久米宏の父、オリンピック反対について。横山やすし&黒柳徹子との関係。古舘伊知郎とは不仲?

間違いなく日本を代表するアナウンサーの一人である久米宏(くめひろし)さん。

「ニュースステーション」という新たな形式の報道番組を生み出した事はあまりにも有名ですね。

久米宏の父は久米明?

早稲田大学卒業後、1967年にアナウンサーとしてTBSに入社した久米宏さん。

潜在的な志望者も含めると倍率が千倍とも言われる人気職業のアナウンサー。

ですが久米宏さんは学業の成績が悪く一流企業の推薦が取れなかった事からアナウンサーを志したそうです。


そう聞くとアナウンサーの人気が低かったかというとそんな事はありません。

当時もアナウンサーは人気職業の一つであり、誰でも彼でもなれるような職業ではありません。

そんな難関にも関わらず久米宏さんは軽々と突破。

やはりアナウンサーは久米宏さんの天職なのでしょう。

アナウンサーになった当初、緊張と激務から体調を崩してしまったという久米宏さん。

ですが次第に頭角を現し、TBSを代表するアナウンサーとなりました。

アナウンサーとして全国的な知名度と人気を獲得した事で1979年にTBSを退社しフリーに転身。

1985年からは約20年に渡って「ニュースステーション」に出演しニュースキャスターとしての地位を確固たるものに。

その後も長らく第一線で活躍し続けた久米宏さん。

ですが2020年に冠ラジオ番組の「ラジオなんですけど」が終了して以降は仕事量をセーブしています。

久米宏さんが仕事量をセーブするようになった要因は衰え。

年齢による集中力の低下からケアレスミスが多くなった事で仕事量を抑えるようになったようです。

ただ、衰えによって仕事をセーブするのはプライドを持って仕事に臨んできた何よりの証拠。

久米宏さんが日本でも屈指のアナウンサーとなれたのはそれだけ真摯に仕事に向き合ってきたからなのでしょう。

そんな久米宏さんの父親と噂されたのが久米明さん。

久米明さんは声優、ナレーターとして活躍し、2019年には世界最高齢の現役声優としても話題となりました。

アナウンサーも声優やナレーターも武器となるのは声。

耳障りが良く聞きやすい声は遺伝によるものか、と思う人もいるかもしれません。

ですが、久米宏さんと久米明さんは実の親子ではありません。

久米宏さんの実の父親はエンジニア。

ただ、久米宏さんは心の中で久米明さんの事を「お父さん」と思っていたそうです。

もしかすると二人の間には交流があり、久米宏さんは久米明さんに可愛がってもらっていたのかもしれませんね。

久米宏はオリンピック反対を公言

本来であれば2020年に開催される予定だった東京オリンピック。

残念ながら延期となりましたが、4年に1度のスポーツの祭典が東京で開催される事を楽しみにしていた人々は多い事でしょう。

ただ、中にはオリンピックに反対している人々もいます。

実は久米宏さんもオリンピック反対派の一人。

「東京でオリンピックを開催する理由が分からない」とオリンピック招致の段階から反対を公言しているんです。

その思いはオリンピック誘致が決まってからも変わる事はありません。

2017年には自身のラジオ番組で「オリンピック返上すべきか」というテーマでリスナー投票を行った事も。

気になるリスナー投票の結果は「返上」が多数。

「返上」に投票したリスナー数はなんと8割超だったそうです。

オリンピック反対を公言している久米宏さんの番組。

そのためリスナーにも反対派がいる事は予想出来たこと。

とはいえ8割ものリスナーが「返上」に投票した事は予想外だったのではないでしょうか。

2020年現在、2021年に延期が決まったものの、開催が危ぶまれている東京オリンピック。

果たして本当に2021年に開催されるのか否か。

万が一、中止となった時に久米宏さんがコメントする事があるのか。

今から2021年が気になってなりませんね。

久米宏が横山やすしをキャスターに抜擢

かつてはアナウンサーが務めていたキャスター。

ですが近年ではお笑い芸人やアイドルがキャスターを務める事が珍しくなくなってきました。


芸人がキャスターを務める流れを作ったと言われるのが横山やすしさん。

久米宏さんの強い希望により横山やすしさんは「久米宏のTVスクランブル」に出演。

異色の組み合わせが話題となり、同番組は瞬く間に人気番組に。

テレビ大賞の優秀番組賞、ATP賞の最優秀賞を受賞するなど番組自体も高く評価されていました。

ただ、番組が生放送だった事から横山やすしさんが酔っ払って出演したり、暴言を吐くなどトラブルも多数。

そして飛行機に乗り遅れ番組に間に合わなかった事から横山やすしさんは番組を降板する事になってしまいます。

一説によると横山やすしさんがお酒を飲んで番組に出演したのはプレッシャーから。

久米宏さんの勢いに負けないように、という思いからお酒を飲むようになってしまったそうです。

お笑い業界だけでなく日本芸能史に名前を残す横山やすしさん。

そんな横山やすしさんにそれだけのプレッシャーを感じさせるなんて。

やはり久米宏さんも他を圧倒する才能の持ち主なんですね。

何事にも向き不向きがあるように横山やすしさんにはキャスターは合わなかったのかもしれません。

ただ、久米宏さんが横山やすしさんをキャスターに抜擢していなければその後も芸人やアイドルがキャスターを務める事は無かったかも知れません。

久米宏と黒柳徹子の間には確執が?

今や伝説となった音楽番組の「ザ・ベストテン」。

それまでなかったランキング形式と独特な演出は現在でも語り草となっています。

この番組で司会を務めていたのが久米宏さんと黒柳徹子さん。

二人の息ピッタリな掛け合いも大きな話題となりました。

ちなみに黒柳徹子さんのトレードマークである髪型を「タマネギ」と名付けたのは久米宏さん。

それだけ二人は気心が知れた関係だったという事ですよね。

久米宏さんと黒柳徹子さんのおかげもあって国民的番組となったザ・ベストテン。

きっと久米宏さんもやりがいを感じて司会を務めていた事でしょう。

ところが「ニュースステーション」のキャスター就任の話が舞い込んだ事で事態は一変。

アナウンサーという事でキャスターへの思いが強かった久米宏さん。

思い悩んだ末にキャスター就任とザ・ベストテンの降板を決意。

久米宏さんからすれば筋を通すために関係各位に降板とその理由を打ち明けたい所だったはず。

ですがニュースステーションの放送が決まるまではキャスター就任を口外しないようにスタッフから釘をさされてしまったそうです。


そのため久米宏さんはザ・ベストテン降板の本当の理由を誰にも明かす事は出来ないまま降板することに。

黒柳徹子さんからは自宅に呼ばれて理由を問い詰められた事もあったそうです。

それでも真実を語る事は無かった久米宏さん。

そして二人の間に遺恨を残す形で降板する事になってしまいました。

ただ、久米宏さんと黒柳徹子さんが現在も不仲という事はありません。

その証拠に2009年には久米宏さんのラジオ番組に黒柳徹子さんがゲストとして出演しています。

きっとニュースステーションが始まった事で黒柳徹子さんも降板した事を納得したのでしょう。

いつかまた息のあった二人の掛け合いをテレビで見てみたいものです。

久米宏と古舘伊知郎は不仲?

久米宏さんがザ・ベストテンを降板してキャスターに就任した「ニュースステーション」。

同番組のコンセプトは「中学生でもわかるニュース」。

フリップや模型等を使って難解な話題を分かりやすく伝えるための工夫がされていました。

また、それまでのキャスターは中立というのが基本。

ですが久米宏さんは自らの意見を主張する事が少なくありませんでした。

このように従来の報道番組との明確な差別化もあり多くの人々に支持されたニュースステーション。

報道番組にも関わらず視聴率が30%を超えるほどの大人気番組となりました。

ニュースステーションがテレビ朝日の看板番組の1つだった事は間違いありません。

そんな超人気番組のニュースステーションも2004年に終了。

その後継番組として始まったのが「報道ステーション」。

ニュースステーションの後継番組であり、古舘伊知郎さんが司会を務める事から放送開始前から話題となりました。

久米宏さんも報道ステーションを気にかけていると思いきや予想外の反応が。

報道ステーションの司会を務める古舘伊知郎さんに対してコメントを求められると「番組はなくなると聞いている」、「存在しない番組に司会者はいない」と回答しているんです。

この発言を面白く思わなかったのが古舘伊知郎さん。

雑誌のインタビューで「久米さんを冷たい男だと思った」、「久米さんを嫌いになった」とコメントしています。

何事にも忖度しない姿勢が人気の一因である久米宏さんと古舘伊知郎さん。


ですがこれほどまでに互いに敵意を露わにするなんて誰が想像出来たでしょうか。

ただ人に厳しく接するという事は自分にもそれだけ厳しいということ。

二人がアナウンサーとして確固たる地位を確立出来た理由が分かる気がします。

久米宏の年収は億超え?愛車遍歴と今の生活&自宅豪邸。病気と結婚相手について

コメント