二谷英明の前妻(白川由美)とは略奪婚?長渕剛との関係。セドリック&家庭教師のトライとの縁

日活黄金期を支えた名優の一人として知られる二谷英明(にたに ひであき)さん。
「ダンプガイ」のニックネームで男女問わずに人気を獲得していました。

二谷英明の前妻はどんな人?

「ダンプガイ」の愛称で親しまれ日活の黄金期を支えた二谷英明さん。
1956年に第3期ニューフェイスの1人として日活に入社していますが、その前はアナウンサーをしていたんです。

1954年に開局と同時にラジオ佐世保に入社した二谷英明さん。
それから約3年に渡ってアナウンサーを務めていました。


二谷英明さんは「自分では左右出来ない何かに導かれた」ことでアナウンサーから俳優に転身。
日活に入社した1956年の映画「沖縄の民」でデビューすると翌年には主演デビュー。

その後も多くの作品に出演し着実に人気を高めていった二谷英明さん。
1961年には石原裕次郎さん、小林旭さんなど当時の日活スターで結成された「ダイヤモンドライン」に加入。
日活アクション映画の黄金時代に多大な貢献を果たしました。

こうして誰もが認めるスターとなった二谷英明さん。
今も昔もスターになるとベビーフェイスや主演を務めたがる俳優が多いですよね。

ですが、二谷英明さんはスターとなってからも敵役や準主演など様々な役を演じています。
また、日活スターの中でも比較的年上であり、人望もあった事から多くの若手俳優から慕われる存在でもありました。

1971年に日活を退社してからも多くの映画やドラマに出演し、歌謡番組の司会としても活躍。
1990年代に入ってからは国内外でのボランティア活動にも尽力。
二谷英明さんは俳優としての演技力はもちろん、人間性も素晴らしい人である事が分かりますよね。

そんな二谷英明さんの妻と言えば女優の白川由美さん。
夫婦仲の良さも有名で1988年〜1993年にはCMで共演していた事も。
芸能界の「おしどり夫婦」を代表する夫婦として知られていました。

ですが、二谷英明さんにとって白川由美さんとの結婚は再婚。
ラジオ佐世保でアナウンサーをしていた頃に一度、結婚していたんです。

気になるお相手ですが一般人の女性とのこと。
それ以外の詳細な情報を見つける事は出来ませんでした。

ただ、二谷英明さんほどの男性と結婚したのがごく普通の女性とは思えません。
きっと容姿端麗で頭脳明晰な女性だったのでしょう。

二谷英明と白川由美は略奪婚

有数のお嬢様学校である頌栄女子学院高等学校在学中に森永製菓のキャンペーンガールとなった白川由美さん。
その後、東宝にスカウトされた事で女優としての道へ。

デビュー当時の白川由美さんのキャッチフレーズは「日本のグレース・ケリー」。
整った顔立ちに育ちの良さと気品を身にまとう白川由美さんにピッタリのキャッチフレーズと言えるでしょう。

そんな白川由美さんと二谷英明さんはラジオで共演した事で意気投合しその後、結婚。
東宝と日活という異なる映画会社に所属する二人の結婚は大きな話題となりました。

ただ、白川由美さんと共演した当時、二谷英明さんは既婚者。
しかも子供もいたそうです。

ところが二谷英明さんは妻子を捨てて白川由美さんと再婚しています。
つまり二谷英明さんと白川由美さんは不倫の末の略奪婚。

清廉潔白さが求められる最近の芸能界。
二谷英明さんと白川由美さんも今の芸能界であれば世間から大変なバッシングを浴びていたはず。

ところが白川由美さんは二谷英明さんと結婚後も評価が衰える事はありません。
それどころか「母親にしたい女性タレント」の常連となっています。

いかに以前の世論が芸能人に寛容だったかが分かりますよね。

二谷英明と長渕剛との関係

誰もが認めるスターとなってからも人格者だった二谷英明さん。
多くの若手俳優から慕われていましたが、二谷英明さんを慕うのは俳優だけではありません。

歌手の長渕剛さんも二谷英明さんの事を慕う一人なんです。

1977年に「雨の嵐山」デビューした長渕剛さん。
その後、歌手として活動を続けていましたが1983年に「家族ゲーム」でテレビドラマ初主演。
共演者には二谷英明さんの妻、白川由美さんも名を連ねていました。

このドラマがきっかけで交流が始まった長渕剛さんと白川由美さん。
1985年には白川由美さんのデビュー曲「おあいそして」の作曲を長渕剛さんが担当しています。


こうして親交を深めていった長渕剛さんと白川由美さん。
その後、家族ぐるみで親交を持つようになったそうです。

そして白川由美さんに自宅に招かれた時に長渕剛さんは二谷英明さんと対面。
すると二谷英明さんは「面白い芝居をする」と長渕剛さんの演技を褒めてくれたんだとか。

当時、俳優として活動する事に迷いがあったという長渕剛さん。
二谷英明さんのこの言葉が無ければ役者を続けていなかったかもしれません。

また、二谷英明さんは長渕剛さんに「お腹がすいたらいつでも来ていい」とまで言ってくれたそうです。
この言葉に甘えるように長渕剛さんは何度も二谷英明さんの自宅を訪れ食事を御馳走になったんだとか。

上京して故郷が恋しかった長渕剛さんにとって二谷英明さんと白川由美さんは東京の「お父さん」と「お母さん」のような存在に。
実際に長渕剛さんは二谷英明さんの事を「お父さん」、白川由美さんは「お母さん」と呼んでいたそうです。

今ではカリスマ的な人気で多くのファンに元気を与える長渕剛さん。
二谷英明さんがいなければ今の長渕剛さんはいなかったと言っても過言ではないかもしれません。

二谷英明は私生活でもセドリックが愛車

長い俳優生活で数多くの作品に出演してきた二谷英明さん。
その中で間違いなく代表作の1つとして名前が挙がるのが刑事ドラマ「特捜最前線」。

二谷英明さんが主役の神代恭介を演じた同作の最高視聴率は27.4%を記録。
約10年に渡って放送される大人気刑事ドラマでした。

今でも好きな刑事ドラマのランキングでは上位にランクインする「特捜最前線」。
ドラマのロケ中にスキーで転倒し事で首を骨折するなど二谷英明さんにとっても忘れられない作品の1つでしょう。

俳優や監督などと同等、もしくはそれ以上にドラマで欠かす事が出来ないのがスポンサー。
「特捜最前線」でスポンサーを務めていたのは日産自動車でした。

そのためドラマ内でも日産自動車の車が数多く登場。
更に二谷英明さんは15年に渡って日産自動車のセドリックのCMに出演していました。
なお、二谷英明さんは私生活でもセドリックを愛車にしていたそうです。

ドラマとCMのおかげで「二谷英明=セドリック」というイメージが世間に定着。
今でもセドリックを見かけると二谷英明さんを思い浮かべる往年のファンも多い事でしょう。

二谷英明と家庭教師のトライには意外な繋がり

数多くのユニークなCMで話題を集める「家庭教師のトライ」。
かつて二谷英明さんが出演する「特捜最前線」の映像がCMで使われた事もありました。

なぜ二谷英明さんの映像が家庭教師のトライで使用されたのか疑問に思った人も多いでしょう。
実は、二谷英明さんと家庭教師のトライには意外な関連があったんです。

家庭教師のトライを運営する株式会社トライグループ。
2020年時点で同社の代表取締役社長を務めているのが二谷友里恵さんです。

「二谷」という名字でピンと来た人は多いでしょう。
二谷友里恵さんは二谷英明さんと白川由美さんの間に誕生した娘なんです。

幼稚舎から慶應に通うなど絵にかいたような箱入り娘だった二谷友里恵さん。
慶應義塾女子高校在学中に二谷英明さんと共にCMに出演し芸能界入り。

1987年3月に慶應義塾大学を卒業した二谷友里恵さん。
その僅か3か月後に郷ひろみさんと結婚した事は当時、大きな話題となりました。

郷ひろみさんとの結婚を機に女優を引退した二谷友里恵さん。
ただ、結婚後も仕事は続けており1988年にはファッションブランドを立ち上げ。
デザイナー、実業家として活動しながら2人の娘を育てるとう多忙な日々を送っていました。

公私に渡って順風満帆と誰もが思っていた二谷友里恵さん。
ところが1998年4月に郷ひろみさんと離婚。

それから約2年後となる2000年8月に二谷友里恵さんは家庭教師のトライの創業者である平田修さんと再婚。
二谷友里恵さんが株式会社トライグループの社長となったのは再婚から5年後の2005年4月。


二谷友里恵さんが社長になったタイミングで平田修さんは会長に。
まさに公私に渡るパートナーとして今も二人三脚で歩み続けています。

こうして家庭教師のトライとの繋がりが出来た二谷英明さん。
もし二谷友里恵さんが社長になっていなければ「特捜最前線」の映像がCMに使用される事はなかったでしょう。

二谷友里恵が現在は社長?娘はテレビ局勤務?再婚した夫(平田修)はトライグループ創始者!

白川由美の葬儀、死因について。実家は名家?娘孫夫はだれ?

コメント