若月佑美の卒業理由と文春の関係。現在の事務所は?絵は7年連続二科展入選の実力!

乃木坂46きってのボーイッシュなルックスファンからも大人気だった若月佑美(わかつき ゆみ)さん。

そんな彼女は絵心もあり、二科展のデザイン部門にはなんと、7年連続で入選を果たしています。

真面目な性格で知られた彼女が卒業を発表したのは、2018年10月1日のことでした。

しかも2ヶ月後というそのスピードに、ファンからはスキャンダルを疑う声もあるようです。

果たして文春は動いたのでしょうか?

若月佑美の乃木坂46卒業のウラに文春砲?

2018年10月1日、若月佑美さんはブログにて突然の卒業を発表します。

ご自身が加入してから7年の時が経ち、大園桃子さんをはじめとする3期生の成長を見届けたという若月佑美さん。


さらには4期生が入ってくるこのタイミングでご自身としてはやりきったと感じたことがきっかけだそうです。

理由についてはなるほどという感じですが、気になるのはその卒業までのリミットでした。

なんと、同年の11月末で、これはそれ以前から卒業を発表していた西野七瀬さんよりも先の卒業となります。

あくまで、協議の上と語る若月佑美さんですが、グループの中心メンバーが揃って次々と辞めていくというのは運営の戦略として疑問符が残るところですね。

ましてや、発表から卒業まで2ヶ月という人気メンバーにしては異例のスピードとなります。

この背景にはスキャンダルがあるともっぱらのウワサです!

実は、若月佑美さんには過去2度にわたるプリクラ流出スキャンダルがありました。

1度目は2011年9月のことでした。

女性とともに写る『はつめん かれし うける♡』という落書きのものが1枚と、短髪の男性とみられる人物が若月佑美さんの首元にキスしているとみられるものが1枚です。

『出会って5年』という落書きがみられるので明らかに先ほどの『はつめん』の方々とはことなるようですね。

これに関しては、若月佑美さん及び運営からの公式アナウンスがありました。

これは、前述のプリクラの1枚目に関してしか触れていないようにもみえますね。

しかし、この3ヶ月後の2018年12月には新たなるプリクラの流出がありました。

今度は彼氏の顔まではっきりとわかるツーショットプリクラです。

若月佑美さんは『妄走族』、彼氏は『ボス』という落書きがしてありました。

しかも、先ほどのキスプリ以上に濃厚なキスを交わすものまであった模様です。

この結果を受けて若月佑美さんは事実上、謹慎処分となりました。

とはいえ、この期間というと、わずか24日のことでした。

このような過去があり、今回も水面下でスキャンダルがあっての卒業かと見るファンも多いようですね。

しかし、これらプリクラの流出はネット上に出回ったことであり、実際に文春が動いたという事実はない模様です。

若月佑美の卒業に文春砲はなし?むしろ後押し?

若月佑美さんの過去のスキャンダルに文春が関わった可能性は低いようですが、では過去にどういった形で文春が彼女に関わったのでしょうか?

実は、2018年8月25日放送の『直撃!週刊文春ライブ』にて、「業界関係者100人に聞いた『好きな乃木坂』『苦手な乃木坂』」というアンケート調査結果を発表しています。

調査対象がテレビ、広告、雑誌などメディア業界関係者ら76人と、PV撮影やロケ先の飲食店関係者24人の計100人とのことですから、これはメンバーも気になるところでしょうね!

このなかで若月佑美さんの名前が挙がった箇所をいくつか抜粋してみました!

まずはバラエティ番組プロデューサーによると、生駒里奈さんに次ぐ評価ではありますが、若月の名前も挙がるとのこと。

また、元情報番組ディレクターからは最高の評価が聞こえてきました。

若月佑美は良い子すぎてビックリした。好印象しかない。

テレビ東京『乃木坂工事中』では愚直なまでの真面目キャラとしても活躍する彼女、業界関係者間でも悪い声は聞こえてきませんね。

しかも、バラエティや情報番組関係者か名前が挙がっていますので、ご本人が望む女優に加えてマルチな活躍が出来そうです。

若月佑美さんがこの放送を観たのかは定かではありませんが、もしご存知であれば、卒業を後押ししたかもしれませんね。

若月佑美、絵の実力は7年連続二科展デザイン部門入選!

その人間性を評価される若月佑美さんですが、実は絵の実力も相当なものです。

2018年9月5日から国立新美術館で展示された『第103回 二科展』では、若月佑美さんの作品もポスターA部門に入選しています。

『自由』というテーマに、彼女が作った作品のタイトルは『モザイクのような人生』でした。

このタイトル…そういえば、かつて志茂田景樹さんがこのようなツイートをしていました。

偉大なアーティストの先輩この言葉にインスピレーションを受けたのかと思いきや、乃木坂46のメンバーから感じ取ったことのようですね。

また、受賞に際してこのようなコメントも残されています。

若月佑美さんはなんとこれで7年連続デザイン部門入選を果たしています。

この調子ならば、いずれ工藤静香さんが絵画部でもつ1990年から20回入選という記録をも超えていくかもしれませんね。


あるいは、将来的には木梨憲武さんのように個展を開き、日本中を飛び回っているかもしれません。

アーティストとしての若月佑美さんの今後の活躍からも目が離せませんね。

若月佑美がイケメンでかわいい!性格は膝負傷で根性!箸の持ち方&香水が話題

コメント