高村光太郎、妻・智恵子との関係。子供は?統合失調症とレモン哀歌

愛妻の智恵子を詠った詩『智恵子抄』で有名な高村光太郎(たかむら こうたろう)。

光太郎は彫刻家で詩人、智恵子は画家という芸術家夫婦でした。

今回は光太郎と智恵子との具体的な関係、馴れ初めエピソードを見ていきましょう。

また2人の子供について、さらに智恵子の統合失調症の詳細に迫ります。

高村光太郎のプロフィール

本名:高村光太郎(たかむら みつたろう)

生年月日:1883年3月13日

死没:1956年4月2日

身長:177cm

出身地:東京都台東区

最終学歴:東京美術学校彫刻科(現在の東京芸術大学美術学部)

妻、智恵子の経歴

まず光太郎の妻である智恵子の経歴から見ていきます。

光太郎は彫刻家であると同時に、与謝野鉄幹と晶子夫婦の「明星」で詩人としても活躍しました。


彼の妻となる智恵子は、1886年(明治19年)に酒造業を営む斎藤今朝吉の長女として生まれます。

今朝吉はのちに長沼家へ養子に入るため、智恵子も長沼姓となりました。

1903年(明治36年)、福島高等女学校を総代で卒業後、日本女子大学校へ進学。

在学中、油絵に関心を持ち、自由選択科目の洋画に熱中しました。

大学卒業後は両親の反対を押し切り、洋画家を目指して太平洋画会研究所で絵画を勉強。

1911年(明治44年)、雑誌「青鞜」の表紙絵を担当し、画家として注目を浴びます。

智恵子が光太郎と出会ったのは、ちょうど気鋭の画家として評価され始めていた時期のことでした。

高村光太郎と智恵子の関係、馴れ初め

1911年(明治44年)に智恵子は、大学の先輩である柳八重から光太郎を紹介されます。

光太郎との出会いに感化された彼女は、より熱心に絵画を創作し続け、翌年には「太平洋画会展」に油絵を出品。

さらに「団扇絵展」を開催するなど、精力的に活動します。

そして1913年(大正2年)9月、上高地で光太郎と共に絵を描いたことで結婚の決意を固めました。

元々は芸術家の先輩と後輩にあたる2人でしたが、ついに愛し合う関係となったのです。

1914年(大正3年)12月、2人は千駄木のアトリエで同棲を開始。

経済的には苦しく事実婚だったものの、お互いを支え合いながら、芸術家として有意義な時間を過ごしたのです。

高村光太郎と智恵子の子供は?

光太郎と智恵子には子供がいませんでした。

光太郎に影響された詩人の尾崎喜八によると、高村夫婦は「互いに子供を作らないと決めていた」そうです。

一方で、「智恵子は子供を産みたがっていた」という証言もあります。

おそらく光太郎が「子供を作らない」と決めていたため、妻に自分の意思を押し付けた可能性が高いでしょう。

光太郎は世俗的な父親になるのを拒み、純然たる芸術家であり続けたかったのです。

ただし1919年(大正8年)、智恵子は不妊症治療と思われる手術を受けています。

子宝を望む智恵子に、光太郎が譲歩したため、手術が実現したのでしょう。

しかし智恵子はこの時期、肋膜炎の持病や精神的な不調に悩まされ始めていました。

結果的に病を抱えた身体では、子供を産むことはできなかったのです。

智恵子は統合失調症だった

智恵子は手術を受ける前年に父を亡くし、心労が溜まっていたようです。

さらに実家が破産し、一家は離散。

度重なる不運を味わい、絵画の制作も捗らなくなっていました。

1931年(昭和6年)、光太郎が取材の仕事で留守にしている間、智恵子に統合失調症の兆候が出始めます。

翌年、智恵子は睡眠薬で自殺を図りますが、未遂に終わりました。


これまでは事実婚でしたが、1933年(昭和8年)、光太郎は彼女を支えるため正式に入籍します。

光太郎は彼女を療養させようと、東北地方の温泉へ連れて行くものの、症状は悪化してしまいました。

ついに品川のゼームス坂病院へ入院した智恵子。

精神病には手作業が効果的と聞いた光太郎は、妻のために病室へ千代紙を持参します。

病床の智恵子は千代紙を使って、千点以上の紙絵を創作しました。

1938年(昭和13年)、夏頃から症状が悪化し、紙絵の制作も滞りがちになります。

そして同年10月5日、粟粒性肺結核により52歳で亡くなりました。

光太郎は智恵子の臨終の様子を詩『レモン哀歌』に描いたため、彼女の命日は「レモン忌」と呼ばれています。

妻が亡くなる数時間前にレモンをかじる様子を、美しくつづった「レモン哀歌」。

詩は今なお人々の胸を打ち、彼女の命日は「レモンの日」となりました。

元々は健康体だった智恵子ですが、度重なる不幸や、子供のいない生活に精神を病んでしまったのでしょう。

また彼女は度々、田舎の空気を吸いに東京を出ていたそうです。

芸術のことばかり考えていた光太郎との同棲生活は、おそらく彼女にとって窮屈なものだったのでしょう。

光太郎は智恵子が病気になって初めて、「彼女を支えたい」と考えたに違いありません。


2人は深い愛情で結ばれていたことは確かでしょう。

ただ芸術家夫婦であることを考えれば、『智恵子抄』から想像できる関係より、もう少し闇の深い複雑な関係にあったのでしょう。

高村光太郎の父は彫刻家。戦争責任と生涯。留学体験、岩手での隠遁生活

室生犀星が椅子を振り回す?萩原朔太郎との友情、妻について。犀川と生い立ち

萩原朔太郎は猫好き?イケメンで性格は?娘はエッセイスト&生家と生い立ち

中原中也の死因は? 酒好きな性格がわかるエピソード。鎌倉との縁、愛した旅館

コメント