千葉真一の家族&弟は元俳優。ゆかりの地・君津、空手とアクションは本物

長きにわたり日本のアクション映画を牽引してきた国民的スターで、海外の著名人ファンも多い千葉真一(ちばしんいち)さん。

家族には真瀬樹里さんや新田真剣佑さんら2世俳優がいますが、実の弟もかつては人気俳優でした。

4歳で移り住んだ千葉の君津は、のちの進路に大きな影響を与えたようです。

学生時代から修行していた空手や卓越したアクションにも迫ります。

家族に2世俳優、弟も元俳優

アクションスターとして国内外で活躍し、ジャパンアクションクラブを創設するなど後進の育成にも尽力してきた千葉真一さん。

2019年に芸能生活60周年を迎えましたが、その出発点は東映第6期ニューフェイス合格でした。


その時の成績は、2万6千人の応募者でトップ。

生まれは福岡県福岡市、5人きょうだいの長男で、姉、2人の妹、弟がいます。

父は軍人でテストパイロット、母は学生時代は陸上競技の選手でした。

まもなく父の異動に伴い、家族は千葉県君津市へ転居。

当初、息子の芸能界入りに大反対していた父は、出演作品を観て考えをあらためたそうです。

70年代初頭、千葉さんは両親のために君津に家を新築。

これも親孝行の一環なのでしょう。

2015年に妻・玉美さんと離婚してからは独身の千葉真一さん。

野際陽子さんとの間にもうけた愛娘・真瀬樹里さんは女優として、玉美さんとの間にもうけた新田真剣佑さんと眞栄田郷敦(まえだごうどん)さんは俳優として活躍中。

ここまでは広く知られるところですが、じつは千葉ファミリーにはもう一人、かつて芸能界で活躍した方がいました。

その人は10歳年下の弟、矢吹二朗さん。

「千葉治郎」という別名議もあります。


矢吹さんは文学座附属演劇研究所を経て、ドラマ『ブラックチェンバー』でデビュー。

その後、兄が主宰するジャパンアクションクラブに入り、1971年からは『仮面ライダー』でライダーと共闘するFBI捜査官・滝和也を演じて人気スターに。

『激突!!合気道』『新幹線大爆破』などで兄弟共演もしています。

多くのドラマや映画で人気を集めた矢吹さんでしたが、1982年に芸能活動を引退。

作品をつくる側になりたいという思いや、常に兄と比較される立場への悩みがあったといいます。

引退後はアパレル会社を経営していたそうですが、君津に帰郷後は県の有林保護監視員として保全活動に従事。

2008年にはNPO法人「森林デザイン研究所」を立ち上げて代表に就任しました。

62歳の時には、千葉県袖ケ浦市にあるテーマパーク・東京ドイツ村に「ジージの森」を建設。

「ジージの森」は、自作のツリーハウスやツリーブランコなどが子供に人気のアトラクションエリア。

2019年の時点でも「ジージの森」を運営していることが取材から確認できました。

千葉真一の原点は君津時代?

君津中学校時代は陸上競技や野球といったスポーツに打ち込んでいた千葉真一さん。

そんな千葉さんに体操競技をすすめたのは恩師の松本先生でした。

やがて体操でオリンピックに出場したいと思うようになると、先生は体操なら木更津第一高校へ進学するようアドバイス。

進学校だったため、受験勉強をみてくれる先生も探してくれたといいます。

木更津一高時代は1年生で全国大会上位入賞、3年生で全国大会優勝。

ちなみに、同校の後輩に中尾彬さんがいました。

いまだに顔を合わせると、「前田さん」と本名で挨拶するという中尾さん。

日体大在学中の千葉さんが母校で教育実習をした時の教え子が中尾さんだったのですが、当時は反抗して授業をよくサボる生徒だったとのこと。

芸能界で再会した際は非礼を陳謝したそうです。

千葉真一さんは2019年12月、千葉市健康大使に任命された時点で君津市在住であることがわかっています。

千葉真一の空手は本物

東映入社以前から極真会館の前身である大山道場に通い、極真空手を修行していた千葉真一さん。

1965年に黒帯(初段)となり、1977年飛び段で3段、1984年4段へ昇段しました。

『けんか空手 極真拳』は、師である大山倍達さんの半生を描いた『空手バカ一代』の一部を映画化したもの。

大山総裁を演じた千葉さんは、伝説の「牛との対決」も再現しています。

一番弟子の有明省吾役には実弟の千葉治郎さん。

同作品は「千葉真一の空手は本物」という本職の空手家らの賛辞を獲得することに。


また『激突!!殺人拳』を観たアメリカの映画会社は、「ブルース・リーを超えている」と絶賛して興行権を買い取り、『The Street Fighter 』なる英題をつけて本国で公開。

映画は大ヒットし、権威あるバラエティ誌が初めて日本映画を取り上げるという快挙に。

マーシャルアーツのスターとして、「サニー千葉」の名は海外でも絶大な支持を獲得していきます。

千葉真一といえば、やはりアクション!

空手に拳法、器械体操や乗馬などを生かした全盛期のキレのあるアクションは、いまだに度肝を抜かれます。

危険なシーンもスタントマンにまかせず、自ら演じていたことから、スタッフは「さすが日体大」と舌を巻いていたのだそう。

けれども、さすがにケガが続いた時は父親を受取人にして傷害保険・生命保険に加入したとのこと。

芸能生活20周年を記念した『戦国自衛隊』では主演とアクション監督を兼任。

同作では時速100kmのヘリコプターに宙吊りになったり、馬を駆って地面にある弓と矢を左右に傾いて拾い上げたりと奮迅の活躍。

また千葉真一さんといえば、柳生十兵衛ですね。

若山富三郎さん演じる柳生但馬守や、緒形拳さん演じる宮本武蔵と凄みのある一騎討ちを繰り広げた『魔界転生』も忘れられません。


2020年には国際文化交流への貢献が評価され、文化庁長官表彰をされた千葉真一さん。

俳優活動にとどまらず、監督業やプロデュース業といった幅広い活躍に今後も注目していきましょう。

千葉真一の華麗な家系図。子供たちは俳優。長男、次男、娘について

千葉真一の妻・タマミチバ。現在は離婚。結婚歴、野際陽子との離婚理由とは

野際陽子の夫・千葉真一。息子は真剣佑?最後は娘の腕の中で天国へ

真瀬樹里の結婚と夫について。病気で痩せた?子供がいるのか

コメント

執筆・編集者
アスネタ編集部

大手メディアや有名人本人が発信の一次情報を元に記事作成しています。
わかりやすく正しい情報を読者に伝えるべく編集しています。