松田洋治の現在。もののけ姫のアシタカ&アスベルの声優。子役でおしんにも?

子役から俳優へと変わる難しい時期を経て、気がつけば半世紀もの芸歴になる松田洋治(まつだようじ)さん。

『もののけ姫』のアシタカや『風の谷のナウシカ』のアスベルの声を演じた声優としてもおなじみですね。

子役時代から演技力は目を引くものがありましたが、あの国民的ドラマ『おしん』にも出演していたのをご存知でしょうか。

松田洋治は現在舞台を中心に活躍中!

5歳の時にテレビドラマ『母の鈴』でデビューした松田洋治さん。


1967年10月19日、東京都世田谷区砧生まれです。

すでにキャリア47年のベテラン俳優ですね。

青山学院大学文学部教育学科を中退しており、身長は165㎝、アクトレインクラブに所属しています。

かつては名子役として多くのドラマや映画で活躍。

広く知られているのは『仮面ライダーアマゾン』の岡村まさひこ役でしょうか。

今でも松田洋治さんを見るたびに、「あ、まさひこだ」と思う人もいるでしょう。

俳優、声優、ナレーターと多彩な顔を持つ松田洋治さんですが、2022年現在は舞台を中心に活動中。

1985年に『ブライトンビーチ回顧録』で本格的な舞台デビューを果たして以来、『ロミオとジュリエット』『トーチソングトリロジー』『秘密の花園』など、舞台の評価も高いです。

また、39歳からはアニメや声優の専門学校の講師も務めており、今も週に2回ほど教壇に立っているとのこと。

ジブリ映画の主役を務めた声優から直接指導を受けられるのはまたとないチャンス。

生徒の評判も上々のようです。

松田洋治は『もののけ姫』のアシタカ、『風の谷のナウシカ』のアスベルの声優!

声優としても人気の高い松田洋治さん。

ソフト版『タイタニック』『ザ・ビーチ』のレオナルド・ディカプリオの吹き替えや、『風の谷のナウシカ』のアスベル役、『もののけ姫』の主人公アシタカ役も有名です。

『タイタニック』と『もののけ姫』は同じ1997年公開だったこともあり、この年に一躍声優としての知名度がアップ。

1984年の『風の谷のナウシカ』では、どこかまだ少年らしい声だった松田洋治さん。

実に13年を経て、宮崎駿監督の集大成である『もののけ姫』の主人公に抜擢されるとは思いもよらなかったことでしょう。

スタジオジブリのプロデューサー・鈴木敏夫さんは、松田洋治さんが出演する舞台のポスターを見てキャスティングしたとのこと。

以前のアスベル役から13年間、演劇と真摯に向き合い、セリフを大切に芝居をしてきた松田洋治さんを高く評価したのでしょう。

キャラクターに命を吹き込む声優の役割は重大です。

スタジオジブリ作品の魅力やクオリティは声優の力なくしては生まれないものなのでしょう。

松田洋治の子役時代。『おしん』にも出演していた!

子役として芸能活動をスタートした松田洋治さん。


NHK大河ドラマでは、源頼朝と徳川家康の少年時代をそれぞれ演じています。

これも一応主人公を演じたことになりますね。

『仮面ライダーアマゾン』でアマゾン役を務めた岡崎徹さんによれば天才的な子役だったとのこと。

演じる際には助けられていたと明かしています。

1983年から1年間放送された連続テレビ小説『 おしん』でも、おしんの長男・田倉雄役を好演。

『おしん』は明治から昭和の激動期をたくましく生き抜いた女性を描き、驚異的な高視聴率を記録したドラマ。

BSでも再放送されています。

主人公・おしんを小林綾子さん、田中裕子さん、乙羽信子さんが順に引き継いで演じたように、雄役も数名の俳優が演じ分けました。

高等小学校時代を担当したのが松田洋治さんです。

当時、松田洋治さんは15歳か16歳だったので、もう子役とは呼べないかもしれませんね。

長男の雄は親思いで聡明な良い子として演出されていたため、出征して戦死するストーリー展開には涙した視聴者も多かったことでしょう。

ちなみに、松田洋治さんは同年にテレビドラマ版『家族ゲーム』にも出演して注目を集めています。

こちらは『おしん』の雄とは打って変わって落ちこぼれ受験生という役どころ。


こだわりが強く、少し癖のある中学生男子を見事に演じていました。

子役出身者には、とかく子役時代のイメージがつきまとうため、早々に引退したり、将来的に花開かないケースもよくあります。

松田洋治さんが今も芸能の第一線に立ち続けているところに底知れない力量を感じます。

松田洋治は二宮和也・松田優作と似てる?結婚と再婚の相手はだれ?

鈴木敏夫の娘について。自宅は恵比寿、出身は名古屋。作務衣が話題、結婚&年収は?

岡崎徹は現在も人気。事故の原因とは。アマゾン主演に断り、若い頃と経歴まとめ