松本人志の名言の数々。笑い・オリンピック・勉強が駄目な人へのメッセージまで!!

hitsuji_nowdrawing

お笑いコンビダウンタウンの松本人志さんですが、そのご活躍ぶりはお笑いだけではなくて、映画監督などいろんな分野で拝見することができます。

そんな松本人志さんはこれまで数々の名言を世に放っていらっしゃいます。

笑いについてのものや、オリンピックを題材にしたものなど、数えきれないくらいの名言が残っているといいます。

一体どんな名言なのでしょうか??


松本人志、笑いやオリンピックなどさまざまな名言を放つ!!

お笑い芸人だけでなく、いろいろな分野でいろいろな名言というものがありますよね。有名な方であればあるほどその名言の「影響力」というものは大きくなっていきます。

松本人志さんも「お笑い芸人」として、いろいろな名言をこれまでに残していらっしゃいます。

自身がお笑い芸人ということもあり「笑い」に関しての名言ももちろんあります。

松本人志の言葉と噂される名言とは、

「笑ってるとき、人間はみんな無防備になる。この仕事をやっていて嬉しいのは、その無防備な顔を見ているときだ。どんな美人だろうが、男前だろうが、仕事も、性別も、年齢も、なんにも関係なく、笑ってるときはみんな無防備で、アホみたいな顔してる。その無防備な顔を見られる優越感というか、嬉しさというか」

「笑いっていろいろ種類があるけど、僕の笑いは意外性の笑いだから、どんな頭のいい人でも笑わすことができたというのはその人が予想もつかないことをいえたっていう、なんか優越感みたいなものを覚える。僕にとってその瞬間が、この仕事の醍醐味だ」

「客がくすりとも笑わないこと。それは芸人が見る最悪の悪夢だ。その悪夢が初舞台で実現になった」

長年お笑い芸人として「笑い」と向き合ってきた松本人志さんだからこそ言える言葉の数々ですね。

また、中には

「オリンピックで金メダル摂ったや奴が一番、足が速いと思うなよ。世の中には、もっと足の速い奴がおんねん。速すぎてみつかれへんだけや」

という名言もあります。

金メダルをとった方ももちろん素晴らしいですが、世の中にはもしかしたら才能はあっても表に出てきていないだけの人がいるかもしれませんよね。

今自分が知っている情報が全てだなんて思わず、もっと視野を広く持つことで、気持ちにも余裕が生まれてくるのではないでしょうか。

松本人志、勉強が駄目なひとたちへもエールを??

この名言は、どうやら松本人志さんではく、北野武さんの名言だと思われます。

⇒オフィス北野の「タレント」よりビートたけし

「何かひとつくらい誇れるものを持っている 何でもいいからそれを見つけなさい 勉強が駄目だったら運動がある 両方駄目だったら君には優しさがある 夢をもて目的をもて、やれば出来る こんな言葉に騙されるな 何もなくていいんだ 人は生まれて生きて死ぬ これだけでたいしたもんだ」

さすが巨匠、心にずっしりと響いてくる感じがします。


この名言が松本人志さんのものと勘違いされるほど、松本人志さんの影響力というものがどれほど強いのかが伝わってきますね。
関連記事:松本人志の嫁はさげまん!?アンバランス・山本へのご祝儀の金額はいくら!?

関連記事:松本人志の子供の写真の噂より、嫁との歳の差・馴れ初めのほうが気になる。だっていまだに敬語らしい。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする