つるの剛士の年収は?家は藤沢市&湘南で趣味のサーフィンを楽しんでいた!

つるの剛士(たけし)さんはマルチタレントとして幅広く活躍していますよね。

5人の子供を養っているパパの年収がどのくらいか気になる方いると思います。

今回はつるの剛士さんの年収や家、湘南でのサーフィン活動などを調べます!

つるの剛士の年収はどのぐらい?


つるの剛士さんと言えば「おバカタレント」としてヘキサゴンなどで大活躍しましたが、島田紳助さんが引退後は路線を変えていました。

その時はバラエティーやラジオ、歌手に俳優と若さを武器でしたが、結婚して父親になった後ぐらいから仕事を量より質にシフトしていました。

現在の大きなレギュラー番組は日本テレビ「ヒルナンデス!」の水曜担当です。

他には趣味のサーフィンやバイクに関連した番組やイベント、雑誌のインタビューなど「仕事と趣味の両立」をしていました。

最近では体を使ったランナーとしてNHKの旅番組にも出演していました。

ある意味ライフワークでもある歌手として夏を中心にライブツアーを開催し、コンサートグッズやDVDの販売などで収益も結構あるそうです。

アーティストの収入ではライブ(グッズ)の割合が大きいと言われています。

さらに、2018年に自身初となるエッセイ「バカだけど日本のこと考えてみました」を発売し、世の中の疑問について率直な意見をぶつけていました。

つるの剛士さんは今まで以上に幅広い内容の仕事をしており、仕事と家庭のバランスをうまく保ちながら趣味と実益を兼ねていました!

しかも事務所「太田プロダクション」は芸能人へのギャラの支払いが良いと有名です。

タレントと事務所の収入の割合は6対4と言われています。

同じプロダクションに所属している指原莉乃さんは年収6000万円と言われています。

そのためつるの剛士さんもタレント業とアーティスト業を合わせるとかなりの収入を儲けているのではないでしょうか。

またテレビ番組に出演するだけではなくテレビCMにも出演しているのでいろんなところから稼いでいそうですよね。

明るいキャラクターでお茶の間の皆さんから人気の高いつるの剛士さん。

人気を博した若かりし頃はおバカキャラで売ってはいましたが最近ではパパタレントとしても活動しており短大にも通い始めました。

そのため近頃は昔のおバカキャラが払拭されつつあるのではないでしょうか。

現在では5児の父でもあるのでいつまでもおバカキャラとしてはいられなかったのかもしれませんね。

またキャラ路線変更だけでなく、2018年年にはご自身のエッセイ本「バカだけど日本のこと考えてみました」を出版し印税だけもそれなりの収入は入りそうですよね。

いろんな分野で活躍しようとしているつるの剛士さんはこれからも切磋琢磨に成長しそうですよね。

無理をせずに、マイペースで活動しているのがとても羨まし位ですね。

つるの剛士の家は神奈川県の藤沢市にある?

次はつるの剛士さんが現在住んでいる家や住所について見て行きます。

住所については自身のインスタグラムに堂々と免許証が載っていました(笑)

なんと言っても証拠が免許証なので神奈川県藤沢市在住で間違いないです!

一応芸能人でもあるのに堂々とインスタグラムに免許証を載せるのは大胆ですよね。

現在ではファンだけでなくその他の一般人の方から自宅を特定され多くの写真がネット上で載せられています。

もしかすると自宅を特定されるリスクを考えていなかったかもしれませんね。


そして子供が少し大きくなった2008年頃に藤沢市内の片瀬山に家を建てて引っ越したそうですが、海を含めた自然の豊かさが決定打だったそうです。

海や山などの自然に恵まれ、子供たちを育てていくには最高の場所ですよね。

子供から「海が近いとパパの好きなサーフィンがいつでもできるよ」と勧められ、それによってつるの剛士さんも乗り気になったそうです(笑)

インスタグラムの投稿からも自宅の庭の広さが伝わってきます!

子供5人と夫婦の7人家族なので間取りなども広めに設計して建築したらしく、聞くところによると広さは5LDKにもなる豪邸だそうです!

大家族となると大きな家が必要となりますよね。

もしかするとこれから新しいスキルとして自然に住んでいるからこそヒロミさんのようなDIYなどにも挑戦する可能性もあるのではないでしょうか。

自然内に住まわれているからこそできるスキルですよね。

また海の近くに住んでいることから朝は海岸で散歩したり子供たちと片瀬海岸にあるカフェに訪れたりとプライベートでもパパタレントさながらに子供達との時間を大切にしているようです。

つるの剛士さんのインスタグラムを見るとお家付近の海岸でよくジョギングをしているのが見受けられます。

また自宅から海が近いっというだけではなくご自宅から富士山も見えるそうです。

つるの剛士は自宅から見える富士山の写真を度々SNSにて投稿されています。

どの写真も写真家が撮ったように綺麗です。

海と山に囲まれた自然内で暮らしている、つるの剛士さんが羨ましいですね。

つるの剛士は湘南で趣味のサーフィンを楽しんでいた!


つるの剛士さんが湘南地区の藤沢市に引っ越した理由は子供の教育環境に良いだけでなく、自身の趣味であるサーフィンに最適な地だったからでした。

また、つるの剛士さんは2012年より藤沢市の「ふじさわ観光親善大使」に就任しており、様々な形で藤沢市の魅力を積極的に宣伝していました。

宣伝の一環としてTwitterを活用しているのですが、日々のツイートの中で藤沢市の「波の状態」も掲載してサーファーに感謝されていました。

この活動がスポーツ(サーフィン)の普及に貢献したと認められて「JAPAN ACTION SPORTS AWARDS 2017」の特別賞を受賞していました!

予想外の受賞に対しても、いつも通り自然体のリアクションをしていました。

最近では娘さんたちもサーフィンデビューしているらしく、父親としてだけでなくサーファーの先輩としても楽しんでいました。

ただ、プライベートでサーフィンを楽しんでいる時に声をかけてもイメージ通りの反応では無く、少しサバサバした対応と言われていました。

芸能人をよく見かけるサーファーは対応の良い芸能人サーファーと対応があまりよくないサーファーと二手に分かれるとインタビューで答えられていました。

つるの剛士さんはサーファーとしての腕前は良いみたいですが、サーファー同士のあいさつだったりコミュニケーションはあまりよくないそうです。

話しかけても「ああ」、「ええ」とシンプルな相槌を返すだけであまり会話が成り立たないそうです。

お昼の帯番組に出演し明るいキャラクターとして知られているため、プライベートとのキャラにギャップがあるようです。

一応プライベートなのであまり干渉されたくないのはわかりますが、芸能人であるため多少はフレンドリーに対応していただきたいところではありますね。

オフで真剣に楽しんでいる時はさすがに仕方ないと思いますし、せっかくの時間を邪魔しては悪いと感じるところもありますよね。

海のレジャーは事故も多いので気を付けて楽しんで欲しいですね。


つるの剛士の奥さん(遠藤美紀)との結婚馴れ初め!釣りビジョンが出会いのきっかけ?

つるの剛士の家族。息子&娘が多く芸能界でも有名な大家族!子供の名前や顔は?

つるの剛士の将棋&ウクレレの腕前が凄い!野球は苦手?両親と兄弟はどんな人?

つるの剛士と上地雄輔&野久保直樹の仲とは。名言に共感の嵐!

コメント