大川栄策の結婚、奥さんと現在。家族について。あの歌手が子供?

高校卒業後に上京し名作曲家として知られる古賀政男さんに弟子入りした大川栄策(おおかわ えいさく)さん。
1969年に兄弟子のアントニオ古賀さんのB面曲だった「目ン無い千鳥」でデビュー。

その後も「古賀メロディー」を歌い続ける大川栄策さんは1982年の「さざんかの宿」が180万枚という大ヒット。
翌年の1983年から4年連続で紅白歌合戦に出場するなど演歌歌手として確固たる地位を確立します。


なお、「大川栄策」は芸名で本名は荒巻逸造(あらまきいつぞう)。
本名の方も芸名みたいな名前ですよね。

芸名には福岡県大川市出身という事で故郷の「大川」を「栄」えさせる対「策」という由来があるんだとか。
タンス担ぎの特技も出身地の大川市がタンスなどの家具の産地だから身についたそうです。

大川栄策は結婚して奥さんがいる?

日本の演歌界を支える大御所の1人となった大川栄策さん。
あまり家庭の事を明かしていないようで結婚しているかどうかは不明。

「妻よ」という楽曲もリリースしていますが奥さんについて語った事はないようです。
これほどまでに奥さんに関する話題がないという事は結婚をしていない可能性が高そうです。

大川栄策の家族は?子供がいるの?

結婚しているかどうか定かではない大川栄策さん。
ところが大川栄策さんには娘と噂される人がいる事が分かりました。

噂の人物は人気バンド「いきものがかり」でボーカルを務める吉岡聖恵さん。
共に歌手として活動しており鼻が特徴的な事から親子と噂されるようになったようです。

大川栄策さんと吉岡聖恵さんが本当に親子であれば大きな話題になるところですが二人は親子ではありません。
その証拠に吉岡聖恵さんの父親は普通のサラリーマンだそうです。
なお、吉岡聖恵さんの父は学生時代に野球をしており中学校の時の後輩に読売巨人軍で監督を務める原辰徳さんがいたそうです。

吉岡聖恵さんの父についてはここまで詳細な情報が発覚しているので大川栄策さんが父親という事はあり得ませんよね。

大川栄策の現在は?

誰もが認める演歌界の大御所となった大川栄策さん。
「筑紫竜平」名義で作曲をしたり、韓国音楽に取り組むなど今も新しい試みに挑み続けています。

また、師匠である古賀政男さんが幼少期を朝鮮で過ごしていた事から韓国の楽曲にも取り組んでいる大川栄策さん。
現地で取材や録音を行うだけでなくCDやアルバムもリリースしています。

もちろん歌手としての活動も続けており2019年4月10日に「未練なんだぜ」をリリース。
ディナーショーやコンサートで日本各地を飛び回る多忙な日々を送っています。

また、「大川栄策歌謡塾」を開き歌の指導をするなど若い世代の育成にも力を入れています。
大川栄策さんは演歌歌手ですが、歌謡塾では演歌だけでなくジャズやポップスの指導も行っているそうです。


大川栄策歌謡塾から次世代の歌手が生まれるのもそう遠くないかもしれません。
日本の心と演歌はこうして次の世代に受け継がれていくのでしょうね。

角川博と妻は再婚?再婚相手の情報は。娘は何人&家族の仲は

コメント

  1. 大川栄策さんの娘さんは、〇〇子さんです。
    今20代です。
    ラジオ番組でも、たまに娘さんのことを話しています。

    • 貴重な情報をありがとうございます。