鈴木敏夫の娘について。自宅は恵比寿、出身は名古屋。作務衣が話題、結婚&年収は?

スタジオジブリのプロデューサーとして、多くの名作を手がけてきた鈴木敏夫(すずき としお)さん。

2021年現在も、ジブリの代表取締役として活躍し続けています。

「仕事人間」のイメージが強い鈴木さんは、プライベートではどのような生活を送ってきたのでしょう。

鈴木さんの娘、恵比寿の自宅、出身地の名古屋、勝負服の作務衣についてご紹介します。

併せて結婚、年収情報に迫ります。

鈴木敏夫のプロフィール


本名:鈴木敏夫

生年月日:1948年8月19日

身長:約160cm

出身地:愛知県名古屋市

最終学歴:慶應義塾大学文学部

鈴木敏夫の娘は?

鈴木さんの娘さんは、鈴木麻実子さんです。

ジブリ映画『耳をすませば』(1995年)で、主題歌の『カントリー・ロード』日本語訳を担当しました。

映画の製作当時は、まだ19歳。

作詞担当は、ヒロインと同世代の少女が最適ということで抜擢されました。

麻実子さんの具体的な経歴や肩書は不明ですが、最近はジブリ取締役の娘として、配信活動を始めています。

ツイッターでは「父と娘のオンラインサロン」を開始。

今話題のクラブハウスにも参入し、親子で配信活動に励んでいます。

麻実子さんは目鼻立ちのはっきりした美人で、まるで女優さんのようですね。

映画好きな親子のため、今後は配信でさまざまな映画について語ってくれることでしょう。

鈴木敏夫の自宅は恵比寿

鈴木さんは40年以上、東京の恵比寿に暮らしてきました。

学生時代からよく恵比寿へ出かけていたといいます。

華やかな渋谷と目黒に挟まれた、静かな雰囲気に惹かれたそうです。

長年同じマンションに暮らしているそうで、最初は4階に住み、途中で8階の空き室も職場として購入。

「アニメージュ」の編集長時代には、60人ほどのスタッフを出入りさせていたそうです。

思い入れのある恵比寿のマンションに暮らし続けながら、必要に応じて同じマンションの空き室を購入してきました。

結果的に病気の両親用をはじめ、次々と部屋を増幅させたそうです。

「仕事は公私混同した方がいい」と語る鈴木さん。

生活と仕事の拠点を恵比寿に定めることで、作業を捗らせていたのでしょう。

鈴木敏夫は名古屋出身

鈴木さんは愛知県名古屋市の出身です。

小学校から高校までは名古屋市に暮らし、慶応義塾大学入学と同時に上京しています。

鈴木さんが名古屋出身ということで、「ジブリは名古屋から始まった」というキャッチコピーすらありました。

2018年には名古屋で、「スタジオジブリ鈴木敏夫 言葉の魔法展」も開催されています。

鈴木さんの筆による文字を通して、ジブリ作品の名言や名場面を味わえる展覧会でした。

ジブリと名古屋を関連づける人は少ないでしょう。

しかし本当の「ジブリマニア」なら、ジブリの重役と名古屋とのつながりまで、知り尽くしているかもしれませんね。

鈴木敏夫の作務衣


鈴木さんはいつも、藍色の渋い作務衣を身にまとっています。

アメリカのアカデミー賞授賞式にさえ、作務衣姿で登場しました。

職人らしい雰囲気を醸していますが、いつも着用するのはなぜでしょう。

ネットの情報では、「着るものを選ばずに済む」ため、いつも作務衣を着ているとのこと。

作務衣を通し、「アニメの職人」というプライドを常に感じることで、仕事へのモチベーションを保っているのでしょう。

彼にとってもっとも着心地のいい、「勝負服」といえそうですね。

鈴木敏夫の結婚

鈴木さんの妻は一般人のため情報はありません。

ただ結婚後、夫婦で1年ほど青物横丁に暮らしたといいます。

その後、先述した恵比寿のマンションへ引っ越したそうです。

仕事と生活を同じマンションでこなしていた鈴木さん。

ストイックな彼を、奥さんは長年支えてきたのでしょう。

鈴木敏夫の年収は?

鈴木さんの年収は公開されておらず、あくまで推測するしかありません。

2021年現在もジブリの代表取締役のため、高額な役員報酬を受け取っているはず。

個人でイベントやテレビ出演もこなしているため、年収は数千万円ではないでしょうか。


ただし収益のほとんどを映画製作費にあてている可能性があるため、手取りは海外セレブには及ばないでしょう。

ジブリ作品のヒットに全力を注いできた鈴木さん。

感染症拡大の危機にもめげず、引き続き活動し続けて欲しいですね。

宮崎駿は左翼思想をアニメに?共産党支持者?原発は当然反対!

宮崎駿、天才の後継者は?細田守、新海誠は拒否?高畑勲とのエピソード

宮崎吾朗の評価・才能は?結婚して嫁と子供がいる?ローニャが評判

天才・高畑勲!宮崎駿との仲&海外の評価は?名言まとめ!左翼思想だった?

コメント