高橋直純は結婚してる?年齢と裏名が気になる!創価学会の噂は本当?テニプリでは丸井ブン太役!

アニメ『テニスの王子様』の丸井ブン太役を長く務めている高橋直純(たかはしなおずみ)さん。

実は長い下積み期間を経て、声優の世界に飛び込んだ方なんです。

そんな高橋直純さん、結婚はされているのでしょうか?裏名は?噂されていることについてもまとめていきましょう。

岩手から上京し長い下積み時代を送る高橋直純


出身が岩手県奥州市と、大変な田舎で生まれた高橋直純さん。

祖母が民謡を、ご両親が三味線を嗜む家庭で育っていた高橋直純さんは、3歳の頃から歌に触れてきたそうです。

高校を卒業後、声優ではなく歌手を夢見て上京しました。

コンビニのバイトなどで生計を立てながら、ミニライブやカラオケのバック映像などの小さな仕事をこなして過ごしていました。

声優を目指すきっかけとなったのは1990年代のラジオ出演の際に知り合った小森まなみさん。

そこから小森まなみさんの公開ラジオ収録にゲスト参加で呼ばれたりなどして、声優業界への道を繋いだんですね。

その後小森まなみさんと音楽ユニットを組み、2001年まで活動を共にしました。

傍らで、パソコンの脇役などのキャラの声を担当し、地道ながら声優としての力を付けていきました。

その後『デジモンアドベンチャー02』などの作品に出始め、一気に人気を広げて、今や歌手活動と声優活動で大忙しの毎日だそうです。

下積みがあった分、いざ仕事が増えてもてんてこ舞いにならないのがさすがだと思います!

現在の1年に数作品アニメやゲームに登場し、その声で根強くファンを獲得しています。

その動きは、まるで良い意味で一生下積み、くらいの地道さを感じます。

誰よりも努力が出来る音楽声優、それが高橋直純さんなのかもしれません。

高橋直純は見た目よりも年齢は上。

画像を見る限りだと、やや渋めのお兄さんと言ったものが多いですね。

ですが案外調べてみると年齢は上でした!

なんと45歳だそうです!

先ほどの話を合わせると20代はほぼ下積みだったという事です。

我慢我慢の芸能活動だったからこそ、今しっかりと花開いているんですね。

高橋直純、創価学会との噂?

創価学会、と聞くと誰もがちょっと身構えてしまうかもしれませんね。

ファンからしたら、そんな噂が流れたら真偽を確かめずにはいられないでしょう。

そんな高橋直純さんの噂についていろいろ調べてみました。

まず決定的な情報があまり出てこないのが確認できました。

Wikipediaなどにもそういった関係の記載はありませんでしたし、そういった決定的な記事も見当たりませんでした。

ただ一つ気になる点としては『聖教新聞』という創価学会の最新ニュースを取り上げる紙面で、高橋直純さんが大きく取り上げられたことがあるということ。

これに関しては多くのところで記載がある事から、事実の可能性が高いです。


ただこれに載ったから高橋直純さんが創価学会関係者かと言ったらちょっとそこまでは言い切れません。

確率は高いものの、確証はないと言ったところでしょう。

高橋直純の裏名はある?

声優としての活動は年に数作品程度。

それでも根強いファンからはもっとたくさんの声が聴きたいとの声が絶えません。

そんなファンにとって裏名があるかどうかの情報はまさに死活問題と言えるでしょう。

調べたところ、声優としての活動では別名義は見られませんでした。

ですが歌手としての活動では『盛岡冷麺』という名前で活動していた実績があるようです。

昔は別人だとしていた高橋直純さんですが、その後『盛岡冷麺ジャケット』バージョンのCDが発売されたりするなど、その存在が同一人物であることを示していました。

わざわざ別名義にされていますから、きっと今とは違った意味で素晴らしい存在感を主張してくれる音楽になっているのでしょう。

気になる方は『盛岡冷麺』として出ているCDも是非視聴してみて下さいね!

【まとめ】


長い下積み時代を送ってきた高橋直純さん。

遅咲きなその活躍は、これからも声優に音楽業界に目が離せません!

45歳のベテランが魅せる演技にこれからも期待です!

シェアする