伊能忠敬の家系図。子孫はキャディー&カフェ経営者。生家と旧宅について

日本列島の姿を明らかにした、江戸時代の測量家である伊能忠敬(いのう ただたか)。

忠敬の家系図をチェックしたところ、子孫は意外な分野で活躍していました。

今回は伊能家の子孫が、キャディーとカフェ経営者であるという情報を確認。

併せて忠敬の生家と旧宅を紹介します。

伊能忠敬のプロフィール

本名:神保三治郎

生年月日:1745年2月11日(延享2年1月11日)

死没:1818年5月17日(文化15年4月13日)

身長:160cm前後

出身地:上総国山辺郡小関村(現在の千葉県山武郡九十九里町小関)

伊能忠敬の家系図:子孫はキャディーの伊能恵子

忠敬の家系図を確認し、子孫がキャディーという情報に迫りましょう。

確認したところ、忠敬の子孫はプロキャディーの伊能恵子さんでした。


2016年の東海クラシックで優勝したプロゴルファーの片岡大育さんを担当したことで有名です。

お顔を確認したところ、高い鼻と凛々しい目元が、驚くほど先祖に似ていますね。

1969年生まれの千葉県出身で、元々は幼稚園教諭を志望していました。

資格を取るべく専門学校進学を目指し、学費を稼ぐためにいったんゴルフ場のハウスキャディーに就職。

23歳でプロゴルファーの夢を見出し、練習と研修会への参加に励む日々を送ります。

しかし30代に入ってもプロにはなれず、夢を諦めました。

それでもゴルフで食べていく道は諦めず、ツアーキャディーになったのです。

2003年、「新潟オープン」で念願の初優勝。

一時は難聴で休業しましたが、2016年に片岡大育さんから、直接帯同を依頼されました。

こうしてツアーに復帰し、3年間で彼を2勝に導いたのです。

片岡さんは恵子さんについて、「歩測勘はすごい。伊能忠敬の子孫だから」と語っています。

面影はもちろん、歩幅で地形を読む正確な能力をも、偉大な先祖からしっかり受け継いだのですね。

伊能忠敬の家系図:子孫はカフェ「いのう」経営者

忠敬直系の子孫で17代目にあたる人が、カフェの経営者となっていました。

カフェは千葉県の佐原にある伊能忠敬記念館の向かいに店を構える「珈琲遅歩庵いのう」です。

江戸時代の風情が残る建物で、入り口横には伊能家の家系図が掛けられており、歴史マニアが楽しめそうですね。

ドラマ『東京バンドワゴン』のロケ地になった歴史的な建物を眺めるだけでも、十分に非日常を味わえるはず。

メニューは挽きたてコーヒーのほか、イチゴセーキや大納言アイスを用意しています。

名物は江戸時代の漆器に入った田舎しるこ。

歴史を感じながら田舎しるこを口にすると、心がほっと落ち着くに違いありませんね。

伊能忠敬記念館を訪れた観光客が、休憩がてら立ち寄るのにちょうど良いお店です。

ただこじんまりした店内のため、混雑する時間帯だと長居はできない様子。

また口コミを見ると、店員さんが忙しそうにしている様子がわかったため、子孫とゆっくり話すことは難しそうですね。

なるべく空いていそうな時間帯を事前にチェックしておいた方が良いでしょう。

伊能忠敬の生家跡に銅像

忠敬の生家は現存しておらず、出生の地「千葉県山武郡九十九里町小関」に石碑が建っています。

石碑は1937年、地元の人々が努力した結果、郷里が生んだ偉人のために建てられることとなりました。

石碑には、言論人として知られた徳富蘇峰による「伊能忠敬先生出生之地」の文字が刻まれています。

また忠敬誕生250周年の際、小関の生家跡へ彼の銅像が建てられました。

この地は公園として整備され、現在に至っています。

華やかな観光地とは言えないかもしれませんが、忠敬ファンであれば足を運んでおきたいスポットですね。

伊能忠敬の旧宅は記念館の向かい側


江戸時代の風情が残る街、千葉県香取市佐原にある伊能忠敬記念館。

小野川を挟んだ向かい側に、忠敬の旧宅があります。

商家作りの平屋で、忠敬が伊能家へ婿入りしてから50歳まで暮らした家です。

伊能家は醸造業などを営んでいたため、土蔵や炊事場、書院なども残っています。

さらに店舗と正門は、忠敬が婿に入る前、すでに建てられていたそうです。

歴史ある街並みが残る佐原の中でも、とくに古い時代の建物ですね。

旧宅の正面には荷揚げ場「だし」があり、現在は観光船の乗り場として使われています。


記念館と旧宅をつなぐのは、小野川にかかる樋橋、通称「じゃあじゃあ橋」です。

通称の由来は橋から流れ落ちる水の音で、「残したい日本の音風景100選」に選ばれています。

忠敬ファンもそうでない人も楽しめる、歴史的な街・佐原。

ぜひ一度足を運んで、歴史的風景を楽しみながら、忠敬に思いを馳せてみたいものですね。

伊能忠敬がすごい。地図精度の高さ、使用道具とは。測量エピソードとルート

伊能忠敬の弟子・間宮林蔵は忍者?服部半蔵との関係。死因は肺炎か

伊能忠敬はどんな人&性格?伊能図の海外の反応、天文学を活かした測量

間宮林蔵の樺太探検。伊能忠敬の弟子、スパイ・隠密としてシーボルト事件に関与?

コメント

執筆・編集者

映画や演劇、文学や歴史などの知識を執筆に反映しています。