小林武史と妻akkoの結婚と離婚。一青窈とは再婚せず。家族が歌手、実家は山形

無名だったMr.Childrenをビッグバンドに押し上げた名プロデューサーであり、環境保全活動を支援するap bankでも知られる小林武史(こばやし たけし)さん。

2022年現在はakkoさんのソロプロジェクトとして活動するMy Little Loverの元メンバーとしてもおなじみですが、じつは彼女とゴールインする前に結婚秒読みといわれた女優がいました。


小林武史さんといえば華やかな女性遍歴も有名ですから、akkoさんとの離婚理由や、その後の再婚情報も気になります。

akkoさんとの間にもうけた子供など家族について、また実家についてもみていきます。

小林武史、妻・akkoと結婚する前は松下由樹と交際

Mr.Childrenの音楽プロデューサーとして大ブレイクしているさなかにMy Little Lover(当時はMY LITTLE LOVER)をデビューさせた小林武史さん。

同ユニットでも、シングル『Hello, Again ~昔からある場所~』、アルバム『evergreen』を大ヒットさせて、その手腕を再び高く評価されました。

小林さんは、かねてからakkoさんをデビューさせたいと考えていたそうです。

出会いは、akkoさんが音大卒業後の進路について知人に相談したのがきっかけでした。

その知人に小林さんを紹介されて会ったとき、Mr.Childrenを知らないakkoさんに小林さんはウケまくっていたとのこと。

そのときのakkoさんの印象について、低域から高域まで、にじんでいるような声質に惹かれたことや、少年性みたいなものを感じたことを明かしています。

ファーストアルバム『evergreen』からメンバーに加入した小林さんは、翌年の1996年にakkoさんと結婚。

My Little Loverはakkoさんの出産のため、半年間の活動休止に入ります。

akkoさんと結婚し、2人の子供をもうけた小林武史さん。

少し時間をさかのぼりますが、プロデューサーと新人アーティストとして彼らが急接近したとき、小林さんには8年ほどつきあっていた恋人がいました。

女優の松下由樹さんです。

ご本人たちも熱愛報道を認めており、松下さんの所属事務所も交際を公認。

小林さんの母親も、「早く由樹さんと一緒になって、孫の顔をみせてほしい」と取材に答えていました。


小林さんは1993年に世田谷区に高級マンションを購入しており、引っ越しの際にはかいがいしく手伝う松下さんの姿も。

まもなく一緒に暮らしはじめ、商店街で買い物をする松下さんの姿が目撃されていたそうです。

ところが2人は1995年9月に破局。

お互いに別れを予感していたといいますから、松下さんはakkoさんの存在に気づいていたのでしょう。

別れをきりだした小林さんに応じて、自ら不動産屋を回り、荷物をまとめてマンションを出ていったとのことです。

一方の小林さんは2008年にakkoさんと離婚。

その後、akkoさんは娘たちを育て上げ、2014年に一般男性と再婚しました。

小林武史&akko夫妻の破局原因といわれているのが、一青窈さんとの不倫交際です。

一青窈との不倫発覚で離婚も再婚せず

一青窈さんとは「ap bankfes ’05」で出会って以降、彼女の楽曲やプロデュースを手がけるようになりました。

不倫交際が報じられたのは2007年1月のことです。

小林さんはすでにMy Little Loverを脱退しており、プロデューサーに退いた形で、akkoさんのソロプロジェクトをサポートしていました。

離婚を正式に発表したのは、不倫報道からちょうど1年後の2008年1月。

離婚後に一青窈さんとの同棲生活がスタートしたため、当時は略奪愛として世間を騒がせました。

ところが、その関係も8年で終止符が打たれます。

亀裂の原因は、2人の将来のヴィジョンの食い違いにあったよう。

結婚願望が強く、子供を望んでいた一青窈さんに対して、すでに子供がいるためか、再婚に積極的ではなかった小林さん。

さらに一青窈さんとの関係が続いている間にも、プロデュースしているSalyuさんとの関係が噂されたことがありました。

見方によっては、才能ある音楽家に多くの女性がひかれたということかもしれません。

ですが、ネット上で小林さんの艶福家ぶりに辛口コメントが続出したのはいうまでもありません。

小林武史の家族に歌手の越野アンナとHARUHI

前妻のakkoさんとの間には2人の娘がいます。

長女は1996年7月30日生まれで、歌手として活動中の越野アンナさん。

本名は非公開です。

同じく歌手の次女・HARUHI(ハルヒ)さんは1999年2月25日生まれで、こちらも本名は非公開。

小林家は生活拠点をアメリカに移していた時期があり、姉妹はともに英語が堪能です。

アンナさんは父が手がける男女2人組ユニット・anderlust(アンダーラスト)のボーカルとして2016年にデビュー。

父については、尊敬するプロデューサーであり。天才だと肌で感じたとコメントしています。

HARUHIさんもまた、父のプロデュースによって、映画『世界から猫が消えたなら』の主題歌『ひずみ』で2016年にデビュー。

売れっ子プロデューサーである父がバックアップしていることから、姉妹そろって七光りを噂されることもあります。

しかし、音楽一家で培ってきた彼女たちの実力は確かなもので、その歌唱力の高さも話題を呼んでいます。

小林武史の実家は山形県

小林武史さんは山形県新庄市に生まれ、地元の新庄北高校を卒業しました。

松下由樹さんと交際していた当時、山形の実家に彼女を連れていき、両親に紹介したことが報じられています。

クラシックピアノを習いはじめたのは5歳のときとのことですが、「男の子が5歳からピアノ」ということで、両親が音楽関係の仕事をしていたのではないかと思う人もいるようですね。

残念ながら実家の職業については情報が出ておらず、そのあたりは不明でした。

クラシックピアノだけでなく、兄さんの影響もあって多くの音楽に触れ、特に洋楽に夢中になったそうですから、幼少期から音楽が身近にある環境で育ったのは間違いないでしょう。

日本屈指の音楽プロデューサーでありながら、ここ最近は農業ビジネスに傾倒している小林武史さん。

もちろん農業もいいですが、やはりファンが期待するのは聴く者の心に響く音楽だと思います。

またすばらしい楽曲を届けてくれることを願ってやみません。


小林武史、娘は大学進学せず。娘たちは歌手のHARUHI&越野アンナ

小林武史、松下由樹との熱愛、Salyuとも交際の噂。若い頃から天才の理由

小林武史の現在。年収&資産と木更津での農業。ミスチルと仲直り説の真相

松下由樹の結婚&旦那は?元彼氏は小林武史。現在も独身の理由とは

藤井謙二の結婚。嫁と子供はいる?兄は藤井一彦、マイラバ脱退の理由とは

コメント