羽野晶紀の旦那・和泉元彌との馴れ初めは?近況と離婚危機の噂

かつては元気一杯のキャラクターでメディアに引っ張りだこだった羽野晶紀(はのあき)さん。

すっかり和服が似合う素敵な大人の女性となった姿に驚いた人も多いことでしょう。

羽野晶紀のプロフィール

本名:山脇晶

生年月日:1968年8月22日

身長:162cm

出身地:京都府宇治市

最終学歴:大阪芸術大学芸術学部舞台芸術学科中退

所属事務所:東宝芸能

羽野晶紀の旦那は和泉元彌

底抜けに明るいキャラクターと個性的な声で人気を博した羽野晶紀さん。

笑福亭鶴瓶さんが司会を務めた「9年9組つるべ学級」で芸能界デビュー。

そして大学に進学後、「おっちゃんVSギャル」に女子大生レギュラーとして出演。

すると特徴的なキャラクターもあり、司会の桂三枝さんの恰好の的に。


関西圏では一躍注目を集めるようになりました。

バラエティ番組での活躍と並行して当時はまだ学生劇団だった「劇団☆新感線」にも所属。

すると関西を中心に巻き起こった小劇場ブームにより、数々のテレビ番組に出演。

そして複数の劇団から主要な面々を集めて制作された深夜のコント番組「現代用語の基礎体力」でブレイク。

その後、歌手としてCDデビューも果たした羽野晶紀さん。

「浪花のキョンキョン」と呼ばれるなど関西でアイドル的な人気を獲得。

こうした関西圏での人気と活躍ぶりが東京にも届いたのでしょう。

「笑っていいとも!」や「クイズ世界はSHOW by ショーバイ!!」などの人気番組に出演した事で全国規模の人気者となりました。

その後もバラエティ番組、ドラマ、映画、舞台などマルチに活躍。

唯一無二の個性的なキャラクターで引っ張りだことなっていました。

そんな羽野晶紀さんは2002年1月に狂言師の和泉元彌さんと結婚し大きな話題となりました。

1歳の頃から和泉流十九世宗家だった父の元、狂言の修行を学び始めた和泉元彌さん。

宗家の家系に生まれ育ったという重圧と責任感を強く感じていたのでしょう。

狂言を広く世に広めるため積極的にメディアに出演。

バラエティ番組やドラマ、映画、舞台にCMとマルチに活躍。

更には2000年の紅白歌合戦で司会、2001年には大河ドラマ「北条時宗」で主演を務めています。

和泉元彌さんをきっかけに狂言を知った人は多いはず。

これほど狂言界に貢献した人は数えるほど、と言っても過言ではないかもしれません。

ただ、今も昔も注目を浴びると粗探しをされてしまうのが芸能界。

ダブルブッキングを始め駐車違反や接触事故など些細な出来事も大事のように報じられてしまいます。

そして狂言界にも活躍ぶりを良く思わない人達が。

和泉元彌さんは和泉流の二十世宗家を名乗る事に反対され、最終的に能楽協会から退会する事に。

そんな逆風にめげる事なく和泉流二十世宗家として活動する和泉元彌さん。

きっと羽野晶紀さんの内助の功があるからこそ、こうして頑張り続けられるのでしょう。

羽野晶紀と和泉元彌の馴れ初め

タレントの羽野晶紀さんと狂言師の和泉元彌さん。

気になる馴れ初めは舞台での共演でした。

国際的に評価される演出家のノノン・パディーリャが演出を行った「ロミオとジュリエット」。

この舞台でロミオを演じたのが和泉元彌さんで、ジュリエットを演じたのが羽野晶紀さんでした。

舞台で恋人役を演じた事で私生活でも恋愛感情が芽生えたのでしょう。

実際の物語は悲劇に終わってしまいますが、現実では幸せな結末を迎える事が出来たようです。

ただ、必ずしも交際から結婚まで全てがスムーズに行ったわけではありません。

二人の交際に対して母親の和泉節子さんが猛反対。

「芸能人はだめ」と交際当初から反対だったそうです。

きっと和泉流宗家に相応しい由緒正しい血筋の相手を望んでいたのかもしれません。

ただ、そんな反対にめげる事なく交際を続けた二人。

そして羽野晶紀さんが妊娠した事をきっかけに結婚する運びとなりました。

つまり和泉元彌さんと羽野晶紀さんは「できちゃった結婚」だったんです。

母、節子さんの反対を押し切るには妊娠という既成事実を作る必要があったのかもしれません。

羽野晶紀の気になる近況

結婚を機に芸能活動を休止した羽野晶紀さん。

その後、2002年5月女の子、2004年7月に男の子を出産。

2人の子供を育てながら和泉流の宗家である和泉元彌さんを支える日々。

きっと芸能界で生き残る以上に大変だった事でしょう。


芸能活動を休止したのもやむを得ませんよね。

ただ、どんなに大変な生活も続けていれば慣れてしまうもの。

羽野晶紀さんも徐々に余裕が出てきたのでしょう。

芸能活動再開を見据えて2007年11月に東宝芸能の所属に。

その翌年にはオフィシャルブログを始めるなど本格的に芸能活動を再開するようになりました。

入れ替わりの激しい芸能界で数年のブランクを埋めるのは簡単な事ではありません。

それまでの地位を別のタレントに奪われる事も日常茶飯事ですよね。

ですが、唯一無二の存在である羽野晶紀さんは芸能活動再開後もメディアに引っ張りだこ。

2019年のNHK朝の連続テレビ小説「スカーレット」を始め、数々のドラマやバラエティ番組に出演。

2023年現在、関西テレビの「よ〜いドン!」に金曜日レギュラーとして出演中です。

結婚、出産すると「ママタレ」として活動し始めるタレントは少なくありません。

ですが、羽野晶紀さんはママタレではなく一人のタレントとして活動。

この事実からもタレントとしての資質の高さが分かりますよね。

羽野晶紀に付きまとう離婚の噂

義母の反対を押し切る形で結婚した羽野晶紀さん。

そのため結婚後も義母との仲は決して良好と言えるものではありませんでした。

家族会議に参加する事は許されず。

また、化粧や車の運転、ノースリーブは禁止。

羽野晶紀さんのトレードマークとも言える関西弁まで禁止されてしまったんだとか。

ただ、義母としては和泉流宗家の嫁に相応しい女性になって欲しいという思いがあったのでしょう。

何か不始末があって恥をかくのは和泉元彌さんと羽野晶紀さん。

二人にそんな思いはして欲しくないという親心があった事は想像に難くありません。

また、羽野晶紀さんもそんな義母の思いは重々承知だったはず。

とはいえ表面的な情報しか伝わってこない世間やマスコミにその真意が分かるはずもなく。


2007年には狂言の儀式に伴う別居をした際には「離婚危機」と噂されてしまいます。

また、芸能活動を開始した羽野晶紀さんが関西弁を披露すると「和泉家と決別」とまで言われてしまいました。

ですが、実際の夫婦仲は良好そのもの。

二人のSNSを見ても仲睦まじい様子が伝わってきます。

「百聞は一見に如かず」で仲睦まじい二人を見れば離婚危機は全くの嘘である事が分かりますよね。

きっと羽野晶紀さんと和泉元彌さんは「離婚」の噂を聞くたびに笑い話としている事でしょう。

関連記事
羽野晶紀の実家は八百屋。父親のため自宅はバリアフリーに。古田新太、野田秀樹との関係

羽野晶紀がきれい&コラーゲンはやめた?美肌のための愛用化粧品まとめ

和泉元彌と嫁・羽野晶紀の馴れ初め。娘も狂言師で大学は明治学院?息子の活躍&離婚の危機

和泉元彌の若い頃はイケメン!年収は妻も知らない?自宅が文京区の噂&今何してる?

和泉元彌の母の活躍。現在も多忙。父親と姉も有名人&野村萬斎と家系図の関係

山口紗弥加、結婚せず夫はいない。堂本剛と熱愛の過去&独身を貫く理由

山口紗弥加、年収は現在(2024)低い?性格は明るい。実家は福岡市?兄弟3人の噂

コメント