鶴見辰吾の妻と子供、結婚について。自宅は横浜のマンション&弟も俳優だった

数々の作品で渋い演技を見せる名バイプレーヤーの鶴見辰吾(つるみしんご)さん。

子役時代「3年B組金八先生」で大ブレイク後、俳優として第一線で活躍し続けています。

また、演技の引き出しの多さから「演技のデパート」という異名でも知られています。

鶴見辰吾が結婚した妻について

幼少期は宝塚歌劇団の大ファンで宝塚歌劇団に入る事が夢だったという鶴見辰吾さん。

特に「ベルサイユのばら」のアンドレが大のお気に入りだったそうです。

ただ、宝塚歌劇団に入団出来るのは女性のみ。

その事実を知った鶴見辰吾さんは涙を呑んだそうです。

宝塚歌劇団に入る夢は叶わなかった鶴見辰吾さんが芸能界に進んだきっかけはオーディション。


中学生の頃に叔母がドラマ「竹の子すくすく」のオーディションに応募。

すると2500人を超える応募者の中から見事に選ばれ1977年にデビューを果たします。

その後も子役として大河ドラマ等、多くのドラマに出演した鶴見辰吾さん。

1979年の「3年B組金八先生」で交際する同級生が妊娠、出産した事で中学3年生にして父親になる役を演じ大ブレイク。

その翌年には「翔んだカップル」で映画初出演にして初主演を務めるなど俳優としての地位を確立。

芸能活動で多忙な中、8年かけて大学を卒業した努力家な一面も話題となりました。

最近では自転車やマラソン、日本舞踊、ギターにゴルフなど多趣味な事でも知られる鶴見辰吾さん。

仕事だけでなくプライベートも充実している事が良く分かりますよね。

そんな鶴見辰吾さんが結婚したのは40歳だった2004年のこと。

晩婚となったのは公私に渡って満たされた日々を過ごしていたためでしょうか。

お相手は10歳年下で福祉関係の仕事をしていた鈴木一美さん。

鶴見辰吾さんがクラブで声をかけた事から交際に発展したそうです。

「まさか鶴見辰吾さんにナンパされるなんて」と鈴木一美さんはびっくりした事でしょう。

鶴見辰吾さんの一目惚れだったのでしょうか。

急に芸能人の声を掛けられたらドッキリと思ってしまいそうですよね。

その後、愛を育み結婚した鶴見辰吾さんと鈴木一美さん。

一緒にサイクリングを楽しむなど今も夫婦仲は良好なようです。

鶴見辰吾には子供がいる?

ブレイクのきっかけとなった「3年B組金八先生」では15歳で父親となった鶴見辰吾さん。

実際の鶴見辰吾さんに子供がいるのか気になるところ。

そこで鶴見辰吾さんの子供の情報を調べてみても一切情報は見当たらず。

そのため鶴見辰吾さんには子供がいない可能性が高そうです。

結婚した時、既に40歳と高齢だった事が影響しているのでしょうか。

仕事と趣味で忙しい事から子供を望んでいない可能性もありそう。

イケメンで明るく趣味も豊富と素敵な父親になりそうな鶴見辰吾さん。

もし、子供が生まれたら育児が趣味になるかも。

鶴見辰吾は横浜のマンションに住んでいる?

芸能活動を始め、大学を卒業しても実家で暮らしていたという鶴見辰吾さん。

実家が東京にあり交通の便も良い事から実家を離れるきっかけが無かったそうです。

その鶴見辰吾さんが一人暮らしを始めたのが32歳から。


いつまでも実家で暮らす事に違和感を覚え、当時は交際中だった妻との結婚も考えた事から実家を離れる事を決めたようです。

既に俳優として揺るぎない地位を確立していた鶴見辰吾さん。

独り暮らしをすると同時にマンションの購入を決意。

多くの人にとってマンションの購入は一生に一度。

後々になって後悔しないように何軒も内覧するのが普通でしょう。

ところが鶴見辰吾さんが内覧したのは東京で1軒、横浜で1軒と2軒だけ。

そして妻の実家が近い横浜のマンションを購入する事に。

同じ価格でありながら横浜の方が専有面積が広い事も決め手となったようです。

「住めば都」という言葉の通り、今では横浜が大のお気に入り。

そんな素敵な景色を求めてか人が集まる事が多いという鶴見辰吾さんの自宅。

多い時には20人も集まるそうなので、かなりの広さがある事は間違いありません。

横浜の素敵な夜景を見ながら気心の知れた仲間たちと素敵な時間を過ごしているのでしょうね。

住み始めた当時は帽子を深くかぶったりと顔を隠して生活していたそうですが、今では隠すことなく地域の方達と仲良く暮らしているそうです。

鶴見辰吾の弟も俳優だった

鶴見辰吾さんの弟の名前は鶴見祐一さん。

かつて「三上祐一」の芸名で俳優として活動していた事があるんです。

中学3年生の時に映画「台風クラブ」で主演を務め俳優デビュー。

鶴見辰吾さんの弟という事もあり話題と集めました。

また、弟のデビューを盛り立てるためか、同作には鶴見辰吾さんも兄弟役で出演しています。

その後もいくつかのドラマや映画に出演した事から鶴見辰吾さん同様、俳優業を続けていくと思われました。

ですが、鶴見祐一さんが求めたのは俳優としての成功よりも学歴。

というのも鶴見辰吾さんと鶴見祐一さんの父は早稲田大学政治経済学部出身。

鶴見祐一さんはそんな父に憧れていた事から早稲田大学を志望していたそうです。

そのため高校2年生の頃から約1年3か月に渡って1日12時間もの猛勉強。

そして第一志望である早稲田大学に見事合格を果たしています。

目標である早稲田大学を卒業後、ホリプロに所属し芸能活動を行っていた鶴見祐一さん。

ところが俳優業はあわないと感じたのか僅か3年で引退。

そして現在は執筆業、コメンテーターとして活動しているようです。

自信の意見を発信するべくブログも行っていますが常人には理解が難しい内容が殆ど。


ただ、鶴見祐一さんが頭の切れる方という事は伝わってきます。

今はそれぞれが選んだ道で活躍する鶴見辰吾さんと鶴見祐一さん。

きっと互いの存在が刺激となっているから更なる高みを目指して活動を続けていけるのでしょう。

鶴見辰吾は自転車名人、愛用ロードバイクは?筋肉&マラソンが凄い。白髪を染めない理由

コメント

  1. 鶴見辰吾さんの子供は、12年くらい前に花王のトラックに跳ねられて亡くなってます。
    裏でお金で和解して、新聞には花王のトラックとは載っていないです。

  2. 間違えました。
    風見しんごさんの子供でした。