宮崎吾朗 作品の評価・才能は?結婚して嫁と子供がいる?新作ローニャで好評価!

宮崎吾朗 作品の評価・才能は?結婚して嫁と子供がいる?新作ローニャで好評価!

世間からは「映画監督」と言われる前に「宮崎駿の息子」と言われてしまう宮崎吾朗(みやざきごろう)さん。

そんな宮崎吾朗さんに宮崎駿さんの才能は受け継がれているのでしょうか。

また宮崎吾朗さんの作品はどのように評価されているのでしょうか。

宮崎吾朗に才能は受け継がれているのか

宮崎駿さんという偉大すぎる父を持つ宮崎吾朗さん。
大学卒業後はランドスケープコンサルタントとして公園緑地や都市の緑化などの計画や設計の仕事をしていました。

宮崎吾朗さんがスタジオジブリに入社するきっかけとなったのが三鷹の森ジブリ美術館。
宮崎駿さんがジブリの美術館を作る際に鈴木敏夫さんが宮崎吾朗さんに声をかけたのです。

宮崎吾朗さんは三鷹の森ジブリ美術館の総合デザインだけでなく三鷹の森ジブリ美術館の運営会社である株式会社ムゼオ・ダルテ・ジブリの代表取締役にも就任しました。

それまでアニメーションの世界とは関わりの無かった宮崎吾朗さんですが、スタジオジブリに入社したことでアニメーションに触れる機会が自然と増えたのでしょう。
2006年公開の「ゲド戦記」で脚本・監督を務めることとなります。

アニメーションに関しては全くの素人である宮崎吾朗さんが脚本・監督を務めることにジブリの全スタッフは

(引用)なぜ宮崎駿の息子というだけで監督なんだ(引用)

と反発したそうです。
競争が厳しいことで知られるアニメーション業界なのでこの反発は当然と言えるでしょう。


ですが、ここで諦めないのが宮崎吾朗さんの凄いところ。
自ら絵コンテやレイアウトを書き自分の能力を証明することで周囲のスタッフを認めさせジブリに溶け込んでいったそうです。

宮崎吾朗さんが監督を務めることに関して実は宮崎駿さんも反対をしていたんだそうです。
頑固なことで知られる宮崎駿さんを説得するのは並大抵なことではありません。

宮崎吾朗さんは宮崎駿さんを納得させるために「竜とアレンが向き合っている絵」を書き見せました。
それを見た宮崎駿さんは唸って黙ってしまったといいます。

スタジオジブリのスタッフだけでなく宮崎駿さんまでも認めさせる宮崎吾朗さん。
間違いなく宮崎吾朗さんには宮崎駿さんの才能が受け継がれているようです。

宮崎吾朗作品の評価とは

宮崎吾朗さんが初監督を務めた「ゲド戦記」。
多くの映画評論家からは酷評され、複数の映画評論誌で2006年度の最低映画とさえ言われました。

評論家のみならず世間からの評価もいまひとつ。
100億円を当初の興行収入目標としていましたが、その後は90億円に下方修正したものの最終的な興行収入は76.9億円に終わりました。

通常のジブリ作品の地上波初放送であれば視聴率が20〜30%となりますが「ゲド戦記」の視聴率は16.4%。
これは翌週に放送された「となりのトトロ」よりも低視聴率。

このように「ゲド戦記」の評価は散々なものとなっています。

宮崎吾朗さんは「ゲド戦記」の5年後に「コクリコ坂から」で2作目の監督を務めました。
「コクリコ坂から」の興行収入は44.6億円といまひとつでテレビ放送での視聴率も13.6%に終わっています。

ですが、「コクリコ坂から」は日本アカデミー賞で最優秀アニメーション作品賞を受賞しています。
世間からの評価はそれほど高くはありませんが、専門家からは評価された作品と言えるでしょう。

宮崎吾朗さんは「コクリコ坂から」以降、映画作品で監督はされていませんがテレビアニメ「山賊のむすめローニャ」で監督を務めています。
「山賊のむすめローニャ」は国際エミー賞の子どもアニメーション部門で最優秀賞を受賞するなど国際的に高く評価をされました。

宮崎吾朗さんは着実に高く評価される作品を作っていっているようです。
いずれ父である宮崎駿さんを越える日が来るかもしれません。

宮崎吾朗は結婚してる?嫁はどんな人?

監督として着実に成長している宮崎吾朗さんですが、現在結婚はされているのでしょうか。

調べてみたところ、宮崎吾朗は結婚されていてお子さんもいらっしゃるようです。
ですが奥さんがどんな方であるか、お子さんの性別や人数は公表されていないようです。

宮崎家は大物の集まりなので公表することで周囲が騒がしくなり普通の生活を送りにくくなることは明白です。
なので公表をしていなのでしょう。


宮崎駿の現在は?奥さん、息子(次男)が気になる!自宅と家族を調査!

宮崎駿は左翼思想をアニメに?共産党支持者?原発は当然反対!

宮崎駿 天才の後継者は?細田守、新海誠は拒否?高畑勲とのエピソードも!