永島敏行の妻&家族まとめ!今は農業&車椅子は役?永島昭浩は兄弟?

ドラマや映画に重厚感を与える名俳優の永島敏行(ながしま としゆき)さん。
農業を通じて農作物だけでなく自分自身も日々成長しているようです。

永島敏行が芸能界に入ったのは家族がきっかけ?


元高校球児だったことから1977年の映画「ドカベン」で俳優デビューした永島敏行さん。
映画出演2作目であり主演を務めた「サード」でも元高校球児という役柄。
同作の評価と共に主演の永島敏行さんも注目を集め、数多の新人賞を獲得しました。

小さい頃から野球一筋で高校生の頃には主将を務めた永島敏行さん。
高校卒業後は大学でも野球漬けの毎日だった永島敏行さんがなぜ芸能界に進んだのか。

それには永島敏行さんの家族が関係していたんです。
家族が関係しているといっても永島敏行さんの父親は元競輪選手で母親は旅館の娘とどちらも芸能人ではありません。

永島敏行さんが大学生の頃。
「試しに送った書類選考に通ったから東映に行くように」と父親から電話がかかってきたそうです。

永島敏行さんは演技など出来ないと思っていたそうですが最終選考にも合格。
この選考に通ったことで「ドカベン」に出演できた永島敏行さんですが演技の評判は散々たるもの。

やはり演技など出来るわけがないと思っていた矢先、永島敏行さんの父親が今度は「サード」のオーディションに応募。
その後の結果は上述の通りです。
きっと「サード」では等身大の自分に近い役柄だったことが功を奏したのでしょう。

永島敏行さんは父親に映画に連れて行ってもらうことが多かったそうです。
もしかすると永島敏行さんの父親は芸能界に憧れを持っていたのかもしれませんね。

永島敏行は妻も芸能人?

永島敏行さんは1989年に結婚していますが、そのお相手が森下愛子さんだという噂があります。
ですが、永島敏行さんの妻となった女性は森下愛子さんではありません。

永島敏行さんと森下愛子さんは若い頃に映画で共演したことがあります。
そのことから二人が結婚したという噂が広まったようです。

実際に永島敏行さんが結婚した妻は一般の女性。
一般人ということで詳しい情報はありませんが、永島敏行さんよりも7歳年下の女性だそうです。

なお、永島敏行さんと妻の間には「果奈」という娘さんが一人いるようです。
娘さんについても情報がありませんので芸能活動はしていなさそうです。

農業にもかかわりが深い永島敏行

俳優として活躍する永島敏行さん。
農業コンサルタントとしても活動していることを知っている人は多くないのではないでしょうか。

「有限会社青空市場」の代表取締役を務める永島敏行さん。
農産物等についてコンサルティングや講演を行っています。

1993年に秋田県でコメ作り体験をしたことで農業に目覚めたという永島敏行さん。
それ以降、毎年地元の農家の方からコメ作りを教わるようになったんだとか。
これらの経験が基となり設立した有限会社青空市場では農水産物の販売だけでなく人材育成にも力を入れています。

また、2007年から2012年にかけてNHK総合で放送されていた「産地発!たべもの一直線」の司会を担当。
2013年には秋田県立大学の客員教授となっています。

俳優と農業の二足の草鞋を履く永島敏行さん。
妻からは
「農業をやらずに俳優だけをやっていたら、傲慢な人間になっていたと思う」
と言われたそうです。

大物俳優の永島敏行さんなので、芸能界にいればチヤホヤされてばかりだったことでしょう。
それが農業をする事で人間として成長したのかもしれませんね。

永島敏行が車椅子生活に?

俳優だけでなく農業コンサルタントとしても活動する永島敏行さん。
毎日多忙な日々を送っていることでしょう。
そんな永島敏行さんですが車椅子生活をしているという情報がありました。

気になったので詳しく調べてみると情報の発端はドラマ「BG〜身辺警護人〜」。
木村拓哉さんが民間警備会社の身辺警護人を演じたことで話題となった同ドラマ。

このドラマで永島敏行さんが演じた役が車椅子で生活する役だったんです。
そのため永島敏行さんが車椅子生活という情報が出たようです。

永島敏行と永島昭浩は兄弟?

永島敏行さんと永島昭浩さんが兄弟だと思っている人がいるようです。
ですが、永島敏行さんと永島昭浩さんは兄弟ではありません。


苗字が同じで二人とも日本人離れした顔の濃さから勘違いするのも仕方ないことかもしれません。
永島敏行さんは野球、永島昭浩さんはサッカーと二人ともスポーツマンという共通点もありますね。

俳優
シェアする
アスネタ – 芸能ニュースメディア

コメント