定岡正二の現在!脳梗塞や病気は嘘&テレビに出ない理由は?歯がボロボロは本当?

元プロ野球選手とは思えないほどのいじられキャラだった定岡正二(さだおか しょうじ)さん。
タレントに転身したスポーツ選手の数少ない成功者と言えるでしょう。

定岡正二は脳梗塞だった?


毎年のようにスターが現れる甲子園。
元プロ野球選手の定岡正二さんも甲子園で圧倒的な人気を誇っていました。

エースとして鹿児島実業を鹿児島県勢としては初となるベスト4に導いた実力に加えて端正なルックス。
この二つを兼ね備えていれば人気が出ないわけがありません。

1974年のドラフト会議で読売巨人軍から1位で指名された定岡正二さん。

プロの世界は厳しく思うように結果が出ませんでしたが1980年に初勝利を含め9勝とブレイク。
1981年、1982年は江川卓さん、西本聖さんと共に三本柱の一人として活躍しました。

プロとして結果を残し始めた定岡正二さんですが1983年に腰痛を発症。
落とした調子が戻ることはなく1985年にトレード要員となったことで29歳という若さで引退を決意。

引退会見の場で

芸能界には入らない

と発言していた定岡正二さん。
引退後はスポーツキャスターとして活動していましたが、その後イザワオフィスに所属するタレントに。

タレントとしての転機となったのがバラエティ番組「とんねるずの生でダラダラいかせて!!」。
同番組に出演した時に「おちゃのこさいさい」を「へなちょこさいさい」と言い間違えてしまったことで「へなちょこサダ」と呼ばれるように。

いじられキャラが定着した定岡正二さんは番組の準レギュラーとなり、その後も多くのバラエティ番組に出演するようになりました。

タレントとして大活躍していた定岡正二さんですが、脳梗塞という噂があるようです。
テレビに出演していた時にろれつが回っていない事があったためにこのような噂がでたみたいです。

ですが、定岡正二さんが脳梗塞という事実はありません。
鹿児島出身で訛りがあること、活舌があまり良くないことから、ろれつが回らないような喋り方になってしまう事があるそうです。

定岡正二は歯がボロボロ?

力を入れるときには歯を食いしばりますよね。
プロ野球選手も投手がボールを投げる時、打者がボールを打つ時に強く歯を食いしばるそうです。

メジャーで活躍するダルビッシュ有さんや甲子園で活躍した吉田恒星さんは歯を守るためにマウスピースを付けています。
ですが野球選手がマウスピースを付けるようになったのはごく最近になってから。
かつての選手は晩年になると歯がボロボロになることが珍しくありませんでした。

歯並びや噛み合わせは筋力にも関係するそうです。
また、歯並びや噛み合わせが悪くなると運動能力が低下するとも言われています。


定岡正二さんも投球時に歯を食いしばることが多かったのでしょう。
歯がボロボロで大臼歯は義歯という情報がありました。

投手として結果を出せなくなったのは腰痛だけでなく、歯も関係していたのかもしれませんね。

現在の定岡正二は病気?

とんねるずさんの番組など、かつてはバラエティ番組によく出演していた定岡正二さん。
ところが最近はあまりテレビに出演していません。

そのため「定岡正二さんは病気でテレビに出演していない」という噂があるようです。
ですが、この噂は誤りです。

現在の定岡正二さんは野球の解説や指導が活動のメインとなっています。

定岡正二さんは2006年に社会人野球チームの「薩摩」を設立。
総監督として選手の育成と指揮をしています。


長年、野球をしてきた定岡正二さんなのでずっと野球に携わる仕事がしたかったのでしょう。

なお、バラエティ番組の出演が減ったのも定岡正二さん自身の意思なんだそうです。
自身が設立した「薩摩」に集中したいという思いがあるんでしょうね。

定岡正二に結婚&妻なし!今も独身の理由は?兄弟の息子が芸能界デビュー!

コメント