている人も多いかもしれません。

とはいえ、里香さんは女優やタレントとして活動しているわけではないようです。

テレビについては、あくまでも「平泉成の妻」としての出演だったものと思われます。


成さんと里香さんは、そうした共演で仲の良い様子を見せており、ほっこりするファンも多いのだとか。

調べてみたところ、結婚はひと目ぼれがきっかけだったことがわかりました。

偶然の出会いから交際開始

2人の出会いは、成さんが33~34歳の頃なのだとか。

成さんは1944年生まれなので、1977~1978年の出来事と思われます。

友だちがやっているレストランに女子大生がバイトに来ていた。電気が走っちゃって“ビビッ”と。

当時の里香さんは、まだ20歳の大学であり、成さんとは13~14歳も差がありました。

ですが、すっかり夢中になった成さんは、かなり早い段階で結婚を考えていたそうです。

それまでの成さんには結婚願望がなく、仕事優先で生活していたようなので、かなり大きな心境の変化でしょう。

それだけ、当時の里香さんが魅力的だったということかもしれません。

ただ、里香さんの方は少し警戒していました。

テレビで悪役を演じているところをよく見ていたためか、「犯人役の怖いおじさん」という印象を抱いていたそうです。

成さんは、少し怖がっている里香さんの誤解を解くため、会うときは白い服を選ぶようにしました。


爽やかな見た目にし、笑顔でにこやかに話せば、怖いイメージを払拭できると考えたのでしょう。

そうした努力もあってか、里香さんの警戒心は少しずつなくなり、距離を縮めていったそうです。

浮気なしの愛妻家

ひと目ぼれで交際を始め、ついに結婚することができた成さんは、里香さんをとても大切にしています。

普段からよく一緒に行動しており、里香さんの買いものにも、頻繁についていくのだとか。

誕生日などの記念日には、想いを込めた手紙を渡すことにしているそうです。

ときどき衝突することがあっても、自分から先に謝っているという成さん。

それほど大事にするのは、感謝の気持ちが強いからでしょう。

今があるのは100%かみさんのおかげ。僕の宝物です。

奥さんの支えがあったからこそ、長く俳優として活躍できたのかもしれません。

そんな愛妻家の成さんは、常に里香さん一筋。

結婚してから、一度も浮気をしたことはないそうです。

これからも、ずっと奥さんに愛情を注ぎ続けることでしょう。

息子と娘が芸能界で活躍

平泉成さんの息子は、かつて俳優として活動していた平泉陽太さんです。

デビュー作である2003年のドラマ『WATER BOYS』には、演技の絡みこそなかったものの、成さんも出演していました。

一緒に仕事をした経験は、よい思い出になっているのではないでしょうか。

その後の陽太さんは、2006年まで活動を続け、芸能界を引退しました。

2022年現在は、ソニーの社員として働いています。

芸能界で働いていたのは、娘の季里子さんも同じです。

ただし、女優としてではなく、裏方として関わっていました。


テレビ朝日の社員として働いているようなので、成さんの出演作に関係した仕事も、なにかやっているのかもしれません。

少しだけテレビに出たこともあり、美人と話題になりました。

季里子さんがテレビに関わる仕事を選んだのは、成さんの影響もありそうです。

バラがあふれる自宅は栗平?

平泉成さんの自宅については、あまり詳しい情報が出ていませんが、ネット上では神奈川県川崎市麻生区の栗平という説があります。
目撃情報が複数あるようなので、可能性は高いかもしれません。

ちなみに、自宅ではたくさんのバラを育てています。

庭の隙間にびっしりとバラを植えており、かなりの量があるようです。

それだけあると手入れも大変そうですが、水をやったり肥料をやったりしている時間は、とても癒されるのだとか。

最初に育てはじめたバラは一重のデンティペス。そこから徐々に増えていって、今では30種類50本ほど育てています。

これからも、奥さんと一緒にバラを楽しんでほしいものです。


関連記事
平泉成の若い頃は筋肉ムキムキ。現在は病気も無く現役!人気のものまねセリフとは

平泉成の妻と娘&息子まとめ!ものまねコツはセリフがポイント!若い頃は?

コメント