坂口良子の夫たち。尾崎建夫とは再婚。元夫・田山恒彦との離婚理由とは

坂口良子(さかぐちりょうこ)さんは、若い頃はお嫁さんにしたい女優ナンバーワンに選ばれたこともあったほど人気がありました。

57歳で早逝された坂口良子さんの、実際の結婚生活はどのようなものだったのかを見ていきましょう。

坂口良子のプロフィール

本名:尾崎良子

生年月日:1955年(昭和30年)10月23日

死亡年月日:2013年(平成25年)3月27日

身長:163cm

出身地:北海道余市市

最終学歴:堀越学園高校

所属事務所:アージエス

坂口良子の夫は尾崎建夫

坂口良子さんの夫はプロゴルファーの尾崎建夫(おざきたてお)さんでした。

尾崎建夫さんは徳島県で1954年1月9日に生まれました。


高校時代は海南高校野球部のエースとして活躍し、高校3年の秋、プロ野球のドラフト会議でヤクルトアトムズ(現・東京ヤクルトスワローズ)に3位指名を受けました。

しかし、兄の尾崎将司(おざきまさし)さんと同じ道を歩むと決めてプロゴルファーを目指したそうです。

兄の将司さんも、弟の直道さんも、建夫さん本人も有名なプロゴルファーで「尾崎三兄弟」と呼ばれて広く活躍。

尾崎建夫さんは高校を卒業して3年後にプロゴルファーになり、国内ツアーの通算成績は15勝で、シニアでも5勝しました。

プロゴルファーになるのも難しければ、ツアーで優勝するのはさらに難しいのに、兄弟3人揃って一流のプレイヤーになったのは異例のことです。

尾崎さんは、ドライバーショットが飛行機のジェットのように速かったので、ジェット尾崎という愛称で親しまれています。

尾崎建夫とは再婚だった

坂口良子さんは尾崎建夫さんと1997年10月に知り合い、すぐに意気投合しました。

しかし、坂口さんは仕事が忙しくて子供も幼かったため、交際するかどうか迷っていたといいます。

尾崎さんは、そんな思いを全て受け止めてくれて、1998年に交際がスタート。

1999年に交際がマスコミに知られると、ちゃんと公に交際を認め、すぐ結婚しようかということになりました。

ところが交際開始当時まだ7歳だった娘の杏里さんが、それを断固として反対したのでした。

杏里さんにとっては大好きなお母さんが誰かに取られるのが嫌だったのでしょう。

尾崎さんはゆっくりと時間をかけて、少しずつ杏里さんと親しくなるよう努力し、10年以上経った2012年8月にお二人は結婚したのでした。

坂口良子の元夫とは

坂口良子さんの元夫は、本州開発の常務だった田山恒彦(たやまつねひこ)さんでした。

1984年に旅行先で2人は知人を通して知り合いましたが、田山さんは坂口さんよりかなり年上だったので、既婚者だと当初は思っていたようです。

しかし、田山さんは離婚などを経て独身でしたので、何度か会ううちに結婚を意識するようになり、1986年5月24日に婚約会見。

そして、1986年11月7日にシンガポールで華やかに海外挙式をされました。

坂口良子さんの新婚生活は、2人だけの生活ではなく、当時84歳の義父と19歳の義理の娘、さらに実母も同居してのスタートでした。

それから間も無く長男が誕生し、幸せな生活が続くかに見えましたが、バブル崩壊の影とともに、影を落としていきました。

田山さんが常務をしていた本州開発は地上げ屋で、1987年に税務調査で9億円の申告漏れが発覚したのです。

田山さんは事情聴取を受けた後退職し、独立してヤシマ産業という不動産会社を立ち上げました。


マスコミは当時不動産王で地上げの神様と呼ばれていた、田山恒彦さんの奥さんだった坂口良子さんのことを、「地上げ屋の女房」と皮肉っぽく書き立てたのです。

1991年には娘の坂口杏里さんが生まれましたが、その年にバブルが崩壊し、不動産会社も大打撃を受けたとのこと。

翌年の1992年には田山さんのビルが仮差し押さえになり、坂口良子さんも3億円の借金を背負わされたと噂されたのです。

ついに1994年4月にはヤシマ産業は倒産状態に陥ってしまいました。

坂口良子と田山恒彦の離婚理由

坂口良子さんが田山恒彦さんと離婚したきっかけは、田山さんが経営する不動産会社が経営難に陥ったことがきっかけでした。

経営難がマスコミに知られても、当初、坂口さんは、自分には借金などなく、夫婦でなんとか乗り越えていきたいと語っていました。

ところが、田山さんは勝手に坂口さんのマンションを担保に借金して、さらに実印まで勝手に持ち出していたことがわかりました。

坂口良子さんは田山さんのことが信じられなくなるのも当然で、1994年に離婚したのです。

離婚時も潔く、慰謝料は請求しなかったそうです。

しかし、田山さんが勝手に坂口さんを連帯保証人にしており、40億円もの借金を背負わされての再スタートを余儀なくされたのです。

坂口さんは子供を引き取り、必死で働いてその借金をたったの10年で完済したのでした。

笑顔の裏にこんな苦労があったとは、思いもしませんでした。


尾崎建夫さんと再婚してからすぐに病気になられましたが、もしかして、こんな苦労で病気になってしまったのかもしれませんね。

最期は優しい旦那さんに恵まれて短いながらも幸せな日々を過ごされたのがせめてもの救いでした。

坂口良子、遺産の行方とマンション。実家は下宿経営。闘病と急死について

坂口良子の長男は医師?長女・坂口杏里の転落は子育てが原因?障害疑惑とは

坂口杏里、母親・坂口良子との関係。壮絶な生い立ちと遺産相続。住まいが無い?

坂口杏里、実の父親・田山恒彦との関係。義理の父・尾崎健夫との確執。兄が医者の噂

渡る世間は鬼ばかりキャストの現在とその後
「渡る世間は鬼ばかり」俳優キャストの現在と死。歴代の出演者まとめ

コメント