徳永二男の息子と娘、徳永慶子は家族?弟子は高嶋ちさ子&レッスン料は?

NHK交響楽団のソロコンサートマスターとして活躍し、メディア出演でも知られるヴァイオリニストの徳永二男(とくなが つぎお)さん。

家族にも有名演奏家が複数いますので、詳細を見ていきましょう。

息子と娘の情報、ヴァイオリニストの徳永慶子さんは家族なのかチェックします。

併せて、高嶋ちさ子さんをはじめとする弟子の有名ヴァイオリニストと、レッスン料の情報を確認します。

徳永二男のプロフィール

本名:徳永二男

生年月日:1946年11月20日

身長:非公表

出身地:神奈川県横須賀市

最終学歴:桐朋学園大学

所属事務所:AMATI

徳永二男の息子は一般人

まず徳永さんの息子について見ていきましょう。

かつてインタビューで、息子さんがいることを明かしていましたが、それ以上詳しい情報はありませんでした。

そのため息子さんはヴァイオリニストではなく、一般人なのでしょう。

年齢や職業などの詳細は不明ですが、家柄を考えると、音楽関係の会社に勤めている可能性はありますね。

演奏家にはならなかったものの、父のように活躍する演奏家をサポートする裏方に回ったのかもしれません。

徳永二男の娘の情報はなし

次に徳永さんの娘についてです。

息子さんがいることは分かっていますが、娘さんに関する情報はありませんでした。

娘さんがいるとしても、やはり年齢や職業などの経歴が分からないため、少なくともヴァイオリニストではないはずです。

徳永さんは子供たちに、ヴァイオリニストの道を進むことを強要しなかったようですね。

徳永二男と徳永慶子は家族ではない

2001年からニューヨークを拠点に活躍している、ヴァイオリニストの徳永慶子さん。

日本人として初めてグラミー賞を受賞するという快挙を成し遂げました。

苗字も職業も同じということで、「徳永二男さんとは家族関係にあるのでは?」と誰もが考えるでしょう。

しかし2人に血のつながりはなく、家族ではありませんでした。

ただ同じ苗字ということで、お互いに意識し合ったことはあるのかもしれませんね。

慶子さんは幼少期からヴァイオリン一筋でしたが、国内コンクールではまったく結果を出せませんでした。

もし慶子さんが徳永二男さんの娘さんだとすれば、優秀なヴァイオリニストの父から手ほどきを受けられたはず。

ただ先述の通り、2人は家族ではありません。


慶子さんは手ほどきをしてくれる家族がいなかったためか、スキル向上には苦労したようです。

「日本では活躍できない」と悟った後、高校を中退して単身ニューヨークに渡りました。

名門のジュリアード音楽院に見事合格し、卒業後は弦楽四重奏グループ「アタッカ・カルテット」のアルバムに参加。

アルバム「アタッカ四重奏団/キャロライン・ショウ:オレンジ」は、グラミー賞最優秀室内楽として高く評価されました。

新型コロナウイルス感染症の流行で仕事が激減しましたが、その間に自身の半生をつづった漫画を描き始めます。

漫画は苦労を重ねている音楽家たちの共感を呼んでいるそうですよ。

いずれは漫画家として作品を出版するという、新たな目標もできました。

すでに漫画やイラストの仕事の依頼も来ているため、夢が叶う日は近そうです。

逆境もチャンスに変える、折れない心で活躍を続けているヴァイオリニストですね。

徳永二男の家族は有名演奏家が多数

徳永二男さんの場合、家族に有名演奏家が多数いたため、幼少期から国内で音楽の英才教育を受けられました。

父はヴァイオリニストの徳永茂さん、兄はチェリストの徳永兼一郎さんです。

ヴァイオリンは多くの弟子を輩出した父の茂さんから手ほどきを受け、幼少期からスキルを磨きました。

また兄の兼一郎さんも、NHK交響楽団の首席奏者を務めた一流演奏家でした。

私生活では、ピアニストの徳永扶美子さんと結婚しており、音楽家夫婦として円満に暮らしています。

1996年にがんにより55歳の若さで亡くなるまで、活躍を続けました。

また兼一郎さんの義理の息子さんは、塗装会社を運営しています。


「徳永」から一文字をもらい、社名「マルトク」の法人を率いて長年活動を続けてきました。

有名音楽家を多数輩出しながら、意外なことに塗装業界でも実績を残す、優秀な一族であることが分かりましたね。

弟子は高嶋ちさ子や三浦文彰など

徳永さんは優れた指導者であり、数多くの有名な弟子を輩出しました。

バラエティ番組で毒舌を武器に活躍する高嶋ちさ子さんも、徳永さんの弟子の1人です。

高嶋さんは親分肌で、「自分以外は全員子分」と考えながら生きてきました。

しかし徳永さんのオーラには圧倒され、師匠のパワーを受け継ぐべく弟子入りしたそうです。

高嶋さんがパワフルに活動できるのは、徳永さんから影響されたためのようですね。

師匠と会うときは今でも緊張するそうで、毒舌も控えて恐縮してしまうとのこと。

高嶋さんにとって徳永さんは、唯一反抗できない、絶対的な存在なのです。

またNHK大河ドラマ『真田丸』のオープニングを演奏した三浦文彰さんも、徳永さんの弟子でした。

16歳で世界的なコンクール「ハノーファー国際ヴァイオリン・コンクール」にて、史上最年少優勝を果たした実力者です。

国内外で活躍するヴァイオリニストを輩出したのは、徳永さんの大きな功績ですね。

徳永二男のレッスン料

優秀な弟子を輩出した徳永さんのレッスン料は、かなり高額なのではないでしょうか。

今では個人レッスンを行っておらず、かつてのレッスン料も公開していないため、正確な金額は不明です。

第一線で活躍する徳永さんから手ほどきを受けるなら、それなりの大金を用意できないと厳しいはずです。

もし個人的に教えるなら、1回数万円はかかりそうですよね。

ただ徳永さんは、富裕層だけがレッスンを受けることには違和感を抱いている様子です。

定期的に無料レッスンを開催するなど、良心的な活動を行ってきたためです。

そのためもし個人レッスンをするとしても、想定より安い料金で引き受けてくれるかもしれませんね。

一流ヴァイオリニストのレッスンを受けたい人は、まずはぜひ無料レッスンの開講日をチェックしてみてはいかがでしょうか。


篠崎史紀の息子は打楽器奏者。結婚相手は?家族、弟も音楽家。出身高校&実力とは

石田泰尚、母への想いと家族。若い頃がかっこいい。出身高校と経歴まとめ

高嶋ちさ子の高校・大学・学歴まとめ!経歴とバイオリンの評価&レベルは?

三浦文彰の出身大学&高校、学歴まとめ。父と母もヴァイオリニスト

コメント