黒柳徹子のファッションと着物。アクセサリー&指輪でパンダ愛。たまねぎヘアの理由とは

『徹子の部屋』や『世界ふしぎ発見!』などのテレビ番組で、長きにわたって活躍してきたタレントの黒柳徹子(くろやなぎ てつこ)さん。

1度見たら忘れられない、個性的で華やかなファッションスタイルで知られていますね。

今回は徹子さんのファッション、着物、アクセサリー、指輪の詳細を見ていきます。

またなぜ「たまねぎヘア」を貫いているのか、そこにはプロフェッショナルな理由がありました。

黒柳徹子のプロフィール

愛称:トットちゃん、チャック

本名:黒柳徹子

生年月日:1933年8月9日

身長:163cm

出身地:東京都

最終学歴:東洋音楽学校声楽科(現在の東京音楽大学)

所属事務所:吉田名保美事務所

ファッションへのこだわり

徹子さんは自身のファッションについて、「経験」をもとに決めるそうです。

洋服を買う際は試着しません。


見た時の印象でサイズが合い、自分に似合うものを直感的に選ぶといいます。

戦時中、洋服を1枚しか持っていなかった徹子さん。

戦後、ようやく色々な洋服を着られたことが嬉しく、楽しみながら徐々に似合うものを覚え始めたそうです。

「似合わない」とわかっている洋服は、初めから手に取らないようにしています。

また洋服全体の造形や色の他、素材にこだわって選ぶそうです。

革やエナメルは着心地が悪く、似合わないとわかっているため、着用しないとのこと。

確かに革のジャケットを着用した徹子さんの姿は、あまり想像できませんね。

「本当に似合うものだけを身に着ける」というモットーは、洋服以外にも言えることでしょう。

「たまには冒険した方がいいかな」などと、似合わないアクセサリーを無理やり身に着けることはしないのです。

「自分に似合うかどうか」こそ、徹子さんのファッションへのこだわりなのでしょう。

黒柳徹子の着物でチャップリンと対面

『世界ふしぎ発見!』に回答者として出演し続けている徹子さんですが、同番組内ではいつも着物を着ています。

2016年時点で、通算1,400枚以上の着物を着てきたということなので、すでに2,000枚を記録していそうですね。

同番組でいつも着物を着る理由は、「出演者の中に、日本の伝統的服装である着物を着る人が1人もいなかった」ためだそうです。

さらに、「クイズに答えられなくても、着物ならいつもと印象が違って、私だとわからないだろうから」ということでした。

クイズに答えられるか、出演し始めた頃は不安だった様子がうかがえる理由ですね。

ただ徹子さんは、数百回ものパーフェクト回数を記録しており、クイズ王とも呼べる実力の持ち主。

結果的に、教養あるインテリ女性であることを証明して見せました。

また1970年代のニューヨーク滞在時、イースターパレードやパーティなどで、積極的に着物を着たそうです。

珍しい着物姿の女性に、現地の人々は喜んでカメラを向けていました。

何と喜劇王のチャップリンにも喜んでもらえたとのこと。

彼がアカデミー特別賞を受賞した際、振り袖姿の徹子さんはガードマンに、「チャップリンに会いたい」と頼み込みます。

運よく許可をもらえた徹子さん。

日本好きのチャップリンは、振り袖姿の女性だったため対面を許可したそうです。

彼女に対し、「ジャパン!」と叫び、感動していた様子とのことでした。

徹子さんにとって着物は、喜劇王にも喜んでもらえた、思い入れある服装なのでしょう。

黒柳徹子のアクセサリー、指輪がパンダ

徹子さんはいつも、きらびやかなアクセサリーを着けている印象があります。

とくにイヤリングは、ファンが最も注目するアクセサリー。

さくらんぼのかわいいイヤリングは、視覚的にも楽しいですね。

洋風のアクセサリーのみならず、南洋真珠に桜模様を付けた、色蒔絵のイヤリングもすてきでした。

2012年『徹子の部屋』でタレントのローラさんが出演した際には、バラの形をしたイヤリングをプレゼントしてあげたそうです。

さらに野菜の形をしたチョーカーも話題になりました。

さらに注目すべきなのが、指輪です。

パンダの形をした指輪を身に着けた際も、注目を集めました。

日本パンダ保護協会名誉会長を務めているだけあり、パンダへの強い愛が伝わってきますね。

徹子さんのアクセサリーに注目するだけでも、視覚的な楽しみが増えるでしょう。

たまねぎヘアを貫く深い理由

徹子さんのトレードマークといえば、「たまねぎヘア」。

36歳までは、色々な髪型をしていたそうです。

しかしニューヨークで着物を着る時間が増えたことで、和服にも洋服にも合うたまねぎヘアが生まれました。

久米宏さんが「たまねぎのおばさん」と言ったため、名称が決まったそうです。

ずっとこの髪型を貫くのには、深い理由がありました。

著名人を相手に話を聞いてきた徹子さん。

カメラがゲストを正面から映し出すと、徹子さんは後ろ姿しか映りません。

すると髪を下ろした場合、相槌やうなずきなどの動きが、背後からではわかりにくくなってしまうそうです。

そのため、視聴者にリアクションがわかりやすく見えるよう、たまねぎヘアを貫いているとのこと。


たまねぎヘアは単なるファッションではなく、プロMCとしてのこだわりだったのです。

ファッション1つに、プロ意識が垣間見られる徹子さん。

長寿番組のMCとして、末永く活躍し続けて欲しいですね。

黒柳徹子は昔と変わらず、若い頃のニューヨーク留学。英語堪能で美人だった説

黒柳徹子の年収がすごい。ユニセフの報酬、参加のきっかけ。寄付総額と近況とは

黒柳徹子、スクワット健康法が骨折の回復に効果。睡眠と肌の関係とは

黒柳徹子は結婚歴なし。未婚で夫なしも子供の噂。熱愛の恋人とは

黒柳徹子の母は随筆家&父は音楽家。3人の弟と家族、家系図まとめ

黒柳徹子の生い立ちと戦争疎開。小学校退学?幼少期、経歴まとめ

コメント