黒沢年雄の現在。何度も癌を克服?家族&兄弟も芸能人?安倍晋三を絶賛

大御所俳優ながら偉ぶるところが全くない黒沢年雄(くろさわ としお)さん。
俳優に歌手、バラエティと幅広く活躍できるのはそんな人柄が大きく影響しているのでしょうね。

黒沢年雄の家族構成は?

低く渋い声で俳優だけでなく歌手としても活躍した黒沢年雄さん。
若い人達にはバラエティ番組の印象の方が強いかもしれませんね。

黒沢年雄さん高校卒業後、工場作業員や訪問販売、運転手など色々な職業を転々としながら俳優を目指していました。
そして念願が叶って1964年に第4期の東宝ニューフェイスとして芸能界入り。


黒沢年雄さんは東宝の面接にわざと遅刻して「合格させないと映画界の損失になる」と発言したそうです。
今だったら遅刻をした時点で不合格になってしまうかもしれません。
さらにこのような大胆不敵な発言をしたら怒号が飛んでくる可能性もありますよね。

きっと昔の芸能界はちょっと生意気なタイプが可愛がられていたのでしょう。
ただ、黒沢年雄さんだったら普通に面接を受けていても合格していた気もしてしまいます。

ちなみに黒沢年雄さんが俳優を目指したきっかけは「お金持ちになりたいから」だそうです。
建前など一切ない潔いまでの本音ですね。

東宝に入社した黒沢年雄さんは名監督として知られる岡本喜八さんや福田純さんなどに重宝され人気俳優の仲間入り。
ドラマ「ザ・ハングマン」の出演がきっかけで俳優としての地位を確固たるものとしました。

俳優業と並行して歌手としても活躍する黒沢年雄さん。
代表作の「時には娼婦のように」は累計売上が70万枚を超えるなど歌手としても成功を収めています。

そんな黒沢年雄さんが結婚したのは1976年。
お相手はピエール・カルダンの専属モデルやパリのショーに出演するほどの一流モデルだった街田リーヌさん。
二人の出会いのきっかけや馴れ初めは分かりませんでしたが、黒沢年雄さんの方が猛アタックをしたことで交際に発展したそうです。

結婚した翌年の1977年には娘の黒沢レイラさんが誕生。
俳優とモデルを両親に持つ黒沢レイラさんは「三井万裕美」という芸名でタレント活動していた事もありました。

ですが日本ではどうしても二世タレントという目で見られてしまうため25歳の頃に渡米。
その後、アメリカ人の男性と結婚し子供を出産。
現在はアメリカ最大手の不動産会社で不動産コンサルタントとして勤務しているようです。

ですので黒沢年雄さんはおじいちゃんという事になりますね。
黒沢年雄さんが孫と一緒にいる時は目じりが下がりっぱなしの姿が目に浮かびます。

黒沢年雄は兄弟も芸能人?

黒沢年雄さんは全員男の4人兄弟の長男。
俳優になってお金を稼ぎたいという思いの裏には長男故の責任感があったのかもしれません。

東宝に入社後は誰もが知る俳優となった黒沢年雄さん。
実は弟の1人も黒沢年雄さんに負けず劣らずの有名な歌手なんです。

その人とは「3年目の浮気」で知られる「ヒロシ&キーボー」の黒沢博さん。

黒沢博さんは4人兄弟の3男。
エルビス・プレスリーに影響を受けて11歳で歌手になる事を決意したそうです。

すると17歳だった1966年に「寺内タケシとバニーズ」のボーカル兼ギターとしてデビュー。
同バンドで1971年まで活動した後、「ヒロシ&キーボー」として1982年に「3年目の浮気」を発売。

コミカルな歌詞が話題となった「3年目の浮気」はオリコンで3週連続1位を獲得し累計売上は130万枚という大ヒット。
日本有線大賞や全日本有線大賞で最優秀新人賞を受賞するなど「ヒロシ&キーボー」は一躍大人気歌手となりました。

ですが浮気を歌った歌という事で紅白歌合戦には出場できなかったそうです。

なお、「3年目の浮気」は当初、黒沢年男さんにオファーがあったそうです。
ですが楽曲の内容が自分のイメージには合わないとして拒否した事で音楽活動をしていた黒沢博さんに白羽の矢が。

「3年目の浮気」大ヒットの裏にはいくつもの偶然が積み重なっていたんですね。

黒沢年雄は何度も癌から生還?

医療の進歩により一昔前に比べると完治する事も増えてきた癌。
ですが癌で亡くなる人はまだまだ多いですよね。

黒沢年雄さんも過去の癌を発症。
それも1回や2回ではなく何と4回も。

1992年に大腸癌を発症し2008年には膀胱癌、2013年には食道癌、胃癌を発症しています。
癌の治療のため受けた手術は8回。


黒沢年雄さんは高校1年生の時に癌で母親を亡くしています。
そのため黒沢年雄さんが何度も癌になるのは遺伝的なものがあるのかもしれません。

黒沢年雄さんは4か所の癌で8回も手術を受けていますが幸いにも転移は一度もないそうです。
また抗がん剤を飲んだこともないんだとか。

何度も癌から生還している黒沢年雄さんが語る癌治療の最善の方法は「医師を信じること」。

インターネットが普及した弊害で癌についての誤った情報も増えてきています。
ですが黒沢年雄さんは民間療法などは一切信じずに医師を信じて信頼関係を築くようにしているんだとか。

昔から「餅は餅屋」というように専門家に任せるのが一番ということなんですね。
きっと黒沢年雄さんは信頼関係を築けるかどうかでその医師が信じるに足るだけの人物かどうかも判断しているのでしょう。

黒沢年雄が安倍晋三を絶賛?

2019年11月20日に憲政史上最長在任の首相となった事が話題になった安倍晋三さん。

第一次政権は体調不良により約1年で終わっている事から第二次政権を不安視する声も少なからずありました。
ですが現在ではそんな周囲の雑音を払拭する活躍ぶり。
少なからず疑惑や問題はありますが長期政権を担うだけの政治力と求心力は衰える事はありません。

黒沢年雄さんも安倍晋三さんの政治手腕を高く評価する一人。
ブログで行動力と精神力、度胸や振る舞いを絶賛。
安倍晋三さんが素晴らしいが故に「次の総理は大変」とまで語っています。

また、俳優の佐藤浩市さんが映画「空母いぶき」で総理大臣を演じた時のこと。
「ストレスに弱くお腹を下しやすい設定にしてもらった」と発言し安倍晋三さんを揶揄するものだと騒動になりました。

この時も黒沢年雄さんは安倍晋三さんを改めて高く評価。
それと同時に佐藤浩市さんについて「まだ若い部分があった、許してあげて欲しい」と擁護するコメントもしています。

黒沢年雄さんが如何に安倍晋三さんを評価しているかが良く分かりますよね。
また、後輩俳優を庇う優しさも持ち合わせている事も分かりました。

黒沢年雄の現在の活動は?

一時期に比べるとテレビで見かける事が減ってきた感じがする黒沢年雄さん。
年齢が年齢だけにセミリタイアしているのかと心配する人も多いでしょう。

ですが黒沢年雄さんは今も俳優、歌手として現役。
最近は日本各地でコンサートや講演を行っているためテレビ出演が少なくなっているのでしょう。

ただ、娘も独り立ちしている事から昔ほど必死に働く必要が無いのも事実。
黒沢年雄さんは現在の状況について「充実した仕事とほどほどの収入で丁度良い」と語っています。


そのため最近ではテニスやゴルフ、愛犬の散歩と自分の時間を大切にしているようです。
もちろん無理をして身体を壊しては元も子もないので定期的に整体やマッサージに行っています。

長らく日本の芸能界に多大なる貢献をしてきた黒沢年雄さん。
心身共にリフレッシュをしながら体に無理のない範囲でこれからも芸能界の第一線で活躍し続けて欲しいですね。

保科有里は独身?結婚と旦那は石田社長?現在と国籍・経歴プロフィールまとめ!

小林旭が妻・青山京子に感謝。娘・息子ほか家族まとめ

コメント