佐戸井けん太の息子&結婚した妻について。プロフィール&大学ほか学歴まとめ

人気ドラマからバラエティの再現VTRに映画まで、いつ休んでいるのか不思議なほどよく見かける佐戸井けん太(さといけんた)さん。

「誰?」と思う方がいるかもしれませんが、『踊る大捜査線』の魚住係長といえば多分ピンとくるでしょう。

名バイプレイヤーとしてお茶の間にはおなじみの顔ですが、私生活やプロフィールは謎ですね。

佐戸井けん太さんは一体どんな人物なのでしょうか。

息子や結婚した妻、大学を含む学歴について調べていきたいと思います。

佐戸井けん太のプロフィール

生年月日:1957年5月14日

出生地:千葉県

本名:佐戸井憲治 


最終学歴:上智大学中退

身長:183cm

血液型:AB型

特技:バスケットボール、落語

所属事務所:シス・カンパニー

佐戸井けん太に息子がいる?


一見ダンディな容貌で、コミカルな役やひょうひょうとしたキャラクターを名演する佐戸井さん。

これまでのキャリアを振り返ると、平凡な父親に権力者、善玉に悪玉と変幻自在ですね。

芸域が広く、また器用な役者でもあるのでしょう。

俳優としての出発点は舞台でした。

1977年に野田秀樹さんが主宰する夢の遊眠社に入団しており、劇団解散後も数々の舞台で活躍しています。

また映像作品にも進出し、『君の瞳をタイホする!』『101回目のプロポーズ』など多くの人気ドラマに出演。

認知度が急上昇したのは、魚住二郎刑事を演じた1997年の『踊る大捜査線』でしょう。

『踊る大捜査線』は劇場版もヒットして人気シリーズになり、演じた中間管理職の魚住刑事は、「サラリーマン警察官」という作品のテーマを体現する一人でした。

コメディセンスが遺憾なく発揮された作品といえますね。

佐戸井さんは「息子」というワードで検索されることが多いようですが、結論からいうと息子がいるかどうかは突き止められませんでした。

もしかすると、「息子」とは『3年B組金八先生』第6シリーズで息子役を演じた東新良和さんをさしているのかもしれません。

同シリーズは上戸彩さんが性同一性障害に悩む生徒を熱演したシリーズで、上戸彩さんととも重要な役どころを演じたのが東新良和さんでした。

当時はジャニーズ事務所に所属しており、その後もドラマ、映画、舞台で活躍していましたが、ある時期に事務所を退所。

2021年現在は芸能活動をしている様子がないことから、東新良和さんの消息を知りたい方が父親役だった佐戸井さんと関連づけて検索しているのかもしれません。

子供についての情報は乏しく、唯一見つかった話題が一般人によるツイートでした。

内容は、投稿者の息子と佐戸井さんの娘が塾で同じクラスであり、保護者会でご本人に挨拶したというもの。

内容の真偽は定かではありませんが、この話が事実だとすれば少なくとも娘が一人はいることになります。

佐戸井けん太が結婚した妻は?

佐戸井けん太さんはプライベートの情報を公開していないらしく、家族に関する記事はほぼ見当たりませんでした。

かろうじてわかったのは結婚歴はあるということ。

以前、関西のテレビ番組で、妻のお気に入り商品として「白扇酒造福来純三年熟成本みりん」を紹介したことがあるそうです。

調味料の中でもみりんにこだわりをもつ妻というのは料理上手で家庭的なイメージがありますね。

また一方では再婚したという声も。

Wikipediaには「配偶者あり」とありますが、現在の妻とテレビ番組で触れた妻が同一人物なのかどうかは不明。


ブログやSNSで私生活を公開する芸能人が多い中、佐戸井けん太さんはそうした風潮に迎合することなく公私を区別しているのでしょうか。

佐戸井けん太の大学は上智大学。学歴まとめ

佐戸井けん太さんは千葉県市川市にある市川中学校から市川高校へ進み、上智大学へ入学して中退しています。

夢の遊眠社に入団したのが1977年で19歳か20歳の時ですから、役者として生きていこうと決意したのかもしれませんね。

上智大学も名門大学ですが、ちょっと注目したいのが出身校の市川高校です。

市川中学校・高等学校は市川学園が運営する私立の中高一貫校。

佐戸井さんが在学していた頃は男子校でした。

当時とは若干違いはあると思いますが、高校の偏差値が70から75の進学校です。

出身者に高橋英樹さんがいます。


名前はよく知らないけれど、顔を見れば「ああ、この人!」と思う名バイプレイヤーは多いもの。

佐戸井けん太さんもそんな名優の一人です。

私生活があまり見えてこないのは、さまざまな役柄を演じるうえでプラスに働いているかもしれませんね。

コメント