葛飾北斎の娘・お栄、辰女について。息子や子孫は? 妻はどんな人物か

浮世絵画家として世界的に評価されている葛飾北斎(かつしか ほくさい)。

大波や赤富士のイメージが強烈な天才絵師ですが、家族について知る人はあまりいないのではないでしょうか。

実は娘のお栄、また辰女という名の娘も絵師として活動していたという記録があります。

今回は北斎の才能を継ぐ娘の詳細をご紹介しつつ、息子はいたのか、子孫の情報、妻についても見ていきましょう。

葛飾北斎のプロフィール

本名:川村鉄蔵

生年月日: 宝暦10年9月23日(推定1760年10月31日)

死没:嘉永2年4月18日(1849年5月10日)

身長:不明

出身地:武蔵国葛飾郡本所割下水(現在の東京都墨田区)

北斎の娘・お栄について

まず北斎の娘で、絵師であったお栄という人物について見ていきましょう。

お栄の情報でわかっていることは少なく、生没年も不詳の謎に包まれた人物と言えます。

確かなのは、北斎の三女であることと、葛飾応為(かつしか おうい)の雅号で浮世絵画家として活動していたことです。


2016年に直木賞作家・朝井まかてさんが発表した「眩(くらら)」は、お栄を主人公にした小説で、翌年にNHKドラマにもなりました。

ドラマでは宮崎あおいさんがお栄を演じたことで話題となっています。

実際のお栄は、あごが四角く出ていたため、北斎からは「あご」と呼ばれていたようです。

北斎の娘であると同時に弟子でもあったお栄は、父の作品の仕上げを担当するなどして腕を磨きました。

同じく絵師である南沢等明と結婚するものの、夫の絵を鼻で笑ったために離縁されるなど、父と同じく礼儀をわきまえない面があったのでしょう。

離婚後は北斎の助手として、死別するまで一緒に暮らし続けています。

そんな彼女の代表作は、『吉原格子先之図』と『夜桜美人図』いう作品です。

いずれも闇と光を効果的に描き分け、女性の美しい姿をほの暗い画面に浮かび上がらせた秀作。

レンブラントのような西洋画を思わせる陰と陽のコントラストが美しく、北斎の作品よりもお栄の作品の方を好む人もいるようです。

これだけ見事な作品を残したにもかかわらず、晩年はどのように過ごしたか不明で、一説では出家し尼になったということでした。

北斎をしのぐ勢いの才能を開花させたお栄ですが、やはりまだ封建的な時代に生きていたこともあり、当時は注目されずに終わったようですね。

北斎の娘・辰女について

北斎の娘に、辰女という名前の絵師がいたとの記録がありますが、何者だったのでしょうか。

娘が3~4人いたとされ、その中のいずれかを指すと言われています。

専門家の研究によると、筆跡と画風の共通点が見られるお栄と同一人物であるという説が有力のようです。

しかし中には、辰女はお栄ではなく、別の娘だったという人もいます。

北斎の次女がお辰という名だそうで、この人物が辰女だとすれば、姉妹で絵師をしていたことになります。

ただしお辰は、嫁いだ先で病気により若くして亡くなったようです。

しかし現時点で、真相は不明のままと言って良いでしょう。

近い将来、辰女の正体が判明する日が来るかもしれませんね。

北斎に息子はいた? 子孫はいるのか

北斎の娘について見てきましたが、息子はいたのでしょうか。

生涯に2回の結婚をした北斎には、合計で6人の子供がいたというのが通説です。

その中の2人が男児で、先妻との間に生まれた長男が富之助、後妻の生んだ次男が崎十郎という名だったと伝わっています。


長男の富之助は、北斎を養子として育てた鏡師・中島伊勢の家督を継いだ後、早死にしています。

次男の崎十郎は、武家に養子として迎えられ、御家人として生涯を送ったようです。

父の画才を継いだのは娘だけのようでした。

これ以降の子孫についてはわかりませんが、これだけ多くの子供が分散していることを考えると、現在まで血筋が続いている可能性はあるでしょう。

北斎の妻について

では北斎の妻はどのような人物だったのでしょうか。

2人の妻との間にそれぞれ一男二女、合計6人の子供をもうけたことの他、詳細はありませんでした。

ただ先妻とは死別していることと、後妻の名前が「こと」だったことは可能性が高いようです。

また北斎は絵の他のことは一切に興味がなく、片付けもせずに「ごみ屋敷」同然の住まいに暮らしていたため、後妻には逃げられたとの説もあります。

家族の中で最期まで一緒に暮らしていたのは、父と同じく天才気質の変わり者だったお栄だけのようですね。

今回は葛飾北斎とその家族について見てきました。

変わり者の天才絵師は、お栄という理解者がいたことで、安心して制作に没頭できたのかもしれません。


葛飾北斎の海外評価と影響。天才の構図とは? 作品の特徴を一挙紹介

葛飾北斎は改名30回、本名は?生涯&性格について。引っ越しの数もすごい

コメント