草笛光子の髪型。ショートの魅力、なぜ白髪なのか。きれいで素敵な理由とは

年齢を重ねても、ますます美しくなっていく女優の草笛光子(くさぶえ みつこ)さん。

2021年、フジテレビのドラマ『その女、ジルバ』に出演し、若い世代の心もつかんでいます。

今回は草笛さんの髪型、ショートの魅力に迫りましょう。

またなぜ白髪なのか確認し、きれいで素敵な理由を探ります。

草笛光子のプロフィール

本名:栗田光子

生年月日:1933年10月22日

身長:158cm

出身地:神奈川県横浜市神奈川区

最終学歴:神奈川県立横浜平沼高等学校

所属事務所:草琇舎(そうしゅうしゃ)

草笛光子の髪型、ショート

まず草笛さんの髪型、ショートの魅力に迫ります。

草笛さんといえば、さっぱりしたショートのイメージが強いです。

しかし髪の毛をまとめず、長く伸ばした姿もまた魅力的。

どんな髪型も似合う女性といえますね。

ただ多くの熟女が憧れるのは、やはりショートなのでしょう。

白髪を伸ばすと、髪質によってはあまりにボリューミーで、むさくるしい印象になってしまいかねません。

やはり適度にボリュームを加えたショートが、優雅で洗練された印象に見えます。

草笛さんのような、美しい白髪女性を目指す場合、ショートは非常に効果的な髪型です。

草笛光子はなぜ白髪?

そもそも草笛さんは、なぜ白髪を染めないのでしょうか。

実は20代の頃から白髪への憧れがあったそうです。

中年女性とすれ違った際、黒髪に白髪が混ざっている様子を見て、「あんな風になりたい」と思ったとのこと。

白髪を気にしない様子が堂々としていて、かっこよく見えたそうです。

しかし実際に白髪が生え始めると、どうしても染めてしまったといいます。

「白髪は隠さなければ」という義務感にかられたのでしょう。

60代まで白髪を染め続けたという草笛さん。

転機は2002年の舞台『Witウイット』で、がん患者を演じた際、頭を坊主にしたこと。

舞台を終えて髪を伸ばし始めたところ、バランスよく白髪と黒髪が生えてきて、美しいグレーヘアになりました。

この時、「髪を染めなければ」という固定観念から解放されたといいます。

以降は、髪の毛を染めなくなったのです。


白髪になったおかげで、ピンクやブルーなど、鮮やかな色合いの服が似合うようになりました。

気持ちも明るくなり、楽しい人生を送れるようになったそうです。

アナウンサーの近藤サトさんも、白髪染めを辞めた1人。

40代後半で白髪染めをストップさせますが、当初は「何かあったのでは」と、周囲から心配されたそうです。

しかし近藤さんは、東日本大震災以降、防災グッズの中に白髪染めを入れる自分に嫌気がさしていました。

世の中が大変な時でさえ、自分の見栄えにこだわっていることが情けなくなったのでしょう。

その後「若く見られたい」という願望を捨てます。

代わりに「年を取っても、若い子には負けない」と、老いを前向きに受け入れたところ、気持ちが楽になったそうです。

白髪を染めないという決断には勇気が必要ですが、いざ実践してみると、心が軽くなるのでしょう。

2021年に88歳を迎える草笛さん。

明るさと美しさを保ち続けているのは、白髪姿というありのままの自分を受け入れられたためでしょう。

草笛光子がきれいで素敵な理由

草笛さんがきれいで素敵な理由は、白髪を染めず、ありのままの自分を大切に生きているためでしょう。

白髪の自分を受け入れ、自分に合ったコーデを考えるだけでも、明るく楽しい人生を送ることができますね。

自分自身を愛することこそ、美しさをキープし、素敵な人生を送る秘訣でしょう。

白髪を隠さず、ピンクや黄色など鮮やかな色の洋服を合わせるだけで、気持ちも明るくなるはず。


上品で見栄えのいいマダムになるには、白髪を染めないという選択肢を視野に入れておくのも良いですね。

白髪スタイルで、長年輝き続けている草笛さん。

1度きりの人生を楽しくまっとうしたい人にとって、理想のモデルといえますね。

草笛光子、現在は補聴器を愛用。過去の病気と圧迫骨折。健康法と筋トレがすごい

草笛光子の結婚。夫・芥川也寸志との離婚理由と家族。宝塚ではなく松竹歌劇団

草笛光子のファッションセンス抜群&ニューヨークの旅

渡る世間は鬼ばかりキャストの現在とその後
「渡る世間は鬼ばかり」俳優キャストの現在と死。歴代の出演者まとめ

コメント