古谷徹の結婚歴。元妻・小山茉美との共演。娘・愛美さんが結婚&孫が誕生

2021年で67歳を迎える古谷 徹(ふるや とおる)さん。

彼といえば、アニメ「機動戦士ガンダム」のアムロ・レイを演じた超大物声優として知られてます。

そして近年では、アニメ「名探偵コナン」の人気キャラクター赤井秀一役に抜擢され、ふたたび注目を浴びています。

今回は、そんな古谷さんの結婚歴や孫、娘さんといったプライベートな一面に迫ります。

どうやら彼は2度の結婚をしており、現在は初孫にメロメロとの情報もありました。

また、元妻との関係もファンの間では話題になっているようです。

さっそくそれらの真相に迫りましょう。

古谷徹のプロフィール

生年月日:1953年7月31日

出身地:神奈川県横浜市

血液型:A型

身長:162cm

最終学歴:明治学院大学

古谷徹の結婚歴

古谷さんは、これまでに2度の結婚をしています。

1人目は声優の小山茉美さん、そして2人目は同じく声優の間嶋里美さんです。

小山さんとのエピソードは、次章にて深堀りしていきましょう。


声優の間嶋さんといえば、代表作としてアニメ「ワンワン三銃士」のダルタニヤン役や、アニメ「無敵ロボ トライダーG7」の竹尾ワッ太役が挙げられます。

そんな2人の出会いのきっかけとなったのが、人気アニメシリーズ「機動戦士ガンダム」での共演です。

古谷さんは主人公のアムロ・レイ役を、間嶋さんはジオン公国のスパイ、ミハル・ラトキエ役を演じました。

しかし、この時の古谷さんは前妻の小山茉美さんと交際されていたので、当時は”良き仕事仲間”という関係だったそう。

むしろ、間嶋さんは「仕事に真面目すぎてつまんなそうな男」という第一印象を抱いていたというのですから驚きです。

人生どうなるかわかりませんね。

そして、1985年に間嶋さんとの結婚が発表されました。

「結婚後は声優をやめて家庭に入ってほしい」という古谷さんの希望を受け入れ、その後間嶋さんは声優界から退きます。

引退後は新しい仕事は受けず、過去に演じていたキャラクターの再収録などのオファーは受けているようですね。

今となっては、声優界きってのおしどり夫婦として有名です。

これからも素敵な夫婦生活を送っていただきたいですね。

元妻の小山茉美とは関係良好

前妻である小山茉美さんとは、1976年に結婚し、1983年に離婚しました。

結婚生活は約7年と、少々短かったようですね。

小山さんといえば、アニメ「Dr.スランプ アラレちゃん」の則巻アラレ役を演じたことで知られていますね。

そんな2人の共演作には、アニメ「ドラゴンボール」が挙げられます。

作中では、古谷さんがヤムチャ役を、小山さんがランチ役を演じました。

また、アニメ「機動戦士ガンダム」では、小山さんがキリシア・ザビ役を演じ、共演しています。

離婚後も2人の関係は良好であり、古谷さんのTwitterには「いまでも可愛い良き相棒の小山茉美さんと♪」と、仲睦まじく肩を抱き寄せている写真などが投稿されています。

どうやら2人は円満離婚だったようですね。

もしかすると、売れっ子同士の結婚だったが故に、すれ違いも多かったのもしれません。

その経験を活かして、間嶋さんには「声優を引退してほしい」と伝えている可能性も否定できませんね。

娘が結婚、孫が誕生

古谷さんと間嶋さん夫婦の間には、1992年に長女が誕生しています。


名前は「愛美」さんというそうです。

2016年の古谷さんのTwitterには「娘の就職祝い」と、都内の老舗レストラン「うかいテ亭」で祝う姿がツイートされていました。

また、2017年には、愛美さんが結婚したことを報告しています。

お相手の男性は、「50周年イベントの撮影会でカメラマンをしてくれた好青年」なのだそう。

もしかすると、古谷さんの紹介で2人は巡り合ったのかもしれませんね。

また、翌2018年には初孫の”りっちゃん”が誕生し、古谷さんもすっかり虜になっているようです。

2021年で68歳を迎える古谷さん。


「孫にいいとこを見せねば」と、ますます仕事に精が出るのではないでしょうか。

そんな彼の活躍に、今後も期待が募ります。

小山茉美がアラレちゃんで追悼?元旦那はガンダムの古谷徹!英語がすごい?

永井一郎の死去に追悼。ガンダムで魅せた達人技、二つのコナン&ハリーポッターのはまり役

野沢雅子の子供、娘で格闘家の噂。結婚した夫も声優。姪に孫悟空で電話

コメント

執筆・編集者
アスネタ編集部

大手メディアや有名人本人が発信の一次情報を元に記事作成しています。
わかりやすく正しい情報を読者に伝えるべく編集しています。