國村隼の国籍&出身地は?韓国映画で快挙?妻はいる?愛車を選ぶポイントは?

ドラマ、映画では欠かせない名バイプレーヤーの國村隼(くにむら じゅん)さん。
その演技力の高さから日本だけでなく国際的にも引く手数多のようです。

國村隼の国籍は韓国?


今ではドラマや映画には欠かすことが出来ないバイプレーヤーの國村隼さん。
朝の連続テレビ小説「鮎のうた」で俳優デビューすると映画関係者からオファーが殺到。

その後、数々のドラマや映画に出演し俳優としての経験を積み重ねた國村隼さん。
ハリウッド作品の「ブラック・レイン」や「キル・ビル」、ベルギー・フランスの「KOKORO」、韓国の「哭声/コクソン」など海外作品にも多数出演し国際的にも評価されています。

そんな國村隼さんには在日韓国人ではないかという噂があるようです。
調べてみましたが國村隼さん在日韓国人という信憑性のある情報はありませんでした。

このような噂が出てしまうのは国際的に活躍していることの弊害と言えるかもしれません。

國村隼の出身地は?

國村隼さんのプロフィールでは出身地が大阪府大阪市となっています。
ですが生まれたのは熊本県。
その後、1歳の頃に兵庫県に転居し小学2年生から大阪市在住となったそうです。

小さい頃に何度か引っ越しをすると出身地をどこにするか悩んでしまいますよね。
調べてみても出身地にははっきりとした定義はありません。

出身地と出生地は別であり、15歳までの間に最も長く過ごした土地を出身地とするのが一般的なようです。
そのため國村隼さんの出身地は大阪市となっているようです。

國村隼の妻は?

作品を陰から支える名バイプレーヤーの國村隼さん。
國村隼さん自身を支える妻がどんな人なのか気になりますよね。

実は國村隼さんはこれまでに一度も結婚していません。
多趣味なことで知られる國村隼さんなので趣味に没頭するあまり恋愛は二の次だったのかもしれませんね。

國村隼が韓国映画で達成した快挙とは?

各国の映画に出演している國村隼さん。
2016年に出演した韓国映画「哭声/コクソン」である快挙を達成しています。

國村隼さんが達成した快挙は第37回青龍映画賞の男優助演賞と人気スター賞のダブル受賞。
韓国で最も権威ある映画賞といわれる青龍映画賞。

韓国人以外が同賞を受賞するのは國村隼さんが初めてだったそうです。
國村隼さんにとって青龍賞が初めてもらう映画賞だそうです。


長い俳優生活の中で決して忘れることの出来ない作品になった「哭声/コクソン」。
國村隼さんには受賞した喜びと一番辛い現場という両極端の思い出が残ったようですね。

國村隼は愛車へのこだわりが独特?

幼いころから車のエンジンが好きだったという國村隼さん。
エンジニアを目指して高専に進学したことからもどれだけエンジンを愛していたかが分かります。

エンジンの設計を学ぶうちに自分には向かないことに気づいたそうですがエンジン好きは変わらず。
愛車を選ぶときには車体よりもエンジンを重視するそうです。

現在の國村隼さんの愛車はBMW Z4クーペ。
昔は6気筒エンジンというと直列6気筒エンジンでしたが徐々にV型6気筒エンジンに移行。
今では完全にV型6気筒エンジンが主流となっています。

ですがBMWは直列6気筒エンジンを作り続けてきた唯一の会社。
そのBMWの車を愛車にするあたりエンジンにこだわる國村隼さんらしいですよね。


なおBMW Z4クーペの前に乗っていたのはアルファロメオ156。
こちらはV型6気筒エンジンの音に惚れこんでいたそうです。

エンジンにこだわる國村隼さんは次にどの車を愛車にするのでしょうか。
きっと普通とは違うエンジンを搭載する車なんでしょうね。

コメント

  1. 国村さんの歩く姿を後ろから撮っていたのを見て、結婚しない理由が見えました。
    クニャっという感じがあるんです。大昔の表現ですがシスターボーイの匂いがします。
    嫌いな訳ではありません。あーそうなんだなというだけのことです。