千本木彩花が梅原裕一郎とぶっちゃけトーク!下手演技で話題のかわいい声優!本名は?

わざと下手な演技のような声を出せるとファンから話題の千本木彩花(せんぼんぎ さやか)さん。

果たしてその名前は本名なのでしょうか、芸名なのでしょうか?

話題になった梅原裕一郎さんとのトークイベントについても触れていきましょう。

下手演技と言われながらも声優アワードで新人女優賞を受賞した千本木彩花


あんまり上手に聞こえないな?という演技を敢えてできる声優さんというのは多くはありません。

本人が意図してそれをやっているかは分かりませんが、千本木彩花さんはその数少ない中の一人と言えるでしょう。

ファンからはあまりうまくないけど、何故かずっと聞いてしまうといった謎の魅力がある声が上がっていますね。

そんな千本木彩花さんは2015年に声優として事務所に所属したばかりの新人声優さんです。

2016年に放送された『ガーリッシュ ナンバー』の烏丸千歳役は、なんと100人以上のオーディションを抜けて、満場一致で千本木彩花さんが選ばれたほど。

その実力は既にベテラン声優をうならせるほどのものと言っても過言ではありませんね。

勢いそのままに2016年は20作品以上のアニメに登場。

2017年も10作品以上のキャラクターを演じていらっしゃいます!

その活躍から先日行われた第11回声優アワードで新人女優賞を受賞されました!おめでとうございます!

こういった賞を取ったからには来年以降の活躍にも大いに期待が膨らみます!

今の段階でも演技に幅がある千本木彩花さんですが、これからどのような成長を遂げていくのか、今からワクワクしてしまいますね!

『千本木彩花』は芸名?それとも本名?

日本には沢山の珍しい苗字がありますが…。

千本木、なんて苗字を耳にすることがこれまでありましたか?

調べてみたところ、日本全体でおよそ540人程度しかいない、とてもレアな苗字だということが分かりました。

そんな苗字を持つ千本木彩花さん…果たして本名なのでしょうか?

公式では本名かどうかの記載は特にされておりません。

ですがあえて芸名でこのような苗字を使う人も少ないと思いますから、恐らく本名なのではないかと思います。

全国で540人ですから非常に少ない分、なんだか特別な家柄や育ち方をされてきたような感覚を覚えてしまいますね…!

でもきっと千本木家としての血が今の幅広い素晴らしい演技を可能にしたのかもしれません。

これから活動がさらに増えてくればラジオやイベントでその話題に触れられることもあるかもしれませんね。


ですから今後の活躍にはそういった意味でも大いに期待です!

梅原裕一郎、千本木彩花のトークイベントが話題に

先ほども話しに出した『ガーリッシュ ナンバー』のトークイベントが東京・秋葉原で2016年12月に行われました。

話題となったのはイベント内のぶっちゃけトークでの質問コーナー。

「千歳みたいな妹はどうですか?」といった質問には、梅原裕一郎さん…

「僕は千歳みたいな妹は割りと好き。」としながらも、同時にステージに上がったシナリオ原案の渡航さんは「あんな妹がいたらぶん殴ります。」とちょっと過激な発言もありました。

さらに11話のラストシーンの秘話では、千本木彩花さんがセリフに込めた想いなどが語られ、ファンの胸を打つような形となっていました。

ファンにとっては梅原裕一郎さんや千本木彩花さんをもっともっと好きになったイベントになったのではないかなと思います。

なんといずれ『ボーイッシュナンバー』も見れてしまうかも?と言った話が出た際には、そのときには子供の千歳を用意しておくなんて面白発言も飛び出しました。

千本木彩花さんの子供ボイス…どのような形になるか少し気になりますね(笑)

【まとめ】


第11回声優アワードで新人女優賞を受賞した千本木彩花さん!

これからお仕事がどんどんと増えていくのは間違いありません!

トークイベントやラジオなどで明かされる情報にも期待しながら、これからも応援していきたいと思います!

声優
シェアする
アスネタ – 芸能ニュースメディア

コメント