木之前葵の結婚、彼氏は?私服姿がかわいい&年収が話題?名古屋競馬での落馬事故

木之前 葵(きのまえ あおい)さんは名古屋競馬の女性騎手として注目をされています。

懸命な騎乗ぶりが人気となり、結婚や私服などプライベートも話題になっていました。

今回は木之前さんの結婚や私服、年収や落馬事故についてリサーチして行きましょう。

木之前葵のプロフィール

本名:木之前 葵 (きのまえ あおい)

身長:149cm

出身地:宮崎県北諸県郡三股町

生年月日:1993年7月10日

所属厩舎:錦見勇夫厩舎 (2013年4月~2020年12月末) / 榎屋充厩舎 (2021年1月1日~)

木之前葵の結婚や彼氏について

まずは気になってしまう木之前葵さんの結婚など男性関係について見て行きます。

かわいらしいルックスもあって競馬ファンや関係者から男性関係が注目されていますが、2021年現在の段階で木之前さんが結婚をしたという情報は確認できませんでした。


彼氏の存在も明らかになっていないことから、まだ恋愛よりも競馬が優先なのかもしれません。

もっとも、外部から遮断されている競馬サークル内で恋愛をしていたならバレにくいので、木之前さんには彼氏が居ないと断言することは難しいでしょう。

2018年の取材で結婚や恋愛について聞かれた際に木之前さんは「今は仕事が楽しい」と言いながらも、将来を含めて結婚願望が無い訳ではないことを明らかにしています。

地方競馬の女性騎手だと宮下瞳さんのように結婚や出産を経て復帰している人も居るので、仮に木之前さんが妻や母親になったとしても競馬を続けることはできるでしょう。

周りがそこまで考えるのは少し気が早いかもしれませんが、競馬界に限らず女性が結婚や出産後に復職しやすい環境を整えて行くのは喫緊の課題とされています。

木之前葵の私服姿がかわいいと話題に

次は木之前葵さんの私服姿についてチェックして行きましょう。

騎手と言えばレースで着ている勝負服のイメージが強いですが、木之前さんは私服のファッションがかわいらしいことでも話題になっていました。

レース中の厳しい表情とは打って変わって、優しい表情と私服姿が良い感じにマッチしてます。

2015年12月6日に行われたイベント後のインタビュー動画がYoutubeにあったのでご覧下さい。

表情や私服も素敵ですが、話す時の仕草からも独特のかわいらしさが伝わって来ました。

他にも私服について調べて行くと素敵なニット姿があったので紹介させていただきます。

木之前さんの貴重なニット姿に是非とも注目して欲しいところですが、健全な男性であればファッション以外にも目が行ってしまうのも仕方がないことでしょう。

オシャレな私服を着て仕事やプライベートを楽しんでいる様子なので、可能であればインスタグラムやツイッターを開設して情報発信をして行って欲しいですね。

木之前葵の年収は驚くべき金額だった

ここでは木之前葵さんの年収について見て行きます。

競馬と言えば「獲得賞金○○億円!」など大きな数字が目に付きますが、賞金の80%はオーナーである馬主さんの懐に入るので騎手の取り分は”全体の5%”と少なめでした。

また、中央競馬(JRA)は全体の賞金額が高いので騎手の取り分も比例して増えますが、木之前さんが所属する名古屋競馬は地方競馬なので賞金自体が高くはありません。

具体的に2020年の名古屋競馬での成績をベースにして木之前さんの年収を計算していましょう。


騎乗回数は758回で勝利数は46勝、肝心の獲得賞金は(31,718,000円)と公式に発表されています。

計算式に当てはめると(31,718,000×5%)なので(1,585,900円)という衝撃の数字が出てきました。

つまり、獲得賞金から算出すると年収は約160万円(月収だと13万程度)となり、中央競馬と同じように騎乗手当や調教手当もありますが金額はかなり少ないそうです。

それでも人気者の木之前さんはメディア関係の仕事による副収入があるので、賞金や手当など全てをまとめると年収は500万円ぐらいはあるのではないでしょうか。

以上のことからも、地方競馬や海外の騎手が中央競馬を目指すのは当然なのかもしれません。

木之前葵が落馬!名古屋競馬の対応に疑問の声も?

最後に木之前葵さんの落馬事故ついて見ておきましょう。

競馬の騎手なので落馬は付き物と言えるところですが、木之前さんが巻き込まれた2019年6月14日の落馬事故は内容だけでなく組織の在り方にも一石を投じました。

まずは落馬をまとめた動画をご覧ください(※予後不良などは発生していないので大丈夫です)

木之前さんはスタート直後に外枠の騎手が内側に進んできたことで落馬をしていますが、地方競馬は位置取りを巡る闘いが激しいので事故自体は珍しいことではありません。

問題なのは落馬後の職員や名古屋競馬の対応で、コース上に木之前さんが倒れているにもかかわらずレースを続行し、競走内容の公平性や安全性に疑問を持つファンも多くいました。

落馬直後の騎手を軽々しく動かすことは危険を伴いますので、少なくともレース自体を不成立にしてコース上に倒れている木之前さんの安全を考えるべきでしょう。

幸いにも落馬による怪我は打撲で済んだことから入院せずに騎乗を続けることが出来ました。

骨折や脳挫傷など大きな怪我に繋がらなかったのは良かったとしても、周囲の対応やレースの内容を見ると不信感や疑念を持ってしまうのは仕方がないことでしょう。

色々な事情はあるでしょうが、人馬の安全や命を最優先する施策をとって欲しいものですね。


ミカエルミシェルの結婚。夫とは事実婚?藤田菜七子との関係、日本好きの理由とJRA初勝利

古川奈穂、競馬学校を留年の理由は落馬?高校退学し競馬へ!ファンの福山雅治から応援

藤田菜七子、彼氏&結婚の噂。家族や両親は競馬と無縁。柴田大知との口論に武豊も驚き?

藤田菜七子の年収&獲得賞金は?愛車はバイク、ホリプロ所属の理由。競馬学校の女性急増

コメント