坂口良子の長男は医師?長女・坂口杏里の転落は子育てが原因?障害疑惑とは

プロゴルファーの尾崎健夫さんと再婚後、わずか7か月で帰らぬ人となってしまった坂口良子(さかぐちりょうこ)さん。

一般人の長男と元タレントの坂口杏里さんは初婚の夫との間にもうけた子供たちです。

今回は、慶應義塾大学出身の医師という噂が浮上している長男と、波瀾万丈の人生を送る坂口杏里さん、また兄妹にささやかれる障害疑惑について追っていきます。

何かとお騒がせな坂口さんについては、母である坂口良子さんの子育てにも注目が集まっているようですね。

坂口良子のプロフィール

本名:尾崎良子

生年月日:1955年(昭和30年)10月23日

死亡年月日:2013年(平成25年)3月27日

身長:163cm

出身地:北海道余市市

最終学歴:堀越学園高校

所属事務所:アージエス

坂口良子の長男は医師という噂は本当?

『前略おふくろ様』『池中玄太80キロ』などで絶大な人気を博し、「お嫁さんにしたい女優」と呼ばれた坂口良子さん。

そんな彼女をお嫁さんにしたのは芸能人ではなく、20歳近く年上の一般男性でした。

坂口良子さんが実業家の田山恒彦さんと結婚したのは1986年のこと。


この結婚で1男1女を授かりますが、夫とは8年で離婚。

子供たちは坂口さんに引きとられて育ちます。

長男の直彦さんは坂口杏里さんより2歳年上ということがわかっているので、おそらく1989年生まれ。

芸能活動はしておらず、一般人なのですが、坂口良子さんと尾崎健夫さんの結婚披露宴を放送したテレビ番組に登場したことから広く知られるようになりました。

この直彦さんについてネット上に流れているのが、慶應義塾大学医学部出身で慶應義塾大学病院に勤務する医師という噂。

はたして本当なのでしょうか。

みなさんこんにちは。

昨日はさんまのSUPERからくりTVの放送でした。

親子三人での共演は同局のぴったんこカン☆カン以来で楽しい時間を過ごさせて頂きました。

歌の方も杏里が頑張ってくれて2位になり、素敵なトロフィーも頂きました。

その前に、直彦さんの名前について少し話を説明をしておきます。

フルネームは「坂口直彦」として知られていますが、これは坂口良子さんの追悼番組で「坂口直彦」と紹介されたから。

しかし、妹の坂口杏里さんが逮捕された際に本名が「野澤瑞恵」と判明したことから、直彦さんも本名は「野澤直彦」である可能性が高まりました。

坂口良子さんの死去時の本姓は「尾崎」、旧姓は「野澤」で、「坂口」は芸名です。

子供たちは、かつては実父の「田山」を名乗っていたと思われますが、離婚後は野澤姓に。

その後、母は再婚しますが、子供たちの名字は変わらなかったということですね。


番組で「坂口直彦」と紹介されたのは、一般人である直彦さんのプライバシーに配慮して、便宜上「坂口」を使用しただけと考えるのが自然です。

直彦さんが医師という噂については、ネット上にあるのは推測や伝聞情報のみ。

慶應義塾大学医学部卒業に関しても、根拠となる情報はありません。

慶應大学病院のHPで医師名を検索をしても、2021年5月現在、「野澤直彦」「坂口直彦」での該当者はなし。

現時点では噂の域をでない情報と言わざるをえないようです。

では、これらの噂の出所はどこなのでしょう。

坂口杏里さんは母の死の直前まで病名を知らされず、尾崎健夫さんをうらんだという話が報じられました。

一方の直彦さんは病名を知っていたといわれています。

このことから、なぜ息子には伝えられたのかという疑問が生まれ、その理由として医師で隠し通せなかったからという憶測が広がったようです。

また、杏里さんが過去に「おバカタレント」として活動していたことも関係があるかもしれません。

その兄がエリート医師ならギャップがあって面白いということで、心ないユーザーがネット上に流したデマ情報の可能性もあるでしょう。

坂口良子の長女・坂口杏里の転落人生

一時は2世タレントとして注目を集めながらも、AVデビュー、デリヘル嬢、2度の逮捕と、絵に描いたような転落劇となってしまった坂口杏里さん。

坂口良子さんは晩年、娘の芸能活動をサポートするために体調不良をおして母娘共演をよくしていました。

最後のテレビ出演も杏里さんと出演した『雨上がり食楽部』です。

兄の直彦さんによると、杏里さんは華やかな世界が好きで、芸能界は絶対にやめないと頑なだったそうですが、2017年9月にタレント引退を発表。

2019年8月には元交際相手のマンションに侵入したとして再び逮捕されました。

その時は、自分は完全に終わったと思ったという杏里さん。

その後、人気YouTuberのシバターさんと電撃結婚、自身もYouTuber活動をスタート。

キャバクラ勤務は2021年現在も続けているようです。

コロナ禍のなかで厳しい状況にさらされているのは飲食業も例外ではありません。

一度は地獄をみた彼女には、なんとか地に足をつけてがんばってもらいたいですね。

坂口良子、子育てができなかった後悔

エッセイ『それでも、生きてく』のなかで、母・坂口良子さんの死去による喪失感をいまだに克服できないと明かしている坂口杏里さん。

トラブルやゴシップで世間を騒がせるようになったのは母を失ってからでした。

精神の均衡がどこかでくずれてしまったのでしょうか。

坂口良子さんは田山恒彦さんとの離婚後、夫の連帯保証人になっていたために莫大な借金を背負うことに。

子供たちを育てながら無我夢中で働き、わずか10年で完済しますが、そのために自らの手で育児ができず、それが後悔の種だったと元マネージャーが語っています。

後年、杏里さんのために畑違いのバラエティに出演したのは、おそらく罪滅ぼしの気持ちもあったのでしょう。

もうすぐクリスマスですね。

今年私が出演する最後の番組が明日放送になります。

関西テレビ 雨上がり食楽部です 12月22日(土)18:30~19:00

関西エリアでしか放送されませんが、是非ご覧になって下さい。

少なくとも芸能界においては、娘が歩む道を整え、お膳立てをしてあげたことはまちがいない坂口良子さん。

しかし一方で、その子育てに冷ややかな目を向ける人も。


自宅に遊びに来た杏里さんの友だちが驚いたというエピソードがあります。

帰宅した坂口良子さんが杏里さんに1万円札を10枚ほど渡し、「これで何かを頼んで食べてね」と言ったのだそう。

子育てをしてあげられなかったわが子を不憫に思い、甘やかしてしまうのも親心としてはわかりますが、親はどこまで子供の後ろ盾になってあげるべきなのでしょうか。

後ろ盾がなくなったとたんに人生が暗転するような子供にならないためには、物わかりのよい親になるよりも、時には突き放し、タフに生き抜く心を鍛えてあげるのも親の仕事ではないかと思います。

子供たちにささやかれる障害疑惑

坂口良子さんの子供たちに、もうひとつ浮上しているのが障害があるのではないかという疑惑。

まず直彦さんについててすが、母の結婚披露宴の席でのスピーチのしかたが不自然という感想が多いようです。

披露宴のようすはバラエティ番組で放送されたのですが、田村正和さんが演じた古畑任三郎のようなしゃべり方だったそう。

もちろん障害をもっているという確たる根拠はなく、単なる疑いにすぎません。

このような舞台で緊張することはよくありますし、一般人の直彦さんにしてみれば、著名人の出席者が注目するなか、テレビ放送もされている状況でのスピーチ。

それに、もしかしたら田村正和さんのファンで、少し格好をつけてしまったのかもしれません。

杏里さんについては、おバカタレントとしてブレイクした頃、簡単なクイズに答えられない、計算ができない、加えて天然のレベルがすごすぎるということで、知的障害なのではないかという疑惑がもちあがりました。

けれども引退後のインタビューで、視聴者が求める坂口杏里像を演じていたことを明かしています。

天然エピソードには多少のネタも含まれていたのでしょう。

杏里さんに関しては、むしろ情緒の不安定さを心配する声も多く、病院を受診してきちんとケアを受けるべきという意見も。


家族のサポートで、なんとか立ち直ってほしいところですね。

晩年も明るくさわやかな個性でお茶の間を元気づけてくれた坂口良子さん。

今ごろ、愛娘・杏里さんのことを天国からどのような思いで見守っているのでしょうか。

坂口良子の夫たち。尾崎建夫とは再婚。元夫・田山恒彦との離婚理由とは

坂口良子、遺産の行方とマンション。実家は下宿経営。闘病と急死について

坂口杏里、母親・坂口良子との関係。壮絶な生い立ちと遺産相続。住まいが無い?

坂口杏里、実の父親・田山恒彦との関係。義理の父・尾崎健夫との確執。兄が医者の噂

渡る世間は鬼ばかりキャストの現在とその後
「渡る世間は鬼ばかり」俳優キャストの現在と死。歴代の出演者まとめ

コメント

執筆・編集者
アスネタ編集部

大手メディアや有名人本人が発信の一次情報を元に記事作成しています。
わかりやすく正しい情報を読者に伝えるべく編集しています。