大島涼花の卒業理由はジャニーズとの熱愛?テニミュ鑑賞で炎上?総選挙順位&人気とは

2017年3月23日にAKB48を卒業した大島涼花(おおしま りょうか)さん。

ご本人曰く、高校卒業を機に、お芝居の道へ進むとのことですが、どうやらこのウラにはスキャンダルがあった模様です。

大島涼花の卒業理由はジャニーズとのスキャンダル?


お相手は、ジャニーズJr.の鈴木舜瑛さんです。

お互いのSNSの裏アカウントが流出し、発覚という流れのようですが、とくにお二人の関係がうかがえるのはLINELIVEでしょうか。

『ilovesutaba』が鈴木舜瑛さん、『qz_eb』

が大島涼花さんのようです。

しかし、大島涼花さんはこの件で卒業となったわけではないようです。

中田ちさとさんや鈴木まりやさんは年齢を理由に、西野未姫さん、大和田南那さん、高橋希良さんは素行不良を理由に、『強制卒業』となったそうです。

こうした前例があるにも関わらず、大島涼花さんの場合は、最終的には自主判断とのことですね。

運営が半ば匙を投げていたとのことですが、強制卒業させようにもしていなかったのは彼女に伸び代を感じていたからでしょうか?

大島涼花、テニミュ鑑賞のマナー悪く炎上?

2.5次元ミュージカルの元祖と謳われる、ミュージカル『テニスの王子様』。

城田優さんや瀬戸康史さんも、かつては出演されるなどイケメン若手俳優の登竜門となっていますね。

そんなミュージカルへ、2018年7月18日、大島涼花さんと大和田南那さんも観劇に行かれたようです。

しかし、これはご本人のブログで記載されたことではありません。

実は、同じ回を観に行った観客がツイッターに書いたことから発覚した模様です。

どうやら観劇マナーが悪かったようですね。

この日はTOKYO DOME CITY HALLでの公演ですので、『1バルの1列目』というのは、1階バルコニー席の1列目ということでしょう。

手すりに足をのっけるというのは、観劇マナーとしては非常に悪いですね。

後ろのお客さんも見にくかったことでしょう。

演劇の道に進みたいという理由でAKB48を卒業した大島涼花さんが本当に?という感じですね。

加えて、跡部景吾役の三浦宏規さん、日吉若役の内海啓貴さんの出演時以外寝ていたとも書かれていますね。

笑いながらキャストの真似、上演中の飲み物を飲むといった返信なども見られました。

また、King & Princeの永瀬廉さん絡みのことで応援や失望など言われていますが、こちらに関しては、大和田南那さんに関してですね。

ちなみに、大島涼花さんはこの観劇の2日前にも、ブログにて大和田南那さんと遊んだことを報告しています。

たくさんのプリクラとともに、楽しそうなお二人ですが、ツイートが本当ならばマナーは守って頂きたいですね。

大島涼花の人気&総選挙順位は?

『AKB48の大島』といえば、大島優子さんを思い浮かべる方も多いでしょう。

実は、ご本人も大島優子さんには憧れを持っているそうで、2012年の総選挙公式ガイドブックでは、すべてのパフォーマンスがすごくて尊敬しているとコメントを残しています。

しかし、知名度こそ劣っても、大島涼花さんも根強い人気を博していました。

なかには、彼女の握手会のために100万円を費やしたツワモノもおられるようです。

13期生としてデビューした大島涼花さんは、第4回から第8回まで総選挙に出馬しています。

最初の2回は圏外だったものの、2014年に行われた第6回の総選挙では、見事80位にランクインされます。

川栄李奈さん、岡田奈々さんとともに『チーム神奈川』名義で『横浜線新型車両導入キャンペーン』の宣伝部長に就任した効果もあったでしょうか。

38thシングル『希望的リフレイン』でシングル表題曲選抜メンバーに抜擢されるなどネクストブレイクを予感させる活躍を見せます。

ところが、翌年の総選挙は圏外と奮いませんでした。

でも、これで終わらないのが大島涼花さんです。

2016年に行われた第8回総選挙では第32位にまでジャンプアップを果たします!

速報では13位と、バリバリ選抜の位置につける衝撃でした。

そして、結果としては、圏外から選抜のすぐ下、アンダーガールズに滑り込むという快進撃です。


この結果に、大島涼花さんも喜びと、涙を見せながら「大好きな横山さんを支えたい」と語っています。

これならば、最初の項目で記述したように素行が悪くても運営が『強制卒業』に踏み切れなかった理由もわかる気がしますね。

大和田南那、現在の事務所は?舞台で活躍中!痩せた?大島涼花とのツアーも話題!

田名部生来、卒業後の事務所はどこ?酒豪でかわいい&舞台で活躍中!?

田野優花の父はダーツバー経営!ハーフ&二階堂ふみに似てる?卒業理由と舞台について

コメント