中丸新将の妻は元宝塚?子供は中丸シオン。似てる芸能人は矢島健一&若い頃の活躍

インテリ風の悪役でお馴染みの、実力派俳優の中丸新将(なかまるしんしょう)さん。

妻は元宝塚で子供は美人女優の中丸シオンさんです。

矢島健一さんと似ていると噂されますが、本当に似ているのでしょうか。

若い頃はどんな俳優だったかについてお伝えしていきます。

中丸新将のプロフィール

本名:中丸信(なかまるしん)

生年月日:1949年4月25日

出身地:神奈川県横浜市

身長:172cm

最終学歴:桐朋学園大学短期大学部卒業

所属事務所:サムディ

中丸新将、妻が元宝塚の噂

テレビドラマや映画、声優など数多くの作品でバイプレーヤーとして活躍している中丸新将さん。

インテリ風の大物悪役と言えば中丸さんのハマり役ですよね。


中学時代に子役としてデビューし、劇団四季にも所属していた経歴を持っており、芸歴の長い俳優さんです。

中丸さんはバラエティー番組やトーク番組にはほとんど出演しておらず私生活はベールに包まれています。

プライベートについて調べてみたところ、あまり詳しいことは明かされていませんが、結婚をしていてお子さんがいることは判明しています。

結婚の馴れ初めについては確認できません。

お子さんである中丸シオンさんは生年月日が1983年7月22日ですので、結婚されたのは40年以上前ではないかと考えられます。

妻は元宝塚の男役だったという噂がありますが現在(2023)は一般人。

宝塚に所属していたという具体的な情報がありませんので、あくまで噂レベルです。

中丸新将の子供は中丸シオン

プライベートはあまり公表していない中丸さんですが、子供は芸能人であることがわかっています。

子供が何人いらっしゃるかは不明ですが、前述のとおり、女優の中丸シオンさんとは親子です。

娘のシオンさんは幼少期からCMやドラマ、映画、舞台などに出演する子役でした。

2000年公開の映画「紅の拳銃よ永遠に」や2004年に放送されたドラマ「怪談新耳袋」の第50話では主演も務めるほどの実力派。

2004年には子供に大人気特撮ドラマ「ウルトラマンネクサス」で主人公の恋人役で出演して話題にもなっています。

2016年役者仲間の幸田尚子さんとお笑いコンビ「幸丸事件」を結成し「M-1グランプリ」や「キングオブコント」にも出場。


ヌード写真集「蓮花流水」を発売したり、映画で激しい濡れ場を演じて注目を集め、海外進出も果たしていました。

まさにこれからという2022年7月11日に病気のためにこの世を後にしました。

亡くなられたことが報じられた頃は、中丸さんは最愛の娘を失い憔悴していたといいます。

シオンさんは亡くなる5年前から闘病生活を送っていたといいますが、その間病気であることは家族以外には知られないようにしていました。

どれほど心配だったことでしょうか。

後のインタビューで中丸さんはシオンさんにつていの想いを話しています。

シオンが高校生の頃にスポーツ紙の取材があって、そこで僕が娘に贈る言葉として「俳優はスッポンポンにならなくてはいけない」と言ったんです。後のシオンはいつもそういう覚悟でやっていたと思うし、僕なんかよりずっとスケールの大きい役者になる可能性もじゅうぶんあった。だから残念ですね。

中丸さんは娘のシオンさんの女優としての実力を高く評価し期待もしていたようですね。

中丸新将と矢島健一は似てる

中丸新将を検索すると「矢島健一」(やじまけんいち)の検索ワードを目にします。

いったいどういう繋がりなのでしょうか。

これは、中丸新将さんと矢島健一さんの顔が似ているということのようです。

そう言われてみれば、確かに似ているような気がしますよね。

では、実際にお二人を比べて似ているかを検証してみましょう。


まず、中丸さんの写真です。

矢島健一さんの写真です。

矢島さんの生年月日は1956年3月1日ですので、2023年現在67歳。

中丸さんは2023年現在は74歳ですので、年齢は7歳中丸さんが年上です。

特別似ているパーツは見当たらないのですが、雰囲気は似ているような気がします。

お二人の共通点としては、演じられる役がインテリ風の悪役がはまり役というところではないでしょうか。

お二人ともドラマや映画などでは欠かすことのできない名脇役の悪者。

中丸さんや矢島さんがドラマや映画で登場すると今回はどんなことを仕掛けてくるのか、何を企んでいるのかとハラハラしますよね。

インテリ風の悪役の雰囲気がそっくりなお二人でした。

中丸新将の若い頃はロマンポルノに出演していた

中丸さんは横浜市の鶴見区で育っています。


お父様が東京ガスの下請けの運送会社を経営しており、中丸さんも中学生のころは手伝いをしていたといいます。

幼い頃から大好きな映画の影響を受けてお芝居に興味があったそうです。

中丸さんのお祖父様は地元ではよく知られた人で、そのおかげで映画館には顔パスで出入りができ、当時の鶴見には映画館が8軒もあり東映、大映、洋画など片っ端から観ていました。

お祖父様の力で孫まで顔パスできるのですから、かなりの大物のお祖父様だったのでしょうね。

中学高校は成城学園へ進学し、バスケ部に所属をしていましたが、演劇部の舞台にも出演してほしいと言われて一本だけ出演したそうです。

中学時代には年齢をごまかしてドラマのオーディションを受けて合格し、谷啓さんと梓みちよさんが主役の『天下の若者』に一年間出演しています。

桐朋学園大学短期大学部へ進学してからは演劇を学び、卒業後にはパリのジャック・ルコック国際演劇学校に留学。

帰国後には劇団四季に入団しています。

中丸さん自身は劇団四季に入りたいとは思っていなかったのですが、1973年に開催された『イエス・キリスト=スーパースター』のオーディションを桐朋学園の同期生5人に受けたところ、中丸さんだけが合格してしまったそうです。

当時の劇団四季には市村正親(いちむらまさちか)さんや浅利慶太(あさりけいた)さんが在籍していました。

劇団四季を退団した後は、日活ロマンポルノへ出演。

1976年当時27歳で小沼組『修道女ルナの告白』がロマンポルノの初出演作になりました。

中丸さんは人気があり、当時は男性がポスターに大きく載るという前例はなかったのに、中丸さんの扱いは大きかったといいます。


ロマンポルノには30本ほど出演。

その当時の芸名は本名の「中丸信」(なかまるしん)さんでした。

中丸さんは34歳のときに芸名を現在の「中丸新将」に変更しています。

理由はロマンポルノを卒業したからではないようです。

1980年に出演した舞台『リチャード三世』に一緒に出演していた美輪明宏(みわあきひろ)さんにある忠告を受けました。

その忠告というのは、このまま「中丸信」を名乗っていると30代後半で内臓の大きな病気をするという予言。

何と恐ろしい予言でしょう。

美輪さんにそんなことを言われ気にはなっていましたが、改名せずにいると今度はミュージカルに出演したときに歌唱指導の女性に同じことを言われたそうです。

当時は結婚して子供が生まれたばかりだったので、改名を決意。

「中丸新将」さんへとなりました。

1983年からは出演した映画『南極物語』が大ヒット。

そこからは途切れることなく映画やドラマ、映画そして声優などに引っ張りだこで活動されています。

若い頃の改名が、今の繁栄に繋がっているのでしょうね。


関連記事
中丸シオン、結婚歴なく子供もいない。父親は俳優、母親は元宝塚&兄弟はいない?

中丸シオンの死因は病気。癌が病名の噂。闘病生活5年&病院は公表せず

矢島健一の若い頃の活躍!かっこいいと評判&家族に愛犬。娘はいない&妻との結婚

佐戸井けん太に息子や娘の噂。結婚した妻は料理上手?プロフィールまとめ&大学卒の学歴

平泉成の妻と娘&息子まとめ!ものまねコツはセリフがポイント!若い頃は?

平泉成、妻との馴れ初めはひと目ぼれ。息子と娘は芸能関係者&自宅は神奈川の栗平

平泉成の若い頃は筋肉ムキムキ。現在(2023)は病気も無く現役!人気のものまねセリフとは