寺田理恵子の娘たち。長女ゆりえは大浦龍宇一と結婚。次女は大学生

「アイドル女子アナ」の元祖と言われる寺田理恵子(てらだりえこ)さん。

明るい笑顔と誰からも愛される性格は子供達にも受け継がれているようです。

寺田理恵子のプロフィール

本名:寺田理恵子

生年月日:1961年7月15日

身長:162cm

血液型:A型

出身地:東京都世田谷区

最終学歴:聖心女子学院大学文学部外国語外国英文学科

所属事務所:生島企画室

寺田理恵子の結婚と娘たち

1984年にフジテレビのアナウンサーとなった寺田理恵子さん。

1989年にテレビ番組制作会社のディレクターとの結婚を機にフジテレビを退社してしまいます。

退社してからはフリーアナウンサーとして活動。

古巣のフジテレビの他、TBSでも報道番組の司会を務めるなど変わらぬ人気っぷりをみせました。


また、結婚翌年には娘が生まれるなど公私ともに順調。

そう誰もが思っていた事でしょう。

ところが1998年に離婚。

夫婦ともにテレビ業界で働いていた事から、生活のズレが気持ちのズレとなってしまったのでしょうか。

それ以降はシングルマザーとして育児と仕事を両立していた寺田理恵子さん。

ですが2000年に当時、電通社員だった関本雅一さんと再婚。

それと同時にアナウンサー業からの引退を発表しました。

再婚と引退に加えて結婚相手がNECの元会長、関本忠弘さんの息子。

さらには不倫の末の略奪婚だった事も判明し、大きな話題となりました。

今度こそ幸せな日々が待っていると思いきや結婚した年に、夫が広告費を水増し請求していた事が発覚し電通を懲戒解雇。

その後、幾つかの会社を設立し社長に就任するも業績はあまり芳しくなかったようです。

ただ、2001年に関本雅一さんとの間に女児が誕生。

夫の仕事は必ずしも順調では無かったものの、夫婦仲は決して悪くはなかったようですね。

それ以降、子供を出産したという情報は無いため寺田理恵子さんの子供は娘が2人という事になります。

決して裕福では無かったかもしれませんが、今度こそ温かい家庭を築いていたはず。

ところが2012年12月に大動脈瘤破裂のため関本雅一さんが53歳という若さで死去。

これで再びシングルマザーとなった寺田理恵子さん。

その後、パートで家計を支えていたそうですが、2014年10月に生島ヒロシさんがパーソナリティーを務めるラジオでアナウンス業を再開。

それと同時に生島企画室の所属となり、フリーアナウンサーとして活動するようになりました。

アナウンサーとしての活動に加え、「心とからだ磨きの朗読」を主催し、朗読教室の開催や朗読ボランティアとしての活動も。

その他、アナウンススクールの講師やワークショップ、認知症サポーターなど多彩な活躍をみせています。

長女ゆりえは歌手や女優として活躍中

1990年に長女を出産した寺田理恵子さん。

その長女がシンガーソングライターやタレント、女優などマルチに活動するゆりえさん。

2009年に「藍沢ゆりえ」という芸名でシンガーソングライターとしてCDデビュー。

ところが両親に内緒でのデビューだった事から継父の関本雅一さんが激怒。

芸能活動を中止させられてしまいます。

この対応に不服を申し立てたのがゆりえさんのプロデューサー。

CD製作費やプロモーション費用に掛かった経費の賠償を求め、訴訟を起こされてしまいます。

ただ、未成年だった事もあり本来ならば両親に許可を得るべき。

裁判所もそのように判断したようで、プロデューサーの訴えを棄却。


ですが、それでもあきらめなかったプロデューサー。

再度、訴訟を行うも和解交渉の提案があったようで問題の泥沼化は避けられたようです。

その後、ゆりえさんは改めて芸能活動を開始。

2014年には昭和音楽大学で同級生だった小林夕夏さんとユニット「ユカリエ」を結成。

そして2017年からはギター&ヴォーカルとしてポップロックバンドの「うねり」に参加。

また、持前の歌唱力と母親譲りのルックスを活かして舞台女優としても活躍。

人一倍の行動力で次々に活躍の場を広げていきました。

そして2018年には朗読ライブで母の寺田理恵子さんと初共演。

ゆりえさんはライブだけでなく進行や音響、チラシ作りまで担当したんだとか。

きっと「初共演が素晴らしい物になるように」という思いがゆりえさんを突き動かしたのでしょうね。

寺田理恵子さんも娘との共演は感慨深いものがあった事でしょう。

長女と大浦龍宇一の結婚が大きな話題に

シンガーソングライターや女優、タレントとマルチに活動するゆりえさん。

私生活では2019年3月22日に22歳年上の俳優、大浦龍宇一さんと結婚を発表し大きな話題となりました。

2人が出会ったきっかけはクリスマスの日に行われた舞台の稽古。

ただ、年齢が22歳も離れていた事からこの時は互いに仕事仲間という感じだったのでしょう。

その関係に変化があったのが2018年1月。

大雪のため大浦龍宇一さんの車が立ち往生した際、「何か出来る事はありませんか」と連絡してくれたのがゆりえさん。

その後、2人ともギター好きという共通点もあり意気投合。

そして出会う機会も増えていき、交際が始まったそうです。

ただ、大浦龍宇一さんは過去に離婚歴があり、前妻との間に生まれた息子、主之和さんと暮らすシングルファーザー。

子供の事を考えると結婚を思い悩む事もあったでしょう。

それはゆりえさんも同じこと。

母親として受け入れてもらえるか心配する気持ちがあったはずです。

自分自身も継父と生活した経験がある事から主之和さんの気持ちが痛いほどわかった事でしょう。

ですが、この経験がゆりえさんと主之和さんの関係を良い方向に導いているようです。

大浦龍宇一さんのTwitterを見ると親子というよりまるで姉と弟。

焦って親子になろうとするのではなく、まずは距離を縮める。

この考えが良好な関係を築けている秘訣なのかもしれません。

なお、周囲には心配する声もあった2人の結婚ですが、寺田理恵子さんは賛成。

3人で食事をした際に「途中で返品はしないで」と冗談を交えながら祝福してくれたようです。

寺田理恵子の次女は大学生

2001年に次女を出産している寺田理恵子さん。

芸能活動を行う長女のゆりえさんとは異なり次女は一般人。

そのため詳細な情報は明かされていません。

ただ、寺田理恵子さんのブログやゆりえさんのTwitterから幾つか分かった事が。

次女は2021年時点で現役の大学生で、ダンススクールに通った事もあるほどダンスが好き。

そして何かしらの仕事もしているようです。

2021年現在、あと2年で大学を卒業する次女。

卒業後は一体どんな道に進むのでしょうか。

ゆりえさんと同じく、芸能活動を行うのかもしれません。


寺田理恵子さんのようにアナウンサーを目指す可能性もありそう。

もしアナウンサーとなれば大きな話題となる事は間違いなし。

テレビ番組で親子や姉妹による共演が見られるかもしれませんね。

寺田理恵子の現在。再婚の夫・関本雅一は急逝。離婚した元夫とは

須田哲夫の娘と家族。現在、痩せたのは病気?認知症の母を介護

阿部知代の現在。結婚と引退について。抜群のファッションセンス&年収は?

コメント