小林旭が妻、青山京子に感謝。娘、息子と家族の近況

日活のドル箱スターとしての活躍はもちろん、歌う銀幕スターとしても多くのヒット曲を持つ小林旭(こばやしあきら)さん。

ここでは美空ひばりさんとの離婚後に再婚した妻・青山京子さんや、再婚でもうけた娘と息子を取り上げます。

また、小林旭さんの家族や生い立ちについても踏み込んでいきます。

小林旭のプロフィール

愛称:マイトガイ

本名:小林旭

生年月日:1938年11月3日

身長:180cm

出身地:東京都世田谷区

最終学歴:明治大学文学部 中退

所属事務所:夢グループ

小林旭の妻、青山京子について

本名で芸能活動をしている小林旭さん。

出身は東京都世田谷区、身長180 cm、2011年からは夢グループに所属しています。


黒沢年雄さんや狩人の高道さんらも所属する芸能事務所です。

生年月日は、公式プロフィールによると1938年11月3日ですが、梅宮辰夫さんが本人の弟に聞いた話では1935年。

美空ひばりさんは1歳年上の姉さん女房だったとされていますが、実は2歳年下だったのかもしれませんね。

小林旭さんは1955年に第3期日活ニューフェイスに合格。

同期生に二谷英明さんがいます。

その後、主演作「渡り鳥」シリーズや「銀座旋風児」シリーズで映画の全盛期をひた走り、70年代には「仁義なき戦い」シリーズなどで渋い魅力を見せつけました。

ニックネームの「マイトガイ」とは、ダイナマイトのような男という意味。

私生活では、「世紀の結婚」と呼ばれた美空ひばりさんと離婚。

その3年後に女優の青山京子さんと再婚しています。

青山京子さんは旧姓を中西、本名を小林みどりさんといい、1935年11月23日に東京都世田谷区に誕生。

玉川聖学院高等部在学中の1952年、東宝の丸山誠治監督の作品『思春期』のオーディションを受け、2,000人の中から見事合格してデビューしました。

映画公開後に、本名から「青山京子」とし活動します。

映画では『潮騒』や『赤穂浪士』、テレビドラマでは『あにいもうと』『水戸黄門 』『竜馬がゆく』などに出演しています。

中でも『潮騒』は青山京子さんの出世作となりました。

1967年には小林旭さんと結婚して女優業を引退。

決して演技の勉強を怠らなかったという15年間の活動期間に出演した映画は72本といわれています。

昭和の女優史を彩った一人といえるでしょう。

小林旭さんとの結婚を機に女優業をスパッと辞めた青山京子さん。

結婚後は家庭を守ることに専念し、小林旭さんを支え続けました。

大女優から家庭に入り主婦一筋というのはなかなかできることではありません。

きっと強い信念を持っている方なのでしょう。

後年、小林旭さんは製作したテレビドラマやゴルフ場経営の失敗から莫大な債務を背負うことになりましたが、ヒット曲『昔の名前で出ています』で全国のキャバレー回りをして完済。

自分が好きに行動できるのは家庭がしっかりしているからと妻に感謝しているので、青山京子さんの内助の功も大きかったのではないでしょうか。

小林旭の娘と息子

青山京子さんとの間には娘と息子の2児をもうけています。

姉の小林真実(こばやしまさみ)さんは俳優事務所・ブライエンターテイメンツの代表取締役。

世田谷区奥沢にある、2013年設立の若い事務所のようです。

「ブライ(VRAI)」とは、フランス語で「真」という意味。

真の俳優が所属する、真の俳優事務所を目指して立ち上げたのだとか。

小池真護さんと藤公太さんが所属しています。

小林真実さんは俳優事務所の経営以外にも様々な活動をされています。

スリランカカレー屋さん「マチャランカ」の店主や、腸心セラピスト、さらには「アラフィフズ」というバンドのボーカルも務めているそうです。

父親譲りなのか、かなりバイタリティに溢れていることがわかりますね。


また、3人家族で11匹の保護ネコと暮らしているとのことで、猫の保護活動もされているのかもしれません。

3人家族ということなので、おそらく結婚されてお子さんが一人いるのでしょう。

弟の小林一路(こばやしかずみち)さんは、小林旭さんのプライベートレーベルであるマイトガイ・レーベル代表取締役。

株式会社マイトガイ・レーベルのブログを開設いたしました。

2017年は俳優・歌手、そしてプロフェッショナルを目指すタマゴさんたちのお役に立てるように、多種多様なワークショップを企画中です。

ワークショップの告知や開催風景など、本ブログに随時アップしてまいります。

ご期待ください!

株式会社マイトガイ・レーベル 代表取締役 小林一路

レーベルの枠にとどまらず、アーティストのツアーやステージのサポート​、さらには歌手や俳優のデビューや活動のバックアップも行うプロダクションとしての側面もあるようです。

小林一路さんの家族については情報がありませんでしたが、姉の小林真実さんのブログの中にヒントがありました。

2020年1月に、弟夫婦とカレーランチをしたといった内容をつづっています。

この情報から小林一路さんも結婚されていることがわかりました。

姉弟の名前を合わせると「真実一路」。

真実のみを信じ、それを貫くこと。

とてもいい言葉ですね。

姉弟の仲もとても良いようです。

二人とも芸能に携わる仕事を選んだところに両親の影響がうかがえます。

50年以上寄り添った妻の死

小林旭さんの妻、青山京子さんは2020年1月12日、東京都内の病院で亡くなりました。

84歳でした。

肺がんを患っていましたが、最期まで意識を失うことなく、最期の一呼吸まで自分で呼吸して永眠されたそうです。


長女の小林真実さんは、母親の青山京子さんが亡くなった際にブログを更新しています。

青山京子さんは、とても明るく芯の強い人だったそです。

母親として厳しい面もありながら、楽しいことが大好きで、楽しむ時はとことん楽しんだといいます。

また、料理が得意で小林真実さんもたくさんの料理を教わったそうです。

女優を引退してから53年、妻として、母として生涯を全うした青山京子さん。

色んな人から好かれた素敵な母親だったとつづっていました。

女優としてひと花咲かせ、家族に尽くし、充実した幸せな人生だったに違いありません。

小林旭さんもさぞかし肩を落としていることでしょう。

小林旭の両親、家族について

小林旭さんの父は映画の照明技士でした。

東宝や新東宝などで働いていたそうです。

母は若い頃に向島で芸者をしており、小唄や端唄の師匠でもありました。

祖父は宮大工。

子供の頃は『ターザン』のジョニー・ワイズミュラーに憧れていたのだとか。

ダウンタウンの二人が『ダウンタウンDX』のゲストでいちばん怖かった人に小林旭さんを挙げていますが、ケンカは小学校時代から強かったのだそう。

弱い者いじめをする生徒をよく懲らしめていたようです。

おそらくクラスメイトからも一目置かれる存在だったのでしょう。

父は記録映画を撮影する仕事で戦地に赴き、マラリアを発症して帰国。

母は2005年に心不全のため90歳で死去しています。

小林旭さんには弟がおり、名前は小林常男さん。

常男さんは2008年5月の時点では静岡県で熱海マリーナを経営していましたが、現在も経営しているかどうかはわかりません。


『男たちの挽歌』や『レッドクリフ』などで知られる香港映画の巨匠、ジョン・ウー監督も小林旭さんのファンだと公言していますね。

こうしたことから、若い世代が小林旭さんに関心を持つこともあるでしょう。

この機会に、時を経た今でも面白く観ることができるマイトガイのヒット作を楽しんでみませんか。

小林旭と美空ひばりの子供&結婚・離婚の理由とは。田岡一雄との関係は?

小林旭と石原裕次郎・東てる美・高倉健・加山雄三。それぞれのエピソード

黒沢年雄の現在。何度も癌を克服?家族&兄弟も芸能人?安倍晋三を絶賛

二谷英明の前妻(白川由美)とは略奪婚?長渕剛との関係。セドリック&家庭教師のトライとの縁