ヤマザキマリの息子デルス、現在はハワイ在住&仕事は?

『テルマエロマエ』や『プリニウス』など、歴史を題材とした人気漫画で知られる漫画家・ヤマザキマリさん。

今回はヤマザキさんの息子のデルスさんが、現在ハワイ在住という情報を見ていきます。

また仕事は何をしているのかも確認しましょう。

ヤマザキマリのプロフィール

本名:ヤマザキマリ

生年月日:1967年4月20日

身長:不明

出身地:東京都、北海道千歳市

最終学歴:フィレンツェアカデミア美術学院

所属事務所:クリエイティブガーディアン

ヤマザキマリの息子、デルス

まずはヤマサキさんの息子のデルスさんについて見ていきます。

ヤマザキさんの夫は文学研究者のイタリア人ペッピーノさんです。


しかし2人の間に子供はいません。

つまりデルスさんは、ヤマザキさんの連れ子です。

17歳で高校を中退後、フィレンツェアカデミア美術学院で美術を学んだヤマザキさん。

その時期に学生アパートの隣室にイタリア人の詩人がいて、恋に落ちます。

しかし学生でありながら妊娠してしまい、詩人と別れました。

それでも息子を産み、シングルマザーになったヤマザキさん。

漫画を描き始めたのは、シングルマザーとして生活費を稼ぐためという、かなりシビアな事情によるものでした。

結婚の際は、夫のペッピーノさんもデルスさんも、互いの存在をあっさり受け入れたそうです。

血のつながりはなくても、良好な親子関係を築いているとのことでした。

非常に前向きで、困難を乗り越える力のある家族のようですね。

息子デルスさんの現在。ハワイ在住?

次にヤマザキさんの息子デルスさんが現在、ハワイ在住という情報を見ていきます。

2021年現在、デルスさんはハワイではなく、日本に住んでいる可能性が高いです。

しかし19年までハワイ大学マノア校機械学部に在学していました。

一時期は交換留学で京都大学でも学びます。

機械工学士の称号を取得しハワイ大学を卒業した後は、ネパール旅行に出発。

かつて14歳でヨーロッパを放浪した母のヤマザキさんからも、すぐ就職せず色々体験するようにすすめられたそうです。

一般的な家庭の人とは、やはり感覚が大きく異なりますね。

しかし20年5月、コロナの影響で帰国を余儀なくされました。

以降はおそらく東京に暮らしているのでしょう。

元々ヤマザキさんはハワイに興味がありませんでした。

いわゆる僻地と呼ばれる未開の土地に魅力を感じており、テーマパークのように人気な土地に惹かれなかったようです。

しかしハワイ大学に進学したデルスさんから、「ハワイ、最高だよ」と言われ、訪れてみると魅了されてしまいます。

日本の温泉地同様、心身が癒される土地であることに気づいたヤマザキさん。

息子の大学在学中は、頻繁にハワイに赴き、豊かな自然とリラックスできるビーチでの至福の時間を楽しんだようです。


今でこそコロナの影響もあり、気軽に行ける土地ではなくなってしまったハワイ。

しかし状況が落ち着けば、親子でハワイを再訪することもあり得そうですね。

デルスの仕事は?

最後にデルスさんの仕事を見ていきましょう。

機械工学士の学位を持っていることからわかる通り、当初はエンジニアを目指していたそうです。

しかし漫画家の母の影響もあってか、絵や写真など芸術への関心が強くなり、将来を迷っているとのことでした。

そこでネパールの放浪から何かを発見したいと考えたのかもしれません。

いわば自分探しの旅のはずでしたが、コロナの影響で思うようには進まなかったのでしょう。

帰国後は、日本国内を無理のない範囲で巡り、写真撮影の腕を磨いているようです。

SNSの様子からすると、まだ仕事には就いておらず、何らかの形で創作したい欲求を写真で発散しているのでしょう。


NHK番組『ネコメンタリー 猫も、杓子(しゃくし)も。』で紹介されたヤマザキさんの愛猫ベレンも格好の被写体です。

今後どのような道に進むかわかりませんが、両親の理解があるなら、好きなことに没頭し道を見定めるのもアリかもしれませんね。

母のように放浪期間を経て、情熱を捧げられる道で大成できると良いですね。

ヤマザキマリの夫はイタリア人。仕事はシカゴ大学教員、結婚馴れ初めと離婚の噂

ヤマザキマリ、破天荒な母と父の死。祖父と家族について。学校は聖心?

コメント