木佐彩子、子供の幹大は青学。夫・石井一久との離婚危機説なぜ

何でも体当たりで挑む姿が人気を博した木佐彩子(きさあやこ)さん。

「バラエティのフジテレビ」の象徴する存在だったと言っても決して過言ではないでしょう。

子供の名前は幹大

2000年3月に石井一久さんと結婚した木佐彩子さん。

翌年12月には長男、幹大さんを出産。

その後子供が誕生したという情報はありませんので子供は一人だけのようです。


2002年に石井一久さんがメジャーリーグに挑戦した事もあり幼少期をアメリカで過ごした幹大さん。

そのため幼稚園は現地のインターナショナルスクールに通っていたそうです。

そして帰国後は青山学院の初等部に入学。

そのまま内部進学して2021年現在、青山学院大学に通っているようです。

芸能人の子供達が多く通う青山学院。

同じような境遇の子供が多い事から進学先を選んだのでしょう。

また、大学まで内部進学が出来ること。

そして木佐彩子さんが青山学院出身という事も決め手になったのでしょうね。

父親が元メジャーリーガーの幹大さんですが意外にも中学までは文化系。

ところが高校になって野球をやりたいと思うようになったそうです。

大学でも野球を続けており、準硬式野球部に所属。

気になるポジションは父親と同じく投手となっています。

きっと同じポジションという事で石井一久さんからアドバイスを貰う事があるのでしょう。

チームメートからしたら何とも羨ましい話ですよね。

ただ、準硬式という事でプロ野球に進むつもりはないのでしょう。

もしかすると木佐彩子さんのようにアナウンサーになるなんて事があるかも。

大学卒業後、どんな道に進むのか非常に楽しみですね。

木佐彩子の夫は石井一久

青山学院大学を卒業した1994年にアナウンサーとしてフジテレビに入社した木佐彩子さん。

明るいキャラクターとどんな仕事にも体当たりで挑む姿勢で大人気に。

当時のフジテレビを代表する女子アナの1人だった事は間違いありません。

そんな木佐彩子さんがアナウンサーを目指したきっかけが女性キャスターの先駆けと言われるコニ—・チャンさん。

父親の仕事の都合により小学2年生から中学2年生までアメリカで過ごした木佐彩子さん。

アメリカ滞在中にコニー・チャンさんを目にした事でアナウンサーを志すようになったんだとか。

英語が得意だった事も武器になると思ったようです。

その一方で帰国後に苦しんだのが日本語。

両親が日本人なので会話は問題が無いレベル。

ただ、漢字の読み書きが非常に苦手。

そのため帰国後は公文に通い、年下の子供達と同じプリントで勉強をしたそうです。

その他、アナウンサーとなる夢を叶えるべく青山学院大学在学中から「CNNヘッドライン」や「ニュースステーション」に出演。

きっと「少しでもアナウンサーとしての経験を積みたい」という思いがあったのでしょう。

こうした努力が実を結び、大学を卒業した1994年にアナウンサーとしてフジテレビに入社。

そして入社3年目の1996年に「プロ野球ニュース」の司会に大抜擢されました。

これが木佐彩子さんにとって公私における大きな転換点となりました。

フジテレビを代表する番組の1つだったプロ野球ニュース。

司会に抜擢されるという事はフジテレビの看板アナウンサーであるという証拠。


そして翌年からは「めざましテレビ」にも出演するなと八面六臂の活躍。

この頃の木佐彩子さんは名実共にフジテレビのエースと呼べる存在でした。

また、プロ野球ニュースの司会を務めた事で球場に足を運ぶ機会が増加。

それに加えて球団担当記者と食事に行く機会も増えた事が縁となり、2000年3月に石井一久さんと結婚しました。

当時、ヤクルトスワローズに所属していた石井一久さん。

最優秀防御率や最多奪三振などのタイトルを獲得し、1997年にはノーヒットノーランを達成。

そして2002年からメジャーリーグに挑戦すると4年間で39勝。

全盛期は世界に通用する左腕だった事は疑いようもない事実でしょう。

それに加えて一流のスポーツ選手とは思えないとぼけた性格も魅力の1つ。

これまでメジャーリーグで活躍した選手の多くは野球に対して真摯に向き合う人ばかり。

ですが、石井一久さんは高校卒業後、野球は辞めるつもりだったそうです。

「スカウトがいっぱい来たから」という理由で継続し、「マンネリ化したから」という理由で引退。

それだけに2018年に楽天ゴールデンイーグルスのGMに就任した際には大きな話題となりました。

そして2021年からは監督兼GMとして実に8年ぶりに現場に復帰。

一体どんな采配を見せるのか、楽天ファンはもちろんプロ野球ファンの注目の的となっています。

木佐彩子には離婚危機説

2019年に情報バラエティ番組で報じられた「女子アナとプロ野球選手が離婚危機」。

ただ、極秘ネタという事で番組内で実名が明かされる事はありませんでした。

するとなぜかネット上で名前が挙がったのが木佐彩子さんと石井一久さん。

2018年から楽天ゴールデンイーグルスのGMになった事で家を空ける機会が増えたのは間違いないでしょう。

また、本拠地が仙台にある事から長期出張も少なくなかったはず。

これらの事からすれ違いが生じ「離婚するのでは」と思われたのかも知れません。

ですが、今でも夫婦仲は良好。

石井一久さんは2021年に楽天ゴールデンイーグルスのGM兼監督となった事で仙台に単身赴任。

そのため毎週末には木佐彩子さんは仙台を訪れているようです。

そして二人揃って一緒に食事をする事も。

もし本当に離婚の危機であれば、わざわざ仙台まで行く事はないはずですよね。

忙しい中、仙台まで行くのは夫婦仲が良好である何よりの証拠と言えます。


石井一久さんが仙台でGM兼監督を出来るのは内助の功のおかげ。

きっと「木佐彩子さんと結婚して良かった」と常に感謝の思いを抱いている事でしょう。

木佐彩子の自宅豪邸は広尾?実家、父親の職業とは。年収や帰国子女の経歴まとめ

石井一久、嫁の木佐彩子と喧嘩しない理由。子供(幹大)は青学で現在も野球部?家が豪邸

石井一久の評判と天才ぶり。メジャー時代の年俸は?悪いコントロールは投球フォームが原因?

八木亜希子、結婚した夫はエリート。子供と離婚の噂。父親コネ入社の噂なぜ

コメント