平塚らいてう、子孫と夫。与謝野晶子との違いと思想。フェミニストとしての主張

婦人雑誌「青鞜」の創刊者である平塚らいてう(ひらつか らいちょう)。

大正期の女性思想家として有名ですが、具体的な活動はあまり知られていないかもしれませんね。

今回はまずらいてうの子孫、夫を確認します。

さらに与謝野晶子との違いを、思想とフェミニストとしての主張から比較しましょう。

平塚らいてうのプロフィール

本名:奥村明(おくむら はる)

生年月日:1886年2月10日

死没:1971年5月24日

身長:不明

出身地:東京都

最終学歴:日本女子大学校家政学部(現在の日本女子大学)

平塚らいてうの子孫

まずらいてうの子孫を確認します。

らいてうは、長女の築添曙生さんと長男の奥村敦史さんをもうけました。


曙生さんの娘で、らいてうの孫にあたるのが、女優でダンサーの築添美可さん。

アングラ劇団「黄金劇場」を経て、「炎美可(ほのお みか)」の芸名で、日劇ミュージックホールのヌードダンサーとなりました。

曙生さんの息子・築添正生さんは、彫金作家でした。

2010年に亡くなり、翌年に遺稿集『いまそかりし昔』が出版されています。

またらいてうの長男・敦史さんの息子は、心理療法士の奥村直史さん。

早稲田大学で心理学を修め、心理療法士や東洋学園大学非常勤講師として活動。

著作『平塚らいてう-孫が語る素顔』で、等身大のらいてうについて詳述しました。

実は非社交的だったらいてうには、「自己表出障害」があったと述べるなど、心理学者らしい見方で祖母を分析しています。

らいてうの子孫は、各分野でマルチに活動していたことがわかりましたね。

平塚らいてうの夫

らいてうの夫は、5歳年下の洋画家・奥村博史です。

彼女が出会った当初は、画家志望の病弱な青年でした。

らいてうは茅ヶ崎の南湖院に肺結核で入院中の奥村と恋仲になり、26歳の時に夫婦別姓で事実婚に至ります。

一度彼がらいてうに別れの手紙を出した際、文中でつばめが飛んできて別れることに触れました。

その手紙をらいてうが「青鞜」で発表した結果、「つばめ」が流行語になり、女性より年下の恋人を「つばめ」と呼ぶようになります。

2人は結局、いったん別れた後によりを戻し、長年寄り添いました。

当時にしては珍しく、「家」に縛られない、自由な恋愛を謳歌したカップルだったのです。

与謝野晶子の違いは?思想、フェミニストとしての主張

平塚らいてうはよく、『みだれ髪』で有名な歌人・与謝野晶子と混同されるようです。

しかし2人は「母性保護論争」を盛んに議論していたフェミニストであり、主張は似ているどころか真逆でした。


「母性保護論争」は女性の出産と育児、仕事に関する論争。

私生活で晶子は、12人もの子供を産んでいます。

一方でらいてうは、2人しか子供を産んでいません。

単純に考えれば、晶子は母性を重視し、らいてうは母性より女性の自立を重視しているように思えますね。

しかし実際に2人が抱いていた思想は逆で、晶子は女性の自立、らいてうは社会による母性の保護を訴えたのです。

子育てに苦労した晶子は、女性は母性に頼らず、もっと自立しなければならないと主張します。

女性が自立能力を持ちながら子育てに専念し、夫と国に保護される状態を批判。

子育てする女性を保護する制度自体は必要と認めつつも、保護を当てにして自立しない女性の在り方に一石を投じます。

いわば「国の妾」になりたがる女性の自立心のなさを指摘したのです。

一方らいてうは、「母親たちを社会で支えよう」と訴えました。

晶子の望むように女性が自立して全員が労働市場に赴けば、労働力が過剰になってしまいます。

結果的に男女労働者が競争し、平均賃金が低下すれば、労働者の生活が困窮しかねません。

だからこそ女性が育児に専念できるよう、社会で支えるべきだと主張したのです。

2人の意見は真逆ですが、それぞれの主張に基づいた制度が今日整えられています。

例えば働く女性が健康保険や失業保険に入るのは、晶子の主張した「自助努力」の成果といえますね。

しかし保険制度を整えているのは税金という点には、らいてうの「社会が女性を支えるべき」という思想が組み込まれています。


2人の主張はそれぞれ的確さとあいまいさが入り混じり、どちらが正しいとは断定できません。

しかし生き方が多様化する現代において、2人の主張の中から参考になる点は、積極的に活用すべきですね。

津田梅子の性格。アメリカ留学で英語力は?生い立ちと経歴、数奇な生涯

広岡浅子、子孫の現在。実際の姉は異母。娘と夫、家系図まとめ

下田歌子の生涯。津田梅子は同志&和歌、明治天皇との関係。袴スタイルの考案者

与謝野晶子の夫・鉄幹と山川登美子の三角関係。情熱的な性格、死因について

コメント