吉本実憂は表参道高校合唱部で話題!父親の噂とは?事務所はオスカー!

『全日本国民的美少女コンテスト』グランプリで、アイドルグループX21の元メンバーの吉本実憂(よしもと みゆ)さん。

現在では、女優として輝く彼女ですが、そのブレイクのきっかけとなったのがTBS『表参道高校合唱部!』でした。

芳根京子さんや森川葵さんといった今をときめく女優さんも出演していましたね。

そんな美しさと演技力を兼ね備えた彼女は、オスカープロモーションの所属です。

ネット上でウワサされるお父さんに関する黒いつながりについても調べてみました!

吉本実憂、TBS『表参道高校合唱部!』に出演!

吉本実憂さんの名前を一躍お茶の間に広めた作品といえば、2015年のTBSドラマ『表参道高校合唱部!』ではないでしょうか?

芳根京子さんが主演を務めたこの作品で彼女が務めたのは、谷優里亞役でした。

それまで、主演作品読売テレビ『獣医さん、事件ですよ』では、困っている人を放って置けないという純情な役が多かった吉本実憂さん。

しかし、この作品では、一転、序盤は主人公や合唱部の邪魔をする悪役を演じておられました。

合唱部顧問の城田優さん演じる鈴木有明が訴訟を起こされるよう仕向ける、クラスメイトを不登校に追い込むなど陰湿な立ち回りも多かったようです。

しかし、その背景には家庭の問題があり、その解決に合唱部が尽力した結果、芳根京子さん演じる香川真琴から入部を打診されるという運びとなりました。

正確には、打診というよりも、谷優里亞の謝罪に対して、それを許す条件が入部だったとのことです。

ちなみに、香川真琴と谷優里亞は志尊淳さん演じる夏目快人を巡っては恋のライバルでした。

最終的には谷優里亞が身を引いており、入部後は心の成長も見られます。

しかし、これらはあくまで役柄として演じたものであり、吉本実憂さんご自身の性格を指すものではありません。

本来の彼女は、北九州市の干潟を裸足で駆け回る天真爛漫な幼少期を過ごされたようですよ!

また、気になった作品を1日1本は観るという勉強熱心な一面も持っています。

吉本実憂、父親に黒いウワサ?

吉本実憂さんのお父さんですが、ネット上では、北九州を拠点に置く指定暴力団の患部なのではないかとウワサされているようです。

たしかに、吉本実憂さんは北九州の出身ではあるものの、お父さんに関してそういった話は出てきません。

これは前項目の『表参道高校合唱部!』で演じた役柄の影響もあるのでしょうか。

例えば、加賀まりこさんはTBS『花より団子』シリーズ放送中には、『道明寺のお母様〜』とよく声をかけられたそうです。

また、2008年の堺雅人さんも大河ドラマ『篤姫』の頃は、『バカ殿!』と街で叫ばれたと語っていました。

このように、演じた役柄を現実世界に持ち込んでしまう方々も多いことは事実ですね。

全日本国民的美少女コンテストのグランプリも、そのお父さんの圧力や忖度ではないかと言われているようです。

しかし、これは根も葉もないガセネタのようですね。

ちなみに、『吉本』という苗字は、福岡県内で378位にあたり、およそ2600人が住まわれていると言われています。

そのなかでも、北九州市小倉が北区110人・南区が90人いらっしゃるそうです。

実際、北九州市全体で見るならば、約640人の吉本さんが生活しているというデータもありました。

仮に、その暴力団の幹部に吉本さんがいらっしゃったとしても、吉本実憂さんのお父さんである可能性は低いのではないでしょうか?

吉本実憂、事務所はオスカー!

国民的美少女コンテストで活躍した方々が多く所属されるオスカープロモーション。

上戸彩さんや福田沙紀さん、忽那汐里さんなどもその1人ですね。

2014年に結成された次世代ユニットX21は、同コンテストのファイナリストが一堂に会したアイドルグループです。

そのなかでリーダーに選ばれた吉本実憂さん。

まさに美少女のなかの美少女ですね!

そんな彼女は、2017年9月17日に卒業後は女優を中心にまた活躍されています。

最初の項目で挙げた『映画1日1本』という習慣は、マネージャーさんから『こんなのも観てないの?』なんて言われたことがきっかけだったといいます。

これも、吉本実憂さんの性格を把握した事務所やマネージャーさんの戦略なのかもしれませんね!

その女優さんのハートに火を付ける方法も独自のノウハウがあるのかもしれません。

吉本実憂さんは、2018年公開の映画『レディ in ホワイト』では体重を5キロ増やして撮影に臨んだそうです。


確かに、ちょっとふっくらされていますね。

まだまだその役者魂の炎はメラメラと燃えたぎっているようです!

籠谷さくらの高校や大学はどこ?実家は佃煮屋で父が社長!さんまにタメ口?

コメント